未分類

梅雨の寝苦しさを解決する方法!

梅雨の寝苦しさを解決する方法!

未分類

全国的に梅雨入りをし、雨の日も続いていますね。
雨が降り続く梅雨の夜は寝苦しいと感じる人も多いと思います。

人が快適と感じる湿度は、60%前後といわれていますが、梅雨の間は室内でも湿度80%ほどになることがあります。ジメっとした空気の中では、すっきりとした気分で過ごすことが難しくなり、睡眠の質が下がってしまいます。

今日はそんな梅雨の日でもぐっすり眠れるポイントをご紹介します!

室温・湿度の調節

人が快適に眠るためには、室温16〜26℃程度、湿度50〜60%の環境が理想的と言われています。

じめじめする今の時季〜夏にかけては、エアコンを除湿運転にして温度・湿度を調整ことをお勧めします!エアコンの風が直接体にかかると、急に冷えてしまうことがありますのでタオルケットなどで調節すると眠りやすくなります。

また、寝起きは、起きる前の30分から1時間前から室温を調整するのも目覚めの良い朝を迎えるポイントです。

シャワーではなく入浴を

普段はシャワーだけで終わらせるという人や暑い日にはお風呂には浸からないという人も、
梅雨の時期はぬるめのお風呂に10分ほど浸かることをおすすめします。

汗をかいた日にゆっくりとお風呂に浸かると気分もリラックスできます。
間は体の深部体温が下がるときに眠くなるといわれており、そのためには一度体温を上げておくことが大切です。お風呂に入ることは、スムーズに眠りにつくためにとても良い方法です。

寝具は清潔に

夜のうちに布団の中にこもった湿気は、日中寝室の空気を入れ替え、布団やマットレスを乾かすことでしっかり逃がしましょう。布団を干すことができれば一番良いですが、居住環境の都合など、それができない場合もあると思います。
寝具を干したり立てかけたりすることが難しい場合は、除湿機や布団乾燥機を使うと良いでしょう。
また、敷布団の下やベッドとの間に敷く「除湿シート」の使用もオススメです。

パジャマで睡眠を

部屋着のまま布団に入るという方も多いと思います。 
これらの素材はゆったりとくつろぐには良いのですが、吸水性や通気性があまり無いため睡眠時の服装にはあまり向いていません。その点、パジャマは寝ることを目的に作られた服で、体温調節もしやすい素材でできています。
寝るときはパジャマに着替えることも、快眠のポイントです。

まとめ

今回ご紹介した快眠方法はどれも難しくないものだと思います。少しの工夫で快眠に繋げることができるので、出来ることからまずはじめてみてくださいね♪

ページの先頭へ