たわし枕はなぜ頭皮をいじめることにこだわったのか?睡眠用たわしの刺激の秘密

たわし枕はなぜ頭皮をいじめることにこだわったのか?睡眠用たわしの刺激の秘密

睡眠・不眠対策グッズ

たわしの刺激で頭皮をいじめると、どうなる?

安眠枕といえば、ウレタンやラテックス、そばがらや羽毛素材が人気ですよね。

しかし、昨年(2017年)、枕の常識を覆す新感覚の枕が登場して、人気ランキングも大きく変わりました。

なんと、発売から1年以上経った今も、入荷待ちの状態が続いています。

その枕とは、たわし枕こと「新・睡眠用たわし」という、表面にあの硬いたわし素材を採用した寝具です。

たわし枕はなぜ頭皮をいじめることにこだわったのか?睡眠用たわしの刺激の秘密

一見、大きな座布団と思えるようなデザインで、とてもデリケートな頭を乗せる枕とは思えないのですが、たわし枕を使うようになってから

「寝つきがよくなった」

「朝までグッスリ眠れるようになった」

という人が増え、口コミでさらに人気が高まっているのです。

新・睡眠用たわしの公式ホームページを見ると、

「枕である必要がない」

「頭皮は少しだけいじめたほうがいい」

などと、寝具の常識を覆すようなメッセージがたくさん載っています。

たわし枕はなぜ頭皮をいじめることにこだわったのか?睡眠用たわしの刺激の秘密

これらの言葉が意味するのは、頭皮に継続的な刺激を与えることが、寝つきのよさにつながり、マッサージを受けているような快楽を生むことが、快眠につながるということ。

その刺激を実現するのに最適なのが、たわし素材だったというワケなんです。

この新・睡眠用たわし、見た目が異様なだけでなく、手で触るとチクチクしていて、少し痛いと感じるぐらいの感触が特徴。

実際に、たわし枕の上に頭を乗せても、刺激が強すぎて違和感をおぼえる人が多いのですが、不思議なことに時間が経過すると、チクチク感は快感に変化。

次第に頭皮がほぐれて心地よさが増してゆき、気が付いたら夢の中、という理想的な眠りにつけるのです。

バツグンの通気性がさらに深い眠りに誘う

新・睡眠用たわしに使われているたわし素材は、1本1本が非常に硬く、体重の10%もの重さがある頭部を先端部分でシッカリサポート。

これが理想的な頭圧分散につながり、至極の寝心地をつくりだしてくれます。

寝ている間に汗をかいても、水分はたわし素材の間にできた空気の層に放出され、枕自体にはこもりにくい設計になっていますから、暑い夏でも暑苦しさで目を覚ますことが少なく、朝まで深い眠りを得て、快適な朝を向かえられるのです。

また、たわしの奥には、これまたバツグンの撥水性を誇る「エア透過素材」を採用。

たわし枕はなぜ頭皮をいじめることにこだわったのか?睡眠用たわしの刺激の秘密

クッション性のあるポリウレタンが寝心地のよさをサポートするとともに、湿気がこもりやすい一般的な枕の欠点を、「丸洗いできる」ことでカバーしています。

新・睡眠用たわしにシャワーをかけると、枕の下部から大量の水が流れ落ちてゆき、陰干ししておけばすぐに乾燥するのです。

こうした機能のおかげで、ダニやカビの繁殖原因となる湿度の高い環境はなくなり、フケや古い角質などがカンタンに洗い流せて、いつも清潔な状態で眠りにつけるように設計されています。

たわし枕の刺激に慣れるまで、少し時間がかかる方もいるようですが、後頭部と枕の間にタオルを引くことでチクチク感は軽減可能です。

慣れてきたら、頭皮にたわし素材が接する面積を広くしていき、最終的には頭部をそのまま新・睡眠用たわしの上に乗せれば、快適な眠りにつけますよ。

たわし枕はなぜ頭皮をいじめることにこだわったのか?睡眠用たわしの刺激の秘密

たわし枕の刺激は欲しいけど、うつぶせ寝だから顔が痛くなりそうという方は、メッシュ素材になっている裏面で寝ればOK!

うつぶせ寝で眠りながらも、たまに仰向けになって頭皮をたわし素材でいじめれば、この姿勢の方がグッスリ眠れると気づくかもしれませんね。

新・睡眠用たわしの通気性は、寝つきのよさにつながる「頭部温度の低下」をサポートし、通常の枕より5度ぐらい低い状態になります。

この機能も、寝落ちするような快眠につながりますので、寝つきのよさを何とかしたい、夜中に目が覚めず、朝までグッスリ寝たいと願っている方は、新・睡眠用たわしを試してみるべきです。

たわしでいじめられる感触がクセになって、毎晩寝るのが楽しみになることでしょう。

ページの先頭へ