夏の睡眠は質が低下!寝つきをよくする”新・睡眠用たわし”とは?

夏の睡眠は質が低下!寝つきをよくする”新・睡眠用たわし”とは?

睡眠・不眠対策グッズ

睡眠時間より重要な深い眠りの役割とは?

睡眠は、寝る時間が不足しないように、毎日7時間前後寝るだけでいい、というワケではありません。

わたしたちの眠りは、浅い眠りと深い眠りを繰り返しているのですが、このリズムを乱さず、なるべく深度の深い眠りを得ることで疲労やストレスが回復し、毎日イキイキとした生活ができるのです。

このように、心身の健康につながる深い睡眠をしっかりとれているのが、「睡眠の質が高い」という状態です。

しかし、普段でさえ睡眠のリズムは乱れがちだというのに、夏は昼間の暑さによるストレスの増大や、夜の寝苦しさなどで浅い眠りが多くなり、睡眠の質が低下しがちに。

こうなると、いくら眠っても寝足りないと感じるようになり、頭がはたらかなくなって日常生活に支障が出てきます。

昼間に耐えがたい眠気が発生する方や、判断力や思考力が著しく低下していると感じている方は、要注意です!

脳に疲労が蓄積しているうえに、重病につながる健康リスクが高まっていると認識してください。

夏の睡眠は質が低下!寝つきをよくする”新・睡眠用たわし”とは?

こうした睡眠の質が低下した状態を解消するには、寝具の環境を整えることが不可欠です。

布団をかけた状態で、その中の温度が33度以上、湿度が50%以上になっていたら、深い眠りの妨げとなっていて、睡眠の質を低下させている可能性が高いと言えるでしょう。

また、枕の状態も見逃せないポイント。

布団は日干ししたり、布団乾燥機をかけたりしてケアできますが、枕はカバーを換えるぐらいしかしないのが一般的ですよね。

しかし、汗をかく量が多い夏は、その湿気が中にこもってカビやダニを増殖させますし、頭を乗せた時に温度が高くなって、寝つきを悪くさせるのです。

洗える枕に“たわし素材”が使われている理由

ここ数年、質の高い睡眠をとろうという意識が高まっていることもあって、機能性が高い枕に人気が集まっていますが、その中でもマスコミから大きな注目を集めているのが、たわし素材を使った「新・睡眠用たわし」という枕。

夏の睡眠は質が低下!寝つきをよくする”新・睡眠用たわし”とは?

その名の通り、たわしで作られた枕で、表面は手で触ってもチクチクして、かなり違和感を覚えます。

ところが、この新・睡眠用たわしに頭を乗せると、最初のうちは頭皮への刺激が気になるものの、次第にマッサージされているような心地よい気分になるのです。

今までは寝つきが悪くて、深い眠りも得られず、睡眠の質低下に悩んでいた方も、新・睡眠用たわしで寝るようになってからは、枕に頭を乗せた途端に、”落ちる“ような深い睡眠に誘われるようになったと大評判!

これは、頭皮のマッサージによるものと、通気性バツグンのたわし素材の影響で、頭を乗せた部分が通常の枕より5度ぐらい低くなることで、寝つきのよさにつながっていると考えられます。

夏の睡眠は質が低下!寝つきをよくする”新・睡眠用たわし”とは?

睡眠中の眠りは、眠ってから3時間の間に一番深くなることが分かっています。

このタイミングで、グッスリ眠るためにも、今の睡眠で満足できていない方は、ぜひ、この新・睡眠用たわしで、極上の眠りを体感してみてください。

睡眠の質が向上することも実感して、暑い夏でも活動的に生活できることでしょう。

ページの先頭へ