《医師監修》今使っている枕が快眠の妨げに?ストレス解消が進む高機能枕3選

《医師監修》今使っている枕が快眠の妨げに?ストレス解消が進む高機能枕3選

睡眠・不眠対策グッズ

意外と知られていない枕の役割

寝具がカラダに合っていないと、さまざまな不快症状が発生します。

とくに、枕は自分の骨格に合っていなかったり、機能性や衛生度が低下したりすると、寝ている間に発生する新たなストレスとなり、次第に眠りの悩みが深刻に・・・。

睡眠は、1日の活動でたまった肉体疲労を回復させ、ストレスを解消して対応力を高めるための大切な生命活動です。

睡眠不足が続いて、眠りも浅い状態が続けば、カラダの免疫力がどんどん低下してゆき、健康面はもちろんのこと、美容にもさまざまな悪影響が発生します。

そこで今回は、みなさんの快眠につながるように、お悩み別に3つの枕を紹介するとともに、ストレス解消につながるケア方法などをお伝えしてゆきます。

今使っている枕が快眠の妨げに?ストレス解消が進む高機能枕3選

AS快眠枕

そもそも枕はどうして必要なのか?

わたしたちの骨格は、まっすぐの状態ではなく、緩やかなS字状になっています。

枕をしないで布団に横になると、首と敷布団との間にすき間ができますよね?

このすき間がある状態で寝ると、肩や首などに余計な圧力がかかってしまうため、寝ている時も起きている時と同じ状態を保つ枕が必要になってくるのです。

また、人間の頭部は体重の約10%もあります。

体重60キロの方でしたら、6キロもの重さになってしまいますから、この圧力もしっかり分散してカラダに負担をかけないためにも、枕に頭を乗せて眠るのです。

今使っている枕が快眠の妨げに?ストレス解消が進む高機能枕3選

ちなみに、テレビの健康番組などで、枕をしないで寝ると肩こりにならないとか、熟睡できなどと紹介されていますが、これは人によりけり。

今使っている枕が快眠の妨げに?ストレス解消が進む高機能枕3選

RAKUNA

寝た気がしないと感じるのはいびきが原因?

朝までグッスリ眠る習慣を身に付けるには、頸椎の形にフィットしていて、機能性にすぐれた枕を使うことが、疲労回復とストレス解消の近道です。

また、寝ている間は、眠りを浅くして疲労やストレスを翌日まで持ち越すことにつながる、悪癖が発生します。

その1つが、いびきです。

いびきは、鼻から取り込んだ空気が喉付近を通過する時、気道が振動することによって発生する音ですが、いびきをかいている間は自律神経の1つである交感神経が優位の状態になり、深い眠りが得られなくなります。

今使っている枕が快眠の妨げに?ストレス解消が進む高機能枕3選

わたしたちの眠りは、主に脳の疲労を回復させる深い睡眠(ノンレム睡眠)と、カラダのダメージを回復させる浅い睡眠(レム睡眠)を交互に繰り返すのですが、いびきをかく時間が長いとノンレム睡眠が短くなるのです。

その結果、朝起きた時も脳が疲れた状態なので、グッスリ寝たという爽快感が得られず、日中も頭がボーっとして回転が悪くなり、強い眠気が襲ってきます。

昼前に眠くなるのは、脳のSOSだと思ってください。

「眠りが浅いため、脳にどんどん疲労が蓄積しており、睡眠による休息が必要」

という警告です。

こうした症状を解消するには、睡眠時間を毎日少しずつ増やすのが理想ですが、忙しくてそんな余裕がないという方は、昼間2時までに昼寝をしてみてください。

15分位ぐらい机に座ったまま寝ると、短時間でも疲労回復が進んで、目が覚めた時に心身がかなりスッキリすることを実感できますよ。

気道を確保する枕で深い眠りを得る

家族と一緒に寝ている方でしたら、自分がいびきをかいているかどうか分かると思いますが、一人暮らしの方は自覚しにくいですよね。

そこでまず、スマートフォンで利用できる「いびきアプリ」を使って、睡眠中のいびきを録音してみましょう。

いびきをかいている時間が長ければ長いほど、眠りは浅くなっていて、健康リスクが高まっています。

いびきは、肥満傾向にあるとか、毎晩のように飲酒する人、口呼吸をするクセがある人に多い症状です。

また、頭を乗せた時に首が沈み込んでしまうような枕だと、舌の根っこが下がって気道を狭めます。

こうした状態がいびきにつながってしまいますので、気道をしっかり確保してくれる「スージーAS快眠枕」を使ってみましょう。

今使っている枕が快眠の妨げに?ストレス解消が進む高機能枕3選

この枕には、独自開発の「3次元立体形状」が採用されており、いびきをかきやすい仰向け姿勢はもちろんのこと、横向き、うつぶせの状態になっても、空気の通り道を妨げないつくりになっています。

もともと、通気性も高い枕として人気だったのですが、新型のスージーAS快眠枕には、さらに蒸れにくい素材が使われているため、汗っかきの人でも夜中に暑苦しくて目が覚めることが少ないと評判です。

いびきは、自分はもちろんのこと、一緒に寝ている家族の睡眠も浅くしてしまいますから、家族の健康のためにも、生活習慣を改めながら、まくらで解消することをおススメします。

また、いびきが悪化すると、睡眠中に呼吸が一時的に停止する「睡眠時無呼吸症候群」を発祥して、心筋梗塞や脳梗塞といった重篤な病気を引き起こすリスクが高まります。

年齢を重ねるにつれて、こうした健康リスクは睡眠でも高まることをしっかり認識して、まずはスージーAS快眠枕で睡眠が良化するように試してみてください。

AS快眠枕

寝つきが悪い方は頭部の温度をチェック

睡眠の悩みは人それぞれですが、ストレス過多の状態になると、寝る前に嫌なことを思い出してしまい、それが寝つきの悪さにつながることが多いですよね。

そんな時は、頭部の温度をチェックしてみましょう。

頭を乗せてしばらくすると、後頭部が蒸れてきて、温度が上がっていませんか?

今使っている枕が快眠の妨げに?ストレス解消が進む高機能枕3選

寝つきをよくする条件は、いくつかありますが、枕に乗せた頭部の温度を下げることもその1つ。

睡眠中は、1日の活動で疲れ切った脳を休めるために、温度を下げる必要があります。

しかし、機能性が低下した枕のせいで頭部が暑くなっていたのでは、ストレスが増大して眠るまで1時間以上かかることもあるのです。

布団に入ってから眠りにつくまで、毎日1時間ぐらいかかる方は、すぐに眠れる人と比べて1時間も睡眠時間を損して、睡眠不足に陥ってしまう可能性があります。

今使っている枕が快眠の妨げに?ストレス解消が進む高機能枕3選

さらに、眠りが浅くなってしまうと、カラダの免疫力がどんどん低下してゆくうえに、ストレス解消も進みませんから、寝つきのよさをサポートする「新・睡眠用たわし」を使ってみましょう。

この枕、なんと表面にはチクチクするたわし素材が使われていて、手で触っただけでも強い刺激を感じます。

新・睡眠用たわしに頭を乗せても、このチクチクが気になるのですが、不思議なことに、時間が経つにつれて頭皮がマッサージされているような心地よさに変わり、気が付いたら寝落ちしているなんてことも。

また、通気性が非常に高いたわしの内部は、エア透過素材という、丸洗いしてもすぐに水がはけてゆくメッシュを使っているため、一般的な枕より頭を乗せた時の温度が5度ぐらい低くなるのです。

さらに、枕を丸洗いできるということは、中にたまりやすいダニやカビ、フケなどもカンタンに取り除けるというメリットも!

これらのハウスダストは、アレルギーを引き起こし、寝ている間のストレスにもつながりますから、アレルギー体質の方にも新・睡眠用たわしを試してみて欲しいですね。

今使っている枕が快眠の妨げに?ストレス解消が進む高機能枕3選

暑い夏は、アイスノンのような保冷剤を枕の上に乗せて頭を冷やしている方がおおいですが、冷却範囲が首より下まで広がると血行不良を招き、コリや痛みにつながります。

それに、保冷剤が温まってしまったあとは通気性が悪い状態になりますので、汗をかいた時の水分の逃げ場がなく、深い眠りを妨げてしまう恐れもあるのです。

こうした保冷剤の特徴を考えると、頭を冷やして快眠を得るなら、新・睡眠用たわしが最適だということが分かりますね!

起床時に肩こりや頭痛を感じる枕とは?

最近、朝起きた時に肩こりや頭痛、首の痛みを感じる人が急増しています。

こうした症状の原因の1つとして挙げられるのが、ストレートネックという症状です。

先ほどもお話ししましたが、わたしたちの骨格はS字カーブを描いていて、首の骨もまっすぐではなく、30~40度ぐらい曲がっています。

しかし、パソコンやスマートフォンなどを長時間使っていると、前かがみの姿勢が続き、このカーブが失われてゆきます。

その結果、頭痛や肩こりなどのツラい症状が慢性化するのです。

ストレートネックのチェック方法はカンタンですので、今すぐやってみましょう。

かかととお尻、肩甲骨を壁にくっつけた状態で、後頭部が壁から離れてしまうようだと、ストレートネックになっている可能性が高いです。

ストレートネックが悪化すると、首の神経にダメージが加わり、手足がしびれてきたり、日常生活に支障が出るほどのめまいが続いたりすることもあるので、軽視は禁物ですよ。

今使っている枕が快眠の妨げに?ストレス解消が進む高機能枕3選

整体師が開発した枕を使うメリット

ストレートネックに悩む人が増大するにつれて、人気を集めているのが整体です。

整体サロンでは、緊張状態にある首周辺の筋肉を和らげて、正常なカーブが戻るような施術をおこなっていますが、これを寝具で実現したのが「RAKUNA整体枕」。

頭を乗せた時、首や肩に負担がかからないような立体形状を取り入れ、寝ながら整体の施術を受けているような心地よさが得られます。

RAKUNA整体枕の開発には、予約が取れないことで有名なサロンの整体師が加わっているので、機能性の高さはお墨付きです。

これまでの枕では、朝起きた時に肩コリが発生していた方でも、RAKUNA整体枕を使っているうちに、心地よい朝を迎えられるようになったと大評判!

しかも、ムレやすいウレタン素材ではなく、「メルティフィットAir」という、頭の圧力を理想的に分散しながら、整体師が指で施術しているような心地よさを感じる繊維を採用しています。

繊維同士が頭の重さを支えあうと同時に、汗による水分をすぐに放湿する機能も兼ね備えているため、今まで感じたことがない深い眠りに誘われ、驚くほど快適な朝を迎えられるのです。

今使っている枕が快眠の妨げに?ストレス解消が進む高機能枕3選

RAKUNA

今回のまとめ

今回紹介した3つの枕は、いずれも通気性と頭圧分散力に優れていて、寝つきのよさはもちろんのこと、朝までグッスリ眠れる理想的な夜をサポートしてくれます。

後は、睡眠の妨げとなるいびきやストレートネックなど、カラダのお悩みを解消する機能を重視して、最適な枕を選んでみてください。

寝心地のよさだけでなく、カラダのつくりをベースに考えて作られている枕を使うと、最初は違和感を覚えることもありますが、次第にカラダのほうからフィットする寝具を求めるようになります。

今使っている枕が快眠の妨げに?ストレス解消が進む高機能枕3選

AS快眠枕の気道確保機能、新・睡眠用たわしのチクチク感、そして、RAKUNA整体枕の施術、いずれも他の寝具では味わえない寝心地です。

どの枕も魅力的で、一度使えば、“頭が枕を手放さなくなる”ぐらい使い心地がいいので、疲労回復とストレス解消を進め、とことん「気持ちいい睡眠」を追求したい方は、思い切って2種類の枕を手に入れてみてはいかがでしょうか?

「今日は、整体マッサージを受けながら寝よう」

「明日はたわしのチクチクで、頭皮をやさしくいじめながら寝落ちしよう」

などなど。

快眠を徹底的にサポートする枕を選べる楽しみがあれば、眠るのが楽しみになって、それがストレス解消にもつながるかも!?

女性の場合は、質の高い睡眠がアンチエイジングにも役立ちますから、美容器具を選ぶ感覚で枕選びをしてみてはいかがでしょうか?

高価な美容液よりも、美肌サポート力がずっと高いと実感できますよ。

今使っている枕が快眠の妨げに?ストレス解消が進む高機能枕3選

この記事を監修したドクター

ドクターイメージ

石川 慧璃 医師

赤羽南口メンタルクリニック院長/精神保健指定医

経歴

2006年筑波大学医学専門学群卒業。米国臨床TMS学会会員。薬物療法やアルコール依存症専門治療病棟での精神療法プログラム、脳に直接アプローチして治療するTMS治療(経頭蓋磁気刺激療法)など、様々な臨床経験がある。また、直営精神科情報サイト『医者が教えない精神科のこと(http://tokyo-mentalclinic.com/))』で、医師がわかりやすく解説した精神科医療情報を配信している。

経歴

2006年筑波大学医学専門学群卒業。米国臨床TMS学会会員。薬物療法やアルコール依存症専門治療病棟での精神療法プログラム、脳に直接アプローチして治療するTMS治療(経頭蓋磁気刺激療法)など、様々な臨床経験がある。また、直営精神科情報サイト『医者が教えない精神科のこと(http://tokyo-mentalclinic.com/))』で、医師がわかりやすく解説した精神科医療情報を配信している。

ページの先頭へ