夏に急増する睡眠不足の対処法!解消して快眠を得るポイントは寝具環境?

夏に急増する睡眠不足の対処法!解消して快眠を得るポイントは寝具環境?

睡眠・不眠対策グッズ

深い眠りが減ると脳の活動が低下する

みなさんは、レム睡眠とノンレム睡眠という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

わたしたちの眠りには2種類あって、1つは筋肉の疲労回復が進むノンレム睡眠で、脳は覚醒状態にあり、起床時よりも活発に動いているとされています。

もう1つのノンレム睡眠は、脳が活動を停止して、呼吸や脈拍などが安定した状態にあるのです。

この2つの睡眠が眠りについてから朝まで交互に繰り返されて、1日の活動でたまった疲れとストレスを解消し、翌日からの活動的な生活の原動力となります。

また、深い睡眠は4段階の深度があり、深く眠れば寝るほど心身の疲労回復が進むのですが、この睡眠があらわれるのが眠りについてから3時間の間で、その後のノンレム睡眠は浅くなる傾向に。

ですから、体力も気力も暑さと湿気によって奪われやすい夏は、他の季節より寝つきをよくして、深い睡眠でしっかりリフレッシュする必要があるのです。

夏に急増する睡眠不足の対処法!解消して快眠を得るポイントは寝具環境?

ところが、熱帯夜が多くなる夏は、寝室の温度や湿度が高くなり、布団に入ってもなかなか寝付けなくなって、眠りにつくまで時間がかかるようになりますよね。

エアコンをつけている間は快適に感じますが、タイマーが切れると途端に寝苦しくなり、夜中に汗を大量にかいて何度も目が覚めることに。

こうした睡眠を繰り返していると、次第に深い睡眠が得られずに浅い睡眠が多くなるだけでなく、睡眠不足で朝起きた時から疲れを感じるようになるのです。

睡眠不足が続くと、疲労とストレスの蓄積が進んで、夏バテの原因となりますから、今一度、快眠につながるポイントを確認して、朝スッキリ起きられる質の高い睡眠を目指しましょう!

快眠のポイントは、温度と湿度です。

寝つきのよさは入浴で実現

まず、寝つきをよくして睡眠不足を防ぐために実践したいのが、寝る2時間前の入浴です。

人間のカラダは、寝ている間に脳や臓器の疲労回復を進めるために温度を下げるのですが、これがうまくいかないとなかなか寝付けないという症状があらわれます。

逆に、急激に体温が低下すると、ビックリするぐらい寝つきがよくなることも。

こうした理想的な快眠を実現して、睡眠不足とは無縁の生活に導いてくれるのが、布団に入る2時間前に、38度前後のぬるま湯に15分浸かるという入浴。

カラダが芯から温まってリラックスが進む一方で、入浴後から2時間の間に体温が一気に低下するので、寝つきやすい身体条件が整うのです。

夏に急増する睡眠不足の対処法!解消して快眠を得るポイントは寝具環境?

こうした入浴習慣と一緒に実践していただきたいのが、頭部の温度を冷やすこと。

熱のこもりやすい後頭部の通気性を確保して、下半身より温度が低くなれば、寝つきのよさと深い眠りがさらに進み、睡眠不足とは無縁の快眠が実現します。

このような理想的な快眠をサポートしてくれるのが、昨年から話題の“たわし”を使った枕「新・睡眠用たわし」です。

繊維の間に熱や湿気を逃す空間がしっかり確保されていて、たわしの心地よい頭皮への刺激を受けることで、睡眠不足で悩んでいた方も、ストンと落ちるように眠れると大評判!

一般的なウレタン製の枕と比べると、頭を乗せた時の温度が5度ぐらい低くなるうえに、寝ている間にかいた汗もすばやく空気中に放出してくれることから、朝までグッスリ眠れる快眠に誘ってくれるのです。

夏に急増する睡眠不足の対処法!解消して快眠を得るポイントは寝具環境?

新・睡眠用たわしは、テレビのバラエティーや健康番組でも引っ張りだこで、ネットの口コミ評価も高いことから、常に品薄の状態が続いています。

注文してから手元に届くまで、磁気によっては1カ月以上かかることもありますが、それだけ待ってでも手に入れる価値のある枕です。

睡眠不足に悩んでいる方はもちろんのこと、少しでも質の高い睡眠を得て、行動力が低下する夏でも元気に生活したい方は、今すぐ注文すべき逸品ですよ!

ページの先頭へ