熱帯夜が続く夏はとくに注意!浅い眠りが続くと早死にする可能性が?

熱帯夜が続く夏はとくに注意!浅い眠りが続くと早死にする可能性が?

睡眠・不眠対策グッズ

平日の睡眠不足は、休日の寝だめでは解消しない?

みなさんは毎朝、目が覚めた時に清々しさを感じているでしょうか?

暑さや湿度の影響で、他の季節より疲労とストレスがたまりやすい夏でも、疲れを取るための睡眠が毎日しっかりとれていれば、夏バテにもならずに充実した日々が過ごせます。

しかし、熱帯夜の影響で寝つきが悪くなっているうえに、夜中に何度も目が覚めると、浅い眠りが多くなって疲れがどんどん蓄積してゆき、けだるい朝を迎えることに。

この状態で仕事や家事に取り掛かっても、脳の活動は停滞していますので、効率が低下してミスが続出。

さらに、カラダの免疫が低下して、さまざまな病気にかかるリスクが高まり、時には死につながる疾患を招くことも。

睡眠不足や、浅い眠りが続くことと、病気リスクの因果関係は、各医療機関でも研究が進んでいて、ガンや脳卒中、心疾患の発症率が飛躍的に高まることが分かっています。

こうした、質の低い睡眠でたまる健康リスクを、「睡眠負債」と呼ばれています。

熱帯夜が続く夏はとくに注意!浅い眠りが続くと早死にする可能性が?

睡眠は“寝だめ”によって解消できるものではありませんから、睡眠不足にならないようにすることはもちろん、睡眠環境を整えて浅い眠りを解消することが重要です。

平日は忙しくで、いつも睡眠不足に陥っている人は、休日に寝だめするという傾向にありますが、これでは睡眠のリズムを乱してしまい、睡眠負債を増やすことに。

熱帯夜で寝苦しい夜が続き、寝る時間が不規則な日々を送っていても、起床時間は常に同じにすることが睡眠負債をためず、健康的を維持する第一歩です。

そのためにも、寝室や寝具などの環境を見直して浅い眠りを減らし、深い睡眠で疲労とストレスの回復を進めてゆきましょう!

深い眠りに誘う“たわし”と”冷凍睡眠“の秘密

寝苦しい夜は、エアコンをつけっぱなしにして眠る方が多いと思います。

この方法は、暑さで夜中に目が覚めることを防ぐことにつながりますので、冷房の風が直接体に当たらないようにして、扇風機で部屋全体に空気が循環するようにすれば、浅い眠りを増やさないことにつながるのでおススメです。

しかし、寝具はエアコンだけでは冷えません。

人間は寝ている間にコップ1杯分の汗をかきますが、夏は発汗量が増えて寝苦しさが倍増。

深い眠りが妨げられて、浅い眠りが増えてしまうのです。

こうした質の低い眠りを防ぎ、朝までグッスリ眠れる快眠に誘ってくれるのが、なんと硬いたわしを使って作られた「新・睡眠用たわし」。

枕とは思えない外観と、手で触った時に感じる“チクチク感”から、とても快眠が得られるとは思えないのですが、頭を乗せてみるとあら不思議!

最初は強く感じる頭皮への刺激が快感に変わり、寝つきが悪い人でも次第に意識が薄れてゆき、知らず知らずのうちに深い深い眠りの世界へ・・・。

熱帯夜が続く夏はとくに注意!浅い眠りが続くと早死にする可能性が?

これは、たわしの刺激が頭皮をマッサージしていることと、頭部の重さを理想的なバランスで支えることで実現する「超理想的な快眠」なのです。

しかも、たわし繊維の間には、ウレタン製の枕にはない空間が存在するため、寝ている間に汗をかいて温度が上がっても、すばやく水分を放出できるので、湿気も熱もこもりにくくなっています。

この新・睡眠用たわしを、さらに快適な寝具にグレードアップしてくれるのが、枕にスプレーして使う「タワシコールド」という冷却剤。

皮脂のニオイを抑える成分を配合しているので、スカルプケアしながら、熱帯夜などものともしないひんやりとした極上の睡眠環境を作り出してくれるのです。

※8月29日現在、タワシコールドは2018年度最終生産分が完売してしまったそうです。

熱帯夜が続く夏はとくに注意!浅い眠りが続くと早死にする可能性が?

今年の夏は、全国各地で例年を上回る、うだるような暑さがまだまだ続きますから、新・睡眠用たわしとタワシコールドという最強コンビで、熱帯夜を乗り切りましょう!

今までの浅い睡眠が、理想的な質の高い睡眠に変わって、睡眠負債の返済もどんどん進みますよ!

ページの先頭へ