つまり
いびきは体が出す警告なのです!

でも、ご安心ください。

救命救急時の気道確保の手法を応用し、鼻にソフトなチューブを挿入することで軌道を確保するという、全く新しい発想から生まれました。

「鼻に何かを挿入する」という点で不安になる方もいるのではないでしょうか。

でもご安心ください。

ナステントは6種類の長さがあり、自分の鼻にフィットするものを見つけることができます。その他にもチューブの柔らかさ(ソフト/ハード)、右鼻用、左鼻用も選ぶことが出来ます。

セミオーダー感覚で選べるから、違和感なく使えます。

装着方法はYouTubeの動画配信を御覧ください

いつも清潔で快適な使い捨てタイプ

ナステントはひとつひとつ丁寧にパック・滅菌をしているので清潔です。常に新しいものをご使用ください。(1回ごとの使い捨てです)

また、ナステントには潤滑剤としてハイドロジェル(80%以上が水分)を塗布しております。鼻の粘膜を傷付けることなくご使用いただけます。

ナステントの睡眠時無呼吸症候群に対する効果
(監修:筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構 教授 佐藤誠先生)

「からだにいいこと」「日経ビジネス」をはじめ、
『ニュースシブ5時(NHK)』『駆け込みドクター(TBS系列)』などの番組に紹介されました。

開発したのは医療機器のプロ

ナステントを開発販売しているのは、手術用カテーテルチューブなどの分野で高い技術を誇る、セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社です。

この会社がイビキの新たな治療法として7年かけて開発した製品が「ナステントクラシック」です。

サイズ違いのナステントが6本セットに!
ご自宅でゆっくり自分にあったサイズのナステントを見つけられます。
まずは一番短い120mmを鼻に挿入することをおすすめします。

自分の利き鼻を調べる

鼻の通りの良さには左右差があることが多く、空気の通りの良い方の鼻を「利き鼻」と呼んでいます。

お試し6本セットを購入する

このページから、先程調べた利き鼻用の「6本セット」を購入してください。

短いもの(120mm)から順番に試す

まずは1日目は、120mmのナステントを利き鼻に装着してみてください。装着方法については同封のマニュアルを参考にしてください。
多くの男性は120mmでは短すぎていびきや呼吸の改善が実感出来ないかもしれませんが、この時点では「ナステントを装着して眠る」という生活に慣れることに集中してください。

短いもの(120mm)から順番に試す

その後は、睡眠のたびに、一段階ずつ長いナステントをお試しください。唾液を飲み込む際に多少違和感を感じる場合もあると思いますが、そのまま横になって眠れるなら問題ありません。眠れなくなる程の違和感が強い場合は長すぎる可能性があります。装着したまま朝まで眠ることができ、朝スッキリと目覚めることができたら、その長さが最適なサイズです。