【睡眠用たわしのスゴイところ】丸洗いできるエア透過素材の注目機能

【睡眠用たわしのスゴイところ】丸洗いできるエア透過素材の注目機能

睡眠・不眠対策グッズ

今使っているたわし、重くなっていませんか?

買ったばかりの枕って、フカフカ&フワフワの状態で、とても寝心地がいいですよね。

しかし、使用年数が長くなると次第にへたってゆき、力を加えると元の形に戻らないなんてことも。

さらに注目したいのが、枕の重さです。

寝ている間にかく汗は、こまめに乾燥させないと枕の中にこもってしまい、カビが繁殖しやすい環境に変わってしまいます。

以前より枕が重くなったと感じることがあるのは、この湿度が原因の1つなのです。

【睡眠用たわしのスゴイところ】丸洗いできるエア透過素材の注目機能

もう1つ、枕の衛生状態で注意したいのが、ダニの存在です。

ダニもカビと同じく、湿度が高い環境を好み、温度が20~30度ぐらいになると繁殖活動が盛んになります。

「寒い冬だったら安心」

と思うかもしれませんが、最近はエアコンの影響で冬でも室温は20度以上に保たれていることが多いですし、気温が下がってもダニは温かい繊維の奥へ移動しますので、なかなか死滅しないのです。

こうしたカビ・ダニ対策に有効なのが、表面はたわし素材で、中面にポリエステル製の「エア透過素材」を採用した新・睡眠用たわしです。

【睡眠用たわしのスゴイところ】丸洗いできるエア透過素材の注目機能

見た目は大きなタワシそのものですが、シャワーを枕にそのままかけても、30分ぐらいの陰干しで乾燥してしまうという、バツグンの撥水性を誇ります。

しかも、たわしやエア透過素材は、繊維と繊維の間にできる空気の層が、通常の枕より広くなっていることから、寝ている間に汗をかいてもここに水分がすぐに放出されて、枕内部にはこもりにくいという特徴があるのです。

こうした斬新な機能が受けたこともあり、新・睡眠用たわしは「丸洗いできて、通気性もバツグン」の枕として認知され、発売から1年半以上たった今でも“入荷待ち”の状態が続く、人気の寝具となっています。

丸洗いできる枕のもう1つのメリット

枕を丸洗いしても、ダニが繁殖することはあります。

たとえば、枕は清潔でも、敷布団に湿気がこもっていたらそこにダニが繁殖して、枕に移ることが考えられますよね。

それに、ダニは外出中にからだに付着して、自宅に戻って来た時に寝具などに移りますから、湿気に注意するだけではケアが不十分と言えます。

重要なのは、湿気と同時にダニのエサとなる、頭からはがれ落ちるフケや角質、皮脂などもしっかり落とすこと。

【睡眠用たわしのスゴイところ】丸洗いできるエア透過素材の注目機能""

そして、枕の使用後は布団の上に置きっぱなしにせず、通気性のいい場所に移動させることなのです。

こうしたケアがしっかりできるのも、新・睡眠用たわしの特徴で、シャワーをかけることで老廃物はしっかり落とせますし、ぬるま湯を使えば皮脂もしっかり落ちます。

(暑いお湯をかけると、エア透過素材のポリエステルが変形するので注意してください)

そして、朝起きたら、新・睡眠用たわしをこのように壁掛けすることで、敷布団のダニが付着することや、湿気がこもりことを避けられます。

【睡眠用たわしのスゴイところ】丸洗いできるエア透過素材の注目機能

見た目以上に、快適な眠りをサポートする機能が高い新・睡眠用枕。

「丸洗い」を体験したら、今まで使っていた枕とは比べ物にならないほど寝心地がよくなって、朝の目覚めがとっても爽やかになることでしょう。

ページの先頭へ