寝る前の飲酒の注意点!アルコールが快適な睡眠を妨げる3つの理由

寝る前の飲酒の注意点!アルコールが快適な睡眠を妨げる3つの理由

睡眠の豆知識

アルコールが分解される時に発生する毒の影響

「お酒を飲むとぐっすり眠れる」

みなさんは、こんな誤解をしていませんか?

お酒に弱い人が飲みの場で熟睡している光景を見たことがあると思いますが、これは快眠とはまったく無関係。

寝る前の飲酒の注意点!アルコールが快眠を妨げる3つの理由

ビールやワインに含まれているアルコールには、脳のはたらきを弛緩させる効果があります。リラックス状態で飲酒をストップすればいいのですが、アルコールの分解能力が低い体質の人は、血液に溶け出したアルコールの濃度が高くなるため、脳はマヒ状態になって眠気がひどくなるのです。

これを毎日の習慣にしてしまうと、快眠が得られないどころか、重度の不眠症に陥ってしまうリスクがありますので、この機会にお酒と睡眠に関する知識を、しっかりと知識を身に付けておきましょう!

アルコールが体に入ると、血流がよくなって体温が上がります。寝る時、人間の体は体温を下げて熟睡を得ようとしますから、体温が高い状態が続くと寝つきが悪くなりますし、中途覚醒や早朝覚醒が起こります。

また、アルコールが分解される時は、アセトアルデヒドという毒が発生し、レム睡眠(深い眠り)を妨げます。

これが、寝る前の酒が快眠によくない、1つ目の理由です。

快眠アロマスプレー【極】

トイレに行きたくなるから目が覚める

2つ目の理由として挙げられるのは、アルコールが持つ利尿効果。

お酒を飲むとトイレが近くなるのは、「抗利尿ホルモン」のはたらきが抑えられて、必要以上の水分を体外に排出するといった作用があるからです。

これによって、寝ている最中に何度もトイレに行きたくなり、その結果、眠りが浅くなるというワケです。また、体の水分が不足状態になりますから、のどの渇きを感じる回数も増え、これもまた快眠を妨げる原因となるのです。

しかし、寝る前の飲酒が睡眠の質を下げることは分かっていても、会社勤めの人だったら付き合いで遅くまで飲むこともあるでしょうし、ストレス発散のために自宅で飲みたくなることもあるでしょう。

そんな時は、少しでもアルコールの分解が進むように、いつもより多めの水を飲むことを心がけてください。

枕元にペットボトルの水を置いておけば、わざわざ台所まで行って水を飲む必要がありませんから!

知らぬ間にアルコール依存になっている?

最後に挙げるポイントは、アルコールに対する依存の問題です。

寝酒を飲むことが習慣になってしまうと、いつの間にか量が増えてしまうことがあります。最初は1杯のお酒でリラックスできていたのが、2杯、3杯と増えてゆく。アルコール依存の治療を受けている患者さんの中には、こうした習慣が病気になるきっかけだったという人が多いのです。

大好きなお酒を常にガマンして快眠を優先するというのは、かえってストレスがたまって眠りの質が低下する可能性があります

であれば、「飲むなら適量」と「休肝日を作る」ことを守って、楽しいお酒を飲むことを心がけましょう!

寝る前の飲酒の注意点!アルコールが快眠を妨げる3つの理由
寝る前の飲酒の注意点!アルコールが快眠を妨げる3つの理由

ちなみに、「酒を飲むなら、眠る3時間前まで」と言われていますが、これは飲む量や体内でのアルコール分解力によって変わってきますし、血中のアルコール濃度が上がると、下がった後も睡眠に影響を及ぼすという研究結果も報告されていますので、さほど気にする必要はないでしょう。

ただし、寝る前は体温が上がりますので、極力、控えて下さいね。

今回、ご説明した3つのポイントを押さえておけば、お酒と楽しく付き合いながら、快眠生活も続けられると思いますよ!

快眠アロマスプレー【極】

ページの先頭へ