夏は歯ぎしりの原因が増大!睡眠中にとるべき最適な快眠対策とは?

夏は歯ぎしりの原因が増大!睡眠中にとるべき最適な快眠対策とは?

睡眠・不眠対策グッズ

歯ぎしりの主原因はストレス?

みなさんは朝起きた時に、あごの周辺に違和感が発生していませんか?

また、最近になって歯がぐらついてきたとか、冷たい物がしみるようになったということはありませんか?

こうした症状が継続する場合は、寝ているあいだに歯ぎしりをしているかもしれません。

歯ぎしりと聞くと、たいした症状ではなく、誰にでもあるクセと軽視する方が多いのですが、実はさまざまな病気の原因となっているのです。

一番多いのは歯や歯茎のダメージで、歯をこする、噛みしめるといった歯ぎしりの動作の繰り返しによって歯が薄くなったり、歯茎が弱って歯が抜けたりします。

また、歯周病が悪化して、血管に混入した菌が心臓や脳に運ばれてゆき、命に関わる心疾患や脳疾患などを引き起こすことも。

さらに、近年の研究では、歯周病菌が認知症の原因になることも分かっています。

 

夏は歯ぎしりの原因が増大!睡眠中にとるべき最適な快眠対策とは?

このように歯ぎしりは、“たかが”という程度では済まされない、今すぐ改善すべき悪癖なのです。

とはいっても、寝ている間に発生する歯ぎしりは、原因が分かりにくいというのがネックですね。

歯ぎしりのメカニズムは、医学が進歩した現代でもはっきりと解明されておらず、ストレスが主原因であると考えられています。

ですから、歯ぎしりを治す基本は、“ストレス解消”からと言えるでしょう。

忙しい日々を送っていても、毎日、自分の趣味を楽しむ時間を確保したり、適度な運動を行なったりすることは必須です。

歯ぎしりマウスピース

不快な環境も歯ぎしりの原因に?

ストレスというのは、焦りや落ち込み、悲しみといった感情が原因で発生すると思われがちですが、実はこの季節、意外なことが歯ぎしりの発生を増加させるのです。

それは、高温、多湿といった生活しにくい環境。

不快な環境にいれば、誰もがイライラしますよね?

こうした環境によるダメージもストレスとなり、歯ぎしりを発生させて健康リスクを高めるのです。

とくに寝苦しい夜が続く夏は、寝ているあいだに室温や湿度が上がって、無意識のうちにストレスが増大してしまい、歯ぎしりの原因となっていることも。

こうしたカラダへのダメージも考えて、寝苦しい夜はエアコンをつけっぱなしにしておくとか、扇風機も併用して冷気を部屋に循環させるなどして、歯ぎしりの原因を作らない環境づくりを心がけてください。

夏は歯ぎしりの原因が増大!睡眠中にとるべき最適な快眠対策とは?

最後に、歯ぎしりのダメージを軽減する最適なグッズ「歯ぎしりマウスピース」を紹介しておきましょう。

マウスピースを装着して寝れば、寝ている間に歯ぎしりをしても、そのダメージが吸収・分散されるため、口腔部へのダメージを緩和することができます。

しかし、ドラッグストアなどで売っているタイプのマウスピースだと、型が自分の歯茎などに合わず、違和感を覚えることが多いのです。

その点、歯ぎしりマウスピースでしたら、一度熱を加えて柔らかくしてから自分の歯型をとり、それを固めてから装着するという手順で使うので、フィット感が圧倒的にアップ!

アメリカの凄腕ドクターが監修しているこのマウスピースは、一般的なソフトタイプのマウスピースに比べて、衝撃防御率は30%、力吸収率は90%増と、申し分のない機能性も持ち合わせています。

 

夏は歯ぎしりの原因が増大!睡眠中にとるべき最適な快眠対策とは?

自分の歯型に合ったマウスピースは、歯科や口腔外科に行っても作ってもらえますが、時間や費用が掛かってしまいます。

それであれば、通販で手に入る高性能マウスピースを試しながら、ストレスと歯ぎしりの原因を減らして、健康的な生活を送ってみませんか?

歯ぎしりマウスピース

ページの先頭へ