【枕が臭い時の原因と対処法】家でもできる枕を傷めない正しい洗い方

【枕が臭い時の原因と対処法】家でもできる枕を傷めない正しい洗い方

寝具ケア

枕は雑菌の温床!その正体は?

買ったばかりの枕はフカフカの状態だったのに、気が付いたらへたっていて臭いもこもり、頭を乗せるだけでも不快感を覚えることって多いですよね?

敷布団や掛布団は天日干ししたり、布団乾燥機をかけたりと、定期的にケアしますが、枕はせいぜいカバーを交換する程度というケースがほとんどだと思います。

しかし、寝ている間にかく汗や、寝室の環境によって時間が経つにつれて枕の状態は、どんどん悪化してゆくのです。

まずは、清潔な状態で眠るためにも、枕の臭いの原因を確認していきましょう。

【枕が臭い時の原因と対処法】家でもできる枕を傷めない正しい洗い方

汗が原因で発生する雑菌

寝苦しい熱帯夜などは、頭にも寝汗をかきますよね。

その汗の水分は枕カバーを通過して枕本体にも浸み込んでいき、適切なケアをしないと湿気がどんどんこもります。

汗そのものは無臭ですから、枕の臭いの原因となることはありませんが、頭皮や肌などに存在する「常在菌」も枕に移るため、この菌が臭いを発するのです。

常在菌は汗だけでなく、皮脂やはがれ落ちた古い角質(フケ)などもエサにして増殖していき、次第にニオイが強くなっていきます。

皮脂そのものの酸化臭やストレス臭

頭皮から出る皮脂は、分泌された時点ではあまり臭うということはありませんが、枕カバーや枕本体に付着して時間が経過すると、酸化してなんとも言えない不快な悪臭を発生させます。

また、30代以降の方に多いのは、ストレス過多の状態が続くと、体内にアンモニアがたまっていくのですが、これが汗と混ざって分泌されると「疲労臭」が出ます。

さらに、ストレスが増加すると皮脂の分泌量が増えますから、酸化による悪臭も強くなっていき、疲労臭と混ざって強烈な悪臭を放つのです。

枕を毎日使っていると、自分のニオイになれてしまって、こうした悪臭に気づきにくくなりますから、枕カバーはこまめに変えると同時に、ストレス発散も習慣にしなくてはなりませんね。

【枕が臭い時の原因と対処法】家でもできる枕を傷めない正しい洗い方

酸化臭の1つである加齢臭

酸化によって発生する臭いの中には、年をとるにつれて分泌が増える加齢臭も含まれます。

「パルミトオレイン酸」が皮脂と結びついて、「ノネナール」という物質が作られるのですが、これがいわゆる「加齢臭」の原因物質で、枕からも臭ってくる悪臭の1つです。

また、汗に含まれている乳酸が、皮膚に付着しているブドウ球菌によって分解されると、「ジアセチル」が発生し、皮脂と結びつくことでという嫌な臭いも発生させます。

湿度と皮脂やフケによって増えるカビ

枕に限らず、布地に湿度がたまってそこに皮脂やフケなどが付着すると、カビが発生します。

枕の中は、カビが繁殖するのに最適な環境で、頭を乗せるとその温度によって湿度も上がりますし、エサとなる皮脂やフケもたまってゆきますので、いつの間にかカビだらけの状態になっていることが多いのです。

【枕が臭い時の原因と対処法】家でもできる枕を傷めない正しい洗い方

素材によって変わる枕の臭いを消す方法

枕の臭いを消す間に覚えておきたいのは、素材によってその方法が変わるということ。

洗濯機に入れて丸洗いできる枕もあれば、水洗いもNGというタイプの素材もありますので、枕を傷めないためにも基本をしっかり理解しておきましょう。

枕カバーは2日に1度のペースで洗う

肌や頭皮が直接触れる枕カバーは、汚れが目立たなくても、1日の使用でたくさんの雑菌が増殖します。

菌が枕に移らないようにするためにも、枕カバーはできるだけ2日に1度のペースで毎日交換するようにしてください。

カバーが足りない時は、吸湿性の高いタオルを敷いておくだけでもOKです。

枕の中材を取り出して乾燥させる

枕にたまる湿気は、週に1回のペースでカバーから取り出して、陰干しで乾燥させるようにしてください。

ただし、枕の素材によってその方法は変わります。

ウレタンやそばがら、パイプやラテックスでしたらこの方法で問題ありませんが、羽毛素材の場合は枕カバーから取り出せませんので、枕本体に空気が入るように枕をほぐした後、干して乾燥させましょう。

【枕が臭い時の原因と対処法】家でもできる枕を傷めない正しい洗い方

丸洗い可能な枕は月に2回ぐらい洗う

枕によっては丸洗い可能な素材もありますので、中にたまった汚れをしっかり落とすためにも、月に2回は本体もキレイに洗いましょう。

ただし、ポリエステルの綿、パイプ、ビーズなどの素材は洗えますが、そばがらは水分を吸い込んでしまいますので、洗うことはできません。

また、低反発ウレタンや羽根枕も、素材そのものを傷めてしまうため、陰干しだけにとどめておくのが基本となります。

洗える枕を洗濯機でキレイにする場合は、枕カバーを外した状態で、必ず洗濯ネットに入れてくださいね。

また、洗う前は布地がほつれていないか、事前に必ず確認することも重要です。

洗っているうちにほつれがひどくなって、中の素材が出てきてしまう可能性があります。

洗剤は枕に直接かけると、枕内部に染み込んでしまい、すすいでも残ってしまいますので枕のまわりから回しいれるようにしましょう。

洗濯コースは、枕にダメージが加わらないように弱水流を選び、洗濯が終わったら丁寧に形を整えて、陰干しや天日干しでしっかり水分を落としてくださいね。

【枕が臭い時の原因と対処法】家でもできる枕を傷めない正しい洗い方

洗えない枕はクリーニングに出すのがベスト

羽毛布団など、洗えない枕は陰干しの回数を多くするとともに、定期的にクリーニングに出すようにしましょう。

布団専門のクリーニング店でしたら、素材を傷めない専用洗剤を使って、型崩れにも配慮してくれますから、安心して任せられます。

枕の大きさにもよりますが、2,000円以下で清潔でフカフカの状態になるので、枕の臭いを消すためだけでなく、快適な寝具環境を守るためにも、こうしたクリーニングを利用してみてください。

枕の臭いをもとから断つには?

枕の臭いの原因は、ほとんどが頭皮から分泌される皮脂や老化物質であることが分かりました。

上記に紹介した方法で枕をこまめにケアすると同時に、体臭ケアも行なって、枕の臭いを抑えるように生活習慣の改善も進めましょう。

髪をしっかり乾かしてから寝る

若い方でも、入浴後に髪を乾かさずに寝ると、頭皮に雑菌が繁殖して枕が臭い状態になります。

ですから、お風呂から出たらなるべく早く吸湿性の高い枕で髪水分を吸い取り、ドライヤーの熱風で素早く髪を乾かすようにしてください。

【枕が臭い時の原因と対処法】家でもできる枕を傷めない正しい洗い方

ドライヤーをかけると髪を傷めるので、自然乾燥させている方が多いですが、これは間違った知識です。

髪が濡れていると、表面にあるキューティクルが開いたままになり、髪のダメージが大きくなってしまいます。

キューティクルを閉じるためにも、高温の風を髪に短時間あてて、しっかり乾かすようにするのがコツです。

適度な運動と脂肪分が少ない食事を心がける

枕が臭い状態を避けるには、健康的な汗をかく生活習慣も重要です。

毎日、適度な運動をし、肉だけでなく良質な油が摂れる魚を積極的に食べて、サラサラの汗がでるように体質改善しましょう。

入浴はシャワーで済まさず、少しぬるめのお湯で半身浴を行なうのもポイントです。

みぞおちのあたりまでお湯に浸かり、15分ぐらい温まっていると、カラダが芯からポカポカになって、玉のような汗が出てきます。

このような習慣を生活に取り入れれば、皮脂の過剰分泌が抑えられますし、枕が臭くなる成分の発生も少なくなりますよ。

【枕が臭い時の原因と対処法】家でもできる枕を傷めない正しい洗い方

加齢臭対策も食事が中心

加齢臭はスプレーなどで防ぐ方が多いですが、中には、臭いを抑える常在菌を殺菌してしまうタイプもあるので、野菜中心の食事に切り替えて、体の内側から臭いが出ない工夫をしましょう。

枕が臭いのは、カラダに残った加齢臭が移ることも大きな原因ですから、お風呂に入ったら頭はもちろんのこと、髪もしっかり洗って洗いのコシがないようにしてください。

ただし、髪の洗い過ぎには注意してください。

適度な皮脂は雑菌の繁殖防止に必要ですから、加齢臭を抑えるためだからといって、髪の二度洗いなどは逆効果になります。

【枕が臭い時の原因と対処法】家でもできる枕を傷めない正しい洗い方

枕パッドを使う

通常の枕カバーでは、汗などの湿気を完全に吸い取って、枕に移るのを防ぐことはできません。

そこでおススメなのが、枕パッドやプロテクターといったアイテムの使用。

枕パッドは、汗はもちろんのこと、枕が臭い状態になる主原因であるアンモニアやノネナールも吸収しますから、ニオイ対策に絶大なる効果を発揮します。

枕パッドは丸洗いOKなので、常に数枚常備しておいて、枕カバーのように2日に1度のペースで選択するといいですよ。

今回のまとめ

枕はていねいにケアすれば傷みが少なく、長持ちします。

そのためにも、素材に合わせた洗い方を確認して、こまめに洗うと同時に、臭いの発生源も減らしてゆく工夫が必要です。

今回紹介した枕のケア方法を参考にすると同時に、自分が使っている枕のメーカーにも問い合わせて、やさしいケア方法をマスターしてくださいね。

【枕が臭い時の原因と対処法】家でもできる枕を傷めない正しい洗い方

もし、ケアをしても枕が臭い、へたりが目立つといった場合は、枕の寿命が過ぎている可能性もあります。

そんな時は思い切って、新しい枕に買い替えることも検討してくださいね。

ページの先頭へ