枕は洗うのが常識!口コミで人気のたわし枕が支持される理由とは?

枕は洗うのが常識!口コミで人気のたわし枕が支持される理由とは?

おすすめ

目には見えない雑菌が枕を重くする

掛布団や敷布団の湿気には気を配っても、枕の状態までチェックしないという人は意外と多いですよね。

「枕カバーだけ交換しておけば、衛生状態は大丈夫」

というのは、間違った常識。快眠が妨げられるだけでなく、深刻な皮膚疾患を引き起こすことがありますから注意が必要です。

枕は洗うのが常識!口コミで人気のたわし枕が指示される理由とは?

寝ている間に人間がかく汗は、約200ミリリットルです。背中やお腹、ワキだけでなく、頭皮や首からも汗は出てきますから、枕もその水分を含んでゆきます。

日光に当てたり、陰干しをしたりすれば湿気は飛んでゆきますが、仕事が忙しいとそこまで気が回りませんよね?

しかし、これからお伝えする驚きの事実を知れば、みなさんはすぐに対策を考えることでしょう。

素材にもよりますが、枕は使っていると、だんだん重くなってゆきます。

その原因は湿気だけでなく、ダニやその糞、死骸、頭皮からはがれ落ちた古い皮膚です!

こうした汚れは、私たちの頭皮環境を知らぬ間に悪化させてゆきます。

一番多いのは、就寝中に枕から頭皮に菌などが移り、臭いを発生させるケースです。

毎日しっかりシャンプーしているのに、家族から頭が臭いと指摘されている方は、枕環境を今すぐに見直してください。

ニオイだけだったら、枕を清潔に保つだけで解決できますが、症状がひどくなると頭皮の健康状態が悪化して、抜け毛につながってしまいます。

洗える枕の「たわし枕」が頭皮を清潔に保ち、快眠をもたらす!

湿気がこもってダニが繁殖している枕は、皮膚炎を引き起こすことがあります。

男性に多いのは、汚い枕、免疫力の低下、乱れた生活リズムなどが重なって発症する「脂漏性皮膚炎」です。

枕は洗うのが常識!口コミで人気のたわし枕が指示される理由とは?

頭皮は他の部位より皮脂量が多いので、雑菌やカビなどが繁殖して地肌に炎症が発生しやすくなります。

しっかりシャンプーしているのにフケが止まらず、髪の生え際や耳の裏側が赤い方は、この病気にかかっている可能性があります。

すぐに皮膚科を受診するとともに、枕を見直しましょう!

おススメなのは、通気性が非常に高い「たわし枕」です。

文字通り、たわしに使われている素材を使っていて、水洗いができるのが非常に便利。

中身に「中空透過エア」という、快眠につながる弾力性をもった素材を使い、シュロの木から作ったたわしが頭や首と接する部分を覆っています。

これによって、頭に熱がこもらなくなって最適な温度と湿度が保たれますし、頭にかかる圧力が分散されますので、心地よい眠りが朝まで続くのです。

今まで、いろいろな枕を買って試してみたけど、今ひとつ熟睡感が得られないとお悩みの方も、このたわし枕で快眠習慣が身に付くかもしれませんね。

一般的な洗える枕(ポリエステル素材)を洗濯して室内で干しておくと、30分後に重量が元の4倍ぐらいになりますが、たわし枕だと重さは数グラム増える程度。それだけ、水はけもいいので、カビが発生する可能性も少ないです。

ちなみに枕のカビは、深刻な皮膚炎を引き起こす原因になります。

皮膚炎とは無縁の人でも、免疫力が落ちると雑菌の悪影響を受けやすくなりますし、治療が大変なアトピー性皮膚炎を、大人になってから発症することもあります。

1日に7~8時間ぐらい使う枕ですから、寝心地はもちろんのこと、健康によい商品選びを心がけてくださいね!

ページの先頭へ