【睡眠用たわし購入者が気付いたデメリット4つ】解決策を解説します!

【睡眠用たわし購入者が気付いたデメリット4つ】解決策を解説します!

睡眠・不眠対策グッズ

向上の快感が得られるたわし素材が大人気

発売以来、いまだに入荷待ちの状態が続いているたわし枕こと、「新・睡眠用たわし」。

テレビやSNS、動画サイトでも話題になっていて、多くの人がたわし素材の虜になっているのです。

硬いたわし素材は、頭部の圧力を理想的なバランスで分散するので、頭に快眠の妨げとなる負荷がかからず、繊維と繊維の間に広い空気の層ができることから、バツグンの通気性を実現しています。

さらに、手で触ってもチクチク強い衝撃を感じるたわしの上に頭を乗せると、最初は違和感を覚えるものの、次第に「痛気持ちイイ」感触に変わってゆき、気が付いたら寝落ちしてしまう人も続出。

見た目とは裏腹に、極上のリラックスと心地よい眠りが得られる枕として、認知度がどんどん広がっているようです。

【睡眠用たわし購入者が気付いたデメリット4つ】解決策を解説します!

利用者が気付いた「新・睡眠用たわし」のデメリットとは?

たわしの刺激は、まるで頭皮マッサージを受けているような快楽に変わるのですが、人によっては予想以上に刺激が強いと感じることもあるようです。

また、実際に使ってみて分かったデメリットも気になるでしょうから、利用者の声を集めて快活策をまとめてみました!

【睡眠用たわし購入者が気付いたデメリット4つ】解決策を解説します!

デメリット①“痛気持ちイイ”にたどり着かないほど刺激が強い

頭皮への刺激の強さは、髪の毛の量によって変わってきますし、もともと痛みに弱い方は、慣れるまで時間がかかるケースもあります。

実際に新・睡眠用たわしに頭を乗せてみて、

「チクチクしすぎて眠れない」

と感じたら、枕と頭の間に通気性のよいタオルを数枚敷いてみましょう。

そして、1週間経ったらタオルを1枚減らし、また1週間たったら、もう1枚減らす。

こんな調整法で頭皮を刺激に慣らしていったら、知らず知らずのうちにたわしの刺激が病みつきになっていた、なんて方もいるようです。

薄いガーゼを1枚、枕に敷いてそのうえで寝るだけでも、かなり刺激は軽減されますから、ぜひ、試してみてください。

デメリット②たわしの表面にゴミが絡みつく

新・睡眠用たわしは、丸洗いできる枕としても人気ですが、表面のたわし素材に髪の毛や糸くずなどが付きやすいのがネックなのです。

こうしたお悩みは、「コロコロ」こと、粘着テープに汚れをくっつけて掃除するグッズを使えば、一発で解決します。

繊維を傷めないように、枕の表面をコロコロすれば、細かい汚れはカンタンに取れます。

【睡眠用たわし購入者が気付いたデメリット4つ】解決策を解説します!

デメリット③高さが合わない

新・睡眠用たわしの高さは、頭を乗せると5センチぐらいになりますが、少し低いと感じる方もいるようです。

そんな時は、枕の下にタオルを敷いて調整すればOK。

また、新・睡眠用たわし専用カバーを購入すれば、たわしの刺激を調整できるうえに、高さ調整パッドも付属しているので、好みの高さで寝られますよ。

デメリット④うつぶせ寝だから使えない

発売当初の睡眠用たわしは、両面にたわし素材を配置していたため、うつぶせ寝では使えませんでした。

しかし、新・睡眠用たわしは、裏面が通気性のよいメッシュ素材に改良したので、うつぶせ寝でも問題なく使えるようになったのです。

【睡眠用たわし購入者が気付いたデメリット4つ】解決策を解説します!

ほかにも、たわしの刺激がクセになってしまい、他の枕では眠れなくなったという声も多く聞かれました。

もっと要望が高まれば、今度は「睡眠用たわしカバー」なる寝具が開発されるかも!?

ページの先頭へ