睡眠用たわしはどうしてたわし製?口コミで話題の枕の刺激が向いている人は?

睡眠用たわしはどうしてたわし製?口コミで話題の枕の刺激が向いている人は?

睡眠・不眠対策グッズ

たわしの刺激は最高のマッサージ

人気の枕素材といえば、低反発ウレタンやプラスチックパイプなど、寝姿勢が固定されるタイプのものが多いですね。

しかし、みなさんは毎日、布団に入ったらすぐに眠りについて、朝まで目が覚めることなくグッスリ眠れていますか?

枕などの寝具は、実際に寝てみて「寝心地がいい」と感じるタイプのものを使うのが基本ですが、機能性をしっかりチェックしないと、使っているうちに眠りの妨げになることが多いのです。

睡眠用たわしはどうしてたわし製?口コミで話題の枕の刺激が向いている人は?

低反発タイプの枕でしたら、使っているうちに反発力が低下してしまい、いつの間にか頭が沈みすぎているなんてことも・・・。

また、高級な羽毛枕でも、こまめにケアをしなくてはへたってしまい、頭部の圧力をうまく分散させることができなくなるのです。

こうした機能性と、寝心地のよさを継続させる素材として注目されているのが、なんと食器洗いなどに使う“たわし素材”を使った「新・睡眠用たわし」。

睡眠用たわしはどうしてたわし製?口コミで話題の枕の刺激が向いている人は?

繊維の先端が固いため、頭部を点で支えることができますので、理想的な頭圧分散を維持し、朝までグッスリ眠れるのです。

また、たわし繊維は、頭皮マッサージのような心地よい刺激を与えるので、血のめぐりがよくなって寝つきもよくなりますし、健康的な髪をキープするのにも役立ちます。

低反発ウレタンのように、柔らかく頭部を包み込むのではなく、たわしに頭を乗せて寝るような寝姿勢になる新・睡眠用たわしですが、慣れると病みつきになると口コミでも大評判。

寝つきが悪かったのに、新・睡眠用たわしに替えたら寝落ちすることが多くなったという口コミも、数多く投稿されています。

バツグンの通気性もたわし素材だから実現

寝つきを悪くする原因の1つとして挙げられるのが、枕に頭を乗せた時に頭部の温度が高くなることです。

寝る時はカラダをしっかりクールダウンさせるために、頭部の温度も低下する必要があるのですが、通気性が悪いと熱がこもって眠りにくくなってしまいます。

その点、新・睡眠用たわしは、たわし素材の間に熱や湿気を放出する空間がたくさんできているため、一般的なウレタン枕より5度ぐらい温度が下がるのです。

睡眠用たわしはどうしてたわし製?口コミで話題の枕の刺激が向いている人は?

猛暑だった今年の夏は、例年より寝苦しい熱帯夜が増えましたが、新・睡眠用たわしを使った方は、朝までグッスリ眠れたという口コミが目立ちます。

さらに、寝ている間にも頭部に汗をかきますから、こうした熱や水分も素早く放出できることが、このような口コミの多さにつながっているのでしょう。

寝つきがよくなり、夜中も目が覚めない眠りが続くと、朝の目覚めがよくなって、その日1日のパフォーマンスがアップします。

・布団に入ってから、眠るまで1時間ぐらいかかる

・夜中に暑苦しくて、何度も目が覚める

・朝起きた時に、寝た気がしないと感じ、昼間に眠気が強くなる

こんなお悩みを抱えている方は、たわしで寝るという新しい習慣を、生活に取り入れてみてください。

たわしの刺激がクセになれば、気分もリラックスした状態で、心地よい眠りに誘われますよ。

睡眠用たわしはどうしてたわし製?口コミで話題の枕の刺激が向いている人は?

ページの先頭へ