ベッドパッドは季節で替える?正しい選び方とケア方法を解説!

ベッドパッドは季節で替える?正しい選び方とケア方法を解説!

寝具選び

季節が変わると、私たちはそれに合わせて寝具の取り替えをします。

例えば、夏であれば涼しい麻のシーツにしたり、冬であれば、毛布のような素材のシーツにしたりしますが、ベッドマットも替えていますか?

今回は、マットレスを快適に使用するためのベッドパットに注目してお話をしてゆきます。

ベッドパッドは季節で替える?正しい選び方とケア方法を解説!

ベットパットは季節によって替えられる?

今年のように熱帯夜が続くと、少しでも暑さを軽減したくなり、涼しく眠れるタイプのベッドパットを使いたいと考えますよね。

しかし、残念ながら、夏用のベッドパットというものは販売されていないのです。

なぜなら、ベッドパッドは、その上にベッドシーツや敷きパットを掛けて使用するので、季節に合わせて使い分けをする必要がないからです。

ベッドパットの主な役割は、汗などの湿気を吸い取ることです。

夏場は汗の量が増えるので、普段よりこまめにベッドパットを干して使用するか、洗える素材であれば洗濯をして、清潔な状態で使えば問題ありません。

ベッドパッドは季節で替える?正しい選び方とケア方法を解説!

ウールタイプのベッドパットは夏でも使えるのか

ウールタイプのベッドパットは四季を問わず、通年をとおして快適に使用することができます。

ウールベッドパットとは、ベットパットの中わたに「ウール(羊毛)わた」が用いられているもの。

ウールと聞くと、冬物のセーターを思い出して、心配してしまう人が多いのですが、綿かポリエステルの側生地にしっかり包まれているので、熱がカラダに伝わって暑くなることはありません。

このウールわたには、高い吸湿性と発散性を併せ持つという特性があります。

夏場にタップリ汗を吸湿しても放湿してくれるので、むしろ他の素材よりも寝心地が良いといえるでしょう。

汗かきのかたには、うってつけの素材ですね。

AS快眠枕

ベッドパットの正しい使い方とその役割

ここで、改めてベッドパットの正しい使い方について説明しておきましょう。

順番としては、マットレスの上にベッドパットを敷き、その上にシーツを掛けて、シーツの上に敷きパットを配置、となります。

ベッドパッドは季節で替える?正しい選び方とケア方法を解説!

ベッドパットは、マットレスの寝心地を改善するはたらきがあります。

マットレスのスプリングが体に当たってよく眠れないという方や、マットレスの固さが気になって熟睡できないというかたは、厚みのあるベッドパットを使用するとかなり改善できるでしょう。

また、マットレスがへタってきて、買い替えを検討している人にもベッドパットはおススメです。

重いマットレスを取り換えるのは大変ですし、高額なので購入を決断できないかたもいると思いますが、ベッドパットなら安価ですし、マットレスの上に乗せるだけなので扱いもラクチンです。

マットレスの固さがカラダに合わなくて眠りが浅いとお悩みの方も、ベッドパットで調整することを考えてみてくださいね。

さらに、ベッドパットを敷くと、マットレスへの汚れを防止することができるというメリットもあります。

わたしたちは寝ている間に、およそ200ミリリットルもの汗をかいているのですが、こうした汗もベッドパットがあれば、しっかり吸収してくれるでしょう。

羊毛やラクダのわたを使用したものは、高い調湿効果が期待できるので、マットレスのカビを防いでくれますよ。

ベッドパッドは季節で替える?正しい選び方とケア方法を解説!

ベットパットを選ぶポイントは、素材

ベットパットを購入する際、必ずチェックしてほしいのは素材です。

側生地の素材だけでなく、中身の詰め物もチェックして、ベストなベッドパットを選びましょう。

それでは、まずは中身の詰め物の素材について説明してゆきましょう。

詰め物の素材の種類

べッドパットの詰め物素材の一般的なものは、綿(コットン)わた、ポリエステルわた、羊毛(ウール)わた、キャメル(ラクダ)わたの4つとなります。

それでは、おススメ順に説明してゆきますね。

(キャメル(ラクダ)わた)

4種類の素材の中で、最も高価なものとなりますが、お値段の分、品質も最高です。

キャメルわたには、羊毛の1.6倍ともいわれている高い吸湿性と放湿性があります。

さらに素晴らしい弾力性も併せ持っているので、非常にヘタりにくいのもおススメするポイントです。

ベッドパッドは季節で替える?正しい選び方とケア方法を解説!

この弾力性の高さは、ラクダの毛の特性によるもの。

柔らかい毛と固い毛が混ざっていることが、適度な弾力を生む要因となっています。

非常にコシがあるのでとても強い耐久性を持っていて、そのうえ高い保温性もあるという、まさにベッドパットにピッタリの素材なのです。

唯一のデメリットとして挙げられるのは、家庭での洗濯は難しいことでしょう。

汚れた場合は、ドライクリーニングに出してください。

(羊毛(ウール)わた)

キャメルの次におススメなのが、羊毛(ウール)わたです。

羊毛わたは、汗を吸い取る高い能力があります。

その上、その汗を放出する性質をあわせ持っているので、ムレを感じることなく、常にさわやかさな状態をキープすることができます。

弾力性にも優れているので、ふわっとした寝心地で寝床のグレードが高くなったように感じるでしょう。

冬になるとその保温性を発揮して、床冷えから身体を守ってくれます。

ただし、羊毛(ウール)わたにはヘタりやすいという欠点もあります。

羊毛には「クリンプ」と呼ばれる縮れがあり、湿った状態になると縮れ毛同士が絡んでしまい、フェルト状のダマとなり、ヘタってしまうのです。

また、自宅で水洗いをしてしまうと羊毛同士、絡んでしまうのでダマになりますし、乾く時に縮んでしまうことがあるので、ドライクリーニングをおススメします。

ベッドパッドは季節で替える?正しい選び方とケア方法を解説!

(綿(コットン)わた)

綿わたは、寝心地は悪くないのですが、汗を吸うわりに、乾きにくいという欠点があります。

そのため2~3日置きに、こまめに天日干しするのが望ましいです。

そのままにしておくと、湿気ってぺしゃんとしてしまいますし、ダニやカビも発生しやすくなるなど、お手入れがたいへんなので、忙しい方にはおススメできません。

(ポリエステルわた)

ポリエステルわたは吸湿性が非常に低い素材です。

眠っているとムレやすいので、汗っかきの方には向かない素材となります。

ただ、ポリエステルわたは乾きやすく、丈夫なので家庭で洗濯することができます。

軽いので、扱いやすいのもメリットといえます。

側生地の素材の種類

ベッドパッドに使用される側生地素材は、ほとんどが綿かポリエステルのいずれかです。

綿かポリエステルのどちらが側生地として優れているかといえば、高い吸湿性があり、汗をしっかり吸ってくれる綿のほうが良いでしょう。

一言で綿生地といっても、上質なものからそうでないものまで、品質に差があります。

ベッドパッドは季節で替える?正しい選び方とケア方法を解説!

その中でも脱脂綿は、吸水性がより高いので、寝汗をかきやすい方におススメです。

なめらかな肌ざわりが好みという人は、コーマ糸というクシがけのような加工が施された綿生地がいいでしょう。

この生地は、やや光沢もあるので見た目にもキレイです。

季節に合わせて替えられるのは敷パット

季節に合わせて取り替えが必要なのは、ベッドパットではなく、敷パットです。

敷きパットも、ベッドパットと同様に、汗の吸湿、マットレスやシーツを汚れから守ってくれるはたらきがありますが、大きな違いは敷く順番にあります。

ベッドマットがシーツの下に敷くものなのに対して、敷きパットはシーツの上に敷くことに。

直接お肌に接触するものなので、その肌ざわりや温度調節ができるかが重要視されます。

ベッドパッドは季節で替える?正しい選び方とケア方法を解説!

暑い夏になると、接触冷感効果のあるものやヒンヤリとした触感のある生地素材が販売されますし、
冬になると、毛布のような温かいタイプの需要が増えます。

間違える方が多いのですが、シーズンに用意する必要があるのは、敷きパットであることを覚えておきましょう。

ビラベック・羊毛掛け布団

ページの先頭へ