寝苦しい夜の対策に!アイスノンで頭を冷やすよりおすすめの方法は?

寝苦しい夜の対策に!アイスノンで頭を冷やすよりおすすめの方法は?

睡眠・不眠対策グッズ

アイスノンを首にあてるのは間違い?

夏本番を迎えるこれからの時期に、急激に増える睡眠障害。

今年は猛暑を通り越して、“酷暑”になることが予想されている地域もあるので、今のうちに暑さ対策を講じておきたいものです。

なかでも注力したいのが、「快適な睡眠の確保」。

睡眠は、1日の活動でたまった心身の疲労を回復させるための活動ですから、寝苦しい夜のせいで眠りが浅くなると、翌日まで疲れが残ってしまいます。

さらに、寝苦しいと感じること自体がストレス増大の原因となり、カラダは抵抗力を失ってゆき、次第に夏バテモードに・・・。

寝苦しい夜の対策に!アイスノンで頭を冷やすよりおすすめの方法は?

環境省のまとめでは、夜の気温が25度を超えると、寝苦しさを感じて睡眠障害を引き起こす人が増え、30度に達すると8割の人が不眠になることが分かっています。

こうしたデータを踏まえて寝る時点で少しでも暑苦しさを感じたら、エアコンで寝室を適温に保つとか、アイスノンなどで頭部を冷やしながら寝るなどして、寝やすい環境づくりを実践してみましょう。

ただし、アイスノンを使う時は、いくつか注意点があります。

まずは、カラダを冷やす場所。

冷却材が首のあたりにまであたると、脳はカラダが冷えたと勘違いしてしまうため、体温が下がりにくくなってしまいますし、肩付近まで冷やしてしまうと、筋肉が冷えてコリの原因になるのです。

ですから、アイスノンは後頭部だけにあたるように使うのがポイントです。

朝まで理想的な温度を保つたわしの威力とは?

もう1つ、アイスノンを使ううえで注意したいのが、通気性の確保です。

アイスノンなどに使われている冷却材は、時間が経つと温度が上昇してゆき、熱がこもってしまうことがあります。

この状態で寝ていたら、頭部の温度が高くなって夜中に寝苦しいと感じて起きてしまい、疲労回復につながる深い眠りが得られなくなるのです。

さらに、アイスノンにそのまま頭を乗せていると、汗で発生した熱や水分がこもってしまい、こちらも快適な睡眠の妨げに。

寝苦しい夜の対策に!アイスノンで頭を冷やすよりおすすめの方法は?

そこで、みなさんにおススメしたいのが、昨年からテレビやSNSなどで注目を集めている、たわし素材を使った枕「新・睡眠用たわし」。

表面は硬いたわし素材で覆われていて、頭を乗せるとチクチクするぐらいの刺激を感じるのですが、これが次第に快感に変わって、寝苦しい夜とは無縁の快眠に誘ってくれると大評判!

しかも、アイスノンのような冷却材などを使わなくても、頭を乗せるだけで通常の枕より5度ぐらい温度が低くなるので、朝までグッスリ眠れるのです。

また、たわし繊維の間には、ウレタン素材などにはない空間が確保されていますから、汗をかいて熱や水分が発生しても、通気性のよさがこれらをしっかり空気中に逃します。

さらに注目したいのは、独自開発の「エア透過素材」を枕内部に採用していることで、他に類を見ない撥水性を持っていること。

枕を丸洗いしても、そのまま陰干ししておけばあっという間に水分が抜けてゆくので、ダニやカビが発生しやすい夏の枕を、いつも清潔に保てるのです。

寝苦しい夜の対策に!アイスノンで頭を冷やすよりおすすめの方法は?

新・睡眠用たわしで眠る習慣を身につければ、寝苦しい夏は快適に眠れるのはもちろんのこと、1年を通して深い眠りがサポートされます。

みなさんの快眠習慣に、ぜひ、取り入れてみて下さい。

ページの先頭へ