《医師監修》【梅雨に激増する天気痛の頭痛】緩和のポイントは気圧と自律神経対策!

《医師監修》【梅雨に激増する天気痛の頭痛】緩和のポイントは気圧と自律神経対策!

天気痛・気象病

雨が降るとどうして頭痛が起きる?

「低気圧が近づいてくると、必ず頭痛が発生する」

「雨が降ると気分も落ち込んでしまい、布団から出られなくなることもある」

みなさんは、このような症状に悩まされていませんか?

わたしたちの耳の奥には、「内耳」という器官があって、カラダのバランスを司る前庭(ぜんてい)と、耳に入ってきた音を電気信号に変えて脳に伝える蝸牛(かぎゅう)からなっています。

雨が降る前などに気圧が低下すると、この内耳がその変化を感じ取り、カラダがバランスを崩していると間違って判断して、その情報が脳に送られてしまうのです。

そして、脳は混乱してストレスを感じ、その影響で自律神経の1つである「交感神経」が優位になり、さまざまな体調不良を引き起こします。

頭痛はその最たる症状で、交感神経が痛みを感じさせる神経を刺激することから発生するのです。

【梅雨に激増する天気痛の頭痛】緩和のポイントは気圧と自律神経対策!

天気痛対策と言えば、頭痛薬や乗り物酔いを緩和する薬を飲む方法がメジャーですが、薬はあくまでも対処療法ですし、副作用などのリスクもあるので、長引く症状には不向きです。

薬に頼るよりも、気圧対策と自律神経の乱れを整える方法をマスターして、天気痛に強いカラダ作りを徹底してゆきましょう。

とくに、自律神経のケアを徹底すれば、万病のもととなるストレス緩和にもつながりますし、深い睡眠が得られることで日々の行動力が増すので、生活の質があがりますよ。

まずは、気圧対策についてお話を進めてゆきますね。

天気痛耳せん

気圧対策の基本は耳をふさぐこと?

わたしたちの周囲にある空気には、水などと同じように重さがあって、地上に近い場所ほど圧力が加わります。

これが、気圧ですね。

圧力が高い高気圧は、空気の入った風船のように、空気を吹きだしている状態になっています。

これに対して低気圧は、周りから空気を吸い込んでいる状態で、集まってきた空気は上方向に流れてゆくのです。

これによって、空気は膨張して水蒸気へと変わり、水蒸気同士がくっつくことで雲になって雨が降ります。

近年増えているゲリラ豪雨は、高層ビルなどがつくり出すビル風や、排気ガスなどが集中することで上昇気流となり、上空の寒気とぶつかることで積乱雲ができることで発生するんですよ。

【梅雨に激増する天気痛の頭痛】緩和のポイントは気圧と自律神経対策!

ゲリラ豪雨は正確に予想できませんが、低気圧の接近は天気予報を見ることで確認できます。

また、自分がいる場所の現在の気圧をチェックしたり、これからの変化を調べたりするのは、「頭痛―る」というスマートフォンアプリやパソコンサイトを利用すれば、カンタンにできます。

基本機能の利用料は無料ですから、天気痛対策の第一歩として、まずは、頭痛―るの登録をしてみてください。

頭痛―るを見て、これから気圧が下がると分ったら、内耳にその変化が伝わるのを防ぐことが重要です。

一番カンタンなのは、耳せんで耳の穴をふさぐこと。

これだけで、内耳に気圧の変化を防ぐことがある程度できますから、天気痛の予防に役立ちます。

もし、手元にスポンジタイプや、傘タイプの耳せんがあったら、気圧が下がる前から装着してみてください。

耳にやさしい高機能な耳せんの特徴

天気痛対策に耳せんが有効だということが分かったら、今度は、耳にやさしいタイプの商品選びです!

スポンジタイプの耳せんは、使っているうちに劣化して、使用中にちぎれてしまう可能性があります。

【梅雨に激増する天気痛の頭痛】緩和のポイントは気圧と自律神経対策!

また、傘タイプの耳せんは、密閉力が高いのはいいんですが、それがデリケートな耳の負担となってしまうことも。

そもそも、一般的な耳せんというのは、気圧変化を内耳に伝えないことを目的に作られていませんから、機能としては不十分なんですね。

そこで、天気痛の気圧対策グッズとしてみなさんに試して頂きたいのは、「天気痛耳せん」です。

この耳せんは、天気痛研究の第一人者である佐藤純医師が監修していて、本体内部に気圧を調整するフィルターが取り付けられているのが最大の特長。

低気圧によって気圧が下がっても、このフィルターが内部の気圧を押し出し、外部の気圧と順応するように調整してくれるのです。

2015年に、アメリカのプリンストンン研究所で行なった調査によると、この耳栓を使うことで、天気痛の症状として一番多い片頭痛の改善が、81%の人に見られたそうです。

使い心地への配慮も徹底していて、耳せん本体にはやわらかいシリコンを使用。

耳に長時間挿入していても、違和感はほとんど発生しません。

また、防音力が優れているのも見逃せないポイントです。

この後に説明する、自律神経の乱れは、外部から加わる音の刺激も原因の1つになるのですが、この耳せんをすることで雑音もシャットアウトできちゃいます。

夜になると、聞こえる音が小さくなると感じている方は、1日中音を聞いていることで耳の聞こえ方が悪くなっている可能性がありますので、自律神経のケアアイテムとしても、この天気痛耳せんを、ぜひ、使ってみてください。

天気痛耳せん

交感神経と副交感神経のはたらきとは

気圧の仕組みと、低気圧対策のコツが分かったところで、今度は自律神経対策に話を移しましょう。

【梅雨に激増する天気痛の頭痛】緩和のポイントは気圧と自律神経対策!

わたしたちのカラダは、昼間に優位になり、活発な活動をサポートする交感神経と、心身のリラックスを促す副交感神経という、2つの自律神経が生命活動をコントロールしています。

1日中、交感神経が活発になっていると、カラダもココロ(脳)も疲弊してしまいますから、夕方過ぎから副交感神経が優位になり、交感神経にブレーキをかけて休息モードに移るのですね。

血管のコントロールを例にとりますと、交感神経が優位のときは収縮するので血圧は上がりますが、副交感神経が優位になると、逆に、弛緩して血圧は下がります。

こうした自律神経のはたらきが正常であれば、わたしたちは外部からストレスを受けても、うまくカラダを対応させながら、ダメージを回避することができます。

しかし、夜型社会が進んで、生活も便利になったことで、自律神経が乱れやすい状況が増えてしまったのです。

例えば、光の刺激。

夜になったら、照度が低い環境で暮らすべきなのですが、いつの間にか、昼間と同じ明るい空間で生活するのが当たり前になってしまいましたよね。

その結果、交感神経が夜になっても優位なままで、眠気が発生しない状態に。

こうなると、寝つきが悪くなるばかりか、睡眠の深度も浅くなってしまうため、昼間にたまったストレスを解消できず、神経も休まらないことでストレス反応が強く出てしまいます。

低気圧が接近することで天気痛の症状が出る人は、このように自律神経のはたらきが乱れている人が多いのです。

先ほどお話しした、音の刺激も同じで、昼だけでなく夜も大きな音を聞いていたり、イライラする音(近所の生活音、一緒に寝ている家族のいびきなど)にさらされていたりしたら、やはり自律神経が乱れてしまうのです。

エアコンが自律神経に与える悪影響

自律神経の乱れは、生活の利便性にも起因しています。

代表格として挙げられるのが、梅雨が明けた頃から使用頻度が高まるエアコン。

暑い夏の日でも、ワンタッチで快適な温度にしてくれるのはありがたいことですが、エアコンが効いている部屋と外を行き来していると、カラダの体温調整機能が低下します。

【梅雨に激増する天気痛の頭痛】緩和のポイントは気圧と自律神経対策!

カラダに熱がこもったら、汗をかいてその気化熱によって体温を下げる。

逆に、気温が低い環境に身を置いたら、血管を収縮させて熱の放出を避ける。

こうしたはたらきも自律神経によるものですが、人間は5度以上の温度変化に迅速な対応ができないため、自律神経が失調してゆくのです。

これがよく耳にする、冷房病の症状です。

(※冷房病は、正式な病名ではありません)

このような快適さの弊害も考えて、環境に合わせてうまく心身を対応させてゆく意識を持つことも、天気痛対策の重要ポイントと言えますね。

エアコンを使う時は、温度設定に気を配るとか、お風呂上りや汗をかいた直後に、直接冷風に当たらないといった習慣を身に付けるといいですよ。

また、オフィスなど、自分で温度調整ができない場にいる時は、洋服やレッグウォーマーなどの使用で、体温をうまく調整しましょう。

カラダを温めるホットコーヒーを飲むのも有効ですが、カフェインはカラダを冷やすので、なるべくノンカフェイン飲料を飲むことをおススメします。

ちなみに、夏に人気の麦茶には「アルキルピラジン」という、血のめぐりをよくする成分が含まれていますので、冷え症の改善にもひと役買います。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

初夏に多い自律神経を乱す生活習慣

自律神経が乱れる原因は、日常生活の中にたくさん潜んでいます。

ここでは、初夏に多い間違った生活習慣について解説してゆきますので、みなさんの生活を見直すきっかけにしてくださいね。

体温を上げるための朝食を抜く

気温が高くなるにつれて低下するのが、食欲ですね。

とくに、朝食は普段から食べないという人が多いと思いますが、これでは体温を上げるためのエネルギー源が得られませんから、夜まで低い体温が続いてしまうことに。

【梅雨に激増する天気痛の頭痛】緩和のポイントは気圧と自律神経対策!

こうなると、自律神経が乱れやすくなるだけでなく、寝つきのよさに必要なカラダの深部体温の低下も起こりにくくなり、睡眠が浅くなってストレス解消もかないません。

どんなに忙しい朝でも、そして食欲がない時でも、果物や乳製品などを食べるようにしましょう。

天気痛の症状として、めまいが頻繁に発生する方は、鉄分を多く含む食品と、その吸収をサポートするビタミンCが豊富な食品を積極的に摂ることをおススメします。

冷たい飲み物をなるべく避ける

暑くて汗をかく機会が増えると、どうしても冷たい飲み物が飲みたくなりますが、温度が低い飲み物をカラダに入れると臓器が一気に冷えて、こえまた自律神経が乱れる原因に。

「エアコンなどでカラダが冷えやすい夏こそ、ホットドリンクを飲む」

という習慣を身につけると、天気痛の影響も受けにくいカラダになりますよ。

さきほどおススメした麦茶も、なるべくホットで飲むようにしてくださいね。

【梅雨に激増する天気痛の頭痛】緩和のポイントは気圧と自律神経対策!

シャワーではなく、なるべくぬるま湯で温まる

お風呂もホットドリンクと同じで、冷えの影響で自律神経が乱れやすい季節は、しっかりお湯に浸かってカラダを芯から温めてください。

38度ぐらいのお湯に15分も入れば、カラダはポカポカになりますよ。

ただし、寝る前に体温が上昇することは、快眠の妨げになりますから、入浴は布団に入る2時間前というのが基本!

このタイミングでお湯に浸かれば、お風呂から出た後に体温が急に下がるため、寝つきがかなりよくなるのです。

カラダが冷えない寝具で調整を

エアコンをつけるほど暑くない夜は、薄手の布団をお腹だけにかけて寝ることが多いので、明け方にカラダを冷やしてしまいがちです。

この時期は、熱がこもりにくい素材を使った掛布団やタオルケットを必ず足までかけて、明け方の冷え防止に努めてください。

ちなみに、布団の中の環境は、夏でも冬でも温度が33度前後、湿度は50%前後が理想とされています。

【梅雨に激増する天気痛の頭痛】緩和のポイントは気圧と自律神経対策!

今回のまとめ

天気痛と気圧の変化、そして自律神経との深い関係がお分かりいただけたでしょうか?

現在、天気痛と思われる不快な症状に悩まされている方は、耐えがたい痛みは薬で対処しつつ、カラダのはたらきを根本的に正す方法も用いて、うまく対処してゆきましょう。

そして、自然が生み出す気象条件にあらがわず、“カラダを適合させながら生活してゆく”こともお忘れなく!

快適な環境に頼りきるのではなく、暑い時は思いっきり汗をかいてしっかり水分補給する、寒い時は衣服で調整するといったクセをつければ、ストレスにも強い体質になって、心身共に健康的な生活が送れることでしょう。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

この記事を監修したドクター

ドクターイメージ

佐藤 純 医師

医学博士 愛知医科大学医学部客員教授

経歴

医師・医学博士。名古屋大学教授を経て、愛知医科大学・学際的痛みセンターで、日本唯一の「天気痛外来」を開設。
天気痛研究・診療の第一人者としてNHK「ためしてガッテン」、日本テレビ「世界一受けたい授業」など「気象病」「天気痛」の専門医としてメディア出演多数。
著書に、『天気痛を治せば、頭痛、めまい、ストレスがなくなる!』(扶桑社)などがある。

経歴

医師・医学博士。名古屋大学教授を経て、愛知医科大学・学際的痛みセンターで、日本唯一の「天気痛外来」を開設。
天気痛研究・診療の第一人者としてNHK「ためしてガッテン」、日本テレビ「世界一受けたい授業」など「気象病」「天気痛」の専門医としてメディア出演多数。
著書に、『天気痛を治せば、頭痛、めまい、ストレスがなくなる!』(扶桑社)などがある。

ページの先頭へ