<<医師監修>>【すぐできる天気痛対策】雨が降るたびに頭痛がする人は耳を刺激する!

<<医師監修>>【すぐできる天気痛対策】雨が降るたびに頭痛がする人は耳を刺激する!

天気痛・気象病

梅雨シーズンは内耳が刺激されやすい

雨が降るたびに頭痛やめまいがひどくなって、毎回、頭痛薬やめまい薬を飲んでいませんか?

薬でツラい症状が和らぐのはいいですが、時間が経つとまた痛みなどが発生しますし、頭痛薬の場合は飲みすぎることで、新たな痛みを引き起こす危険があるのもネックですよね。

これからの季節は、梅雨や台風、ゲリラ豪雨など、天気痛を引き起こす気象の変化が増えています。

本格的な“天気痛シーズン”を迎える前に、カラダに負担がかからない対処法をマスターしてゆきましょう。

そもそも、どうして梅雨のシーズンになると、天気痛の症状が増えるのでしょうか?

天気痛とは、気圧の変化を耳の奥にある「内耳」という器官が感知して、脳を混乱させる情報を送るのです。

すると、脳が感じたストレスによって、自律神経の1つである交感神経が刺激されて、それにつられて痛みを感じさせる神経も興奮してしまいます。

これによって、頭痛をはじめとするさまざまな痛みが発生するのです。

雨が降る時は、必ず低気圧が発生しますから、梅雨時は内耳を刺激される日が増えるのですね。

【すぐできる天気痛対策】雨が降るたびに頭痛がする人は耳を刺激する!

天気痛の症状は、人によって異なりますし、痛みの度合いも異なってきます。

薬を飲まなくても大丈夫という方もいれば、布団から起き上がれなくなるぐらい、症状が重くなる方もいますね。

これは、内耳と自律神経の反応に個人差があるためで、人より内耳が敏感で、ストレスに弱く、自律神経が乱れやすい状況にあると、天気痛の症状はひどくなる傾向にあるようです。

こうした天気痛の特徴をふまえて、雨降りが多くなるシーズンを前に、カラダにやさしい対処法をマスターしてゆきましょう。

ネットでも注目が集まっている、天気痛対策グッズも紹介してゆきますよ。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

自律神経のはたらきをおさらい!

ここで、自律神経について説明を補足しておきましょう。

普段からよく使われる言葉ですが、意外とそのはたらきを知らないでいる方も多いようですから、しっかりポイントを抑えておいてくださいね。

自律神経は、昼間にはたらいて活発な活動をサポートする「交感神経」と、それにブレーキをかけて心身の休息を促す「副交感神経」からなっています。

24時間ずっと心身が興奮していたら、疲労が蓄積する一方ですし、ストレス解消ができず、ココロの病も引き起こしてしまいますよね。

これを防ぐために、副交感神経は眠気を発生させて、カラダと脳を休ませる睡眠を促すのです。

しかし、自律神経はとても繊細にできていて、外部からの刺激が過剰になったり、さらなるストレスが加わったりすると、そのはたらきが乱れてしまい、カラダの各所に不調が生じます。

たとえば、夜になっても昼間と同じ喧騒の中で生活していたら、脳が覚醒状態に陥って副交感神経がうまくはたらかず、布団に入ってもなかなか寝付けなくなるのです。

さらに、深い睡眠が得られなくなると、日中にたまったストレスを解消できなくなりますから、自律神経はさらに乱れてダメージを受けやすい状態に。

【すぐできる天気痛対策】雨が降るたびに頭痛がする人は耳を刺激する!

人間には本来、ストレスに適応する能力が備わっています。

ストレスを受けた直後は、「警告反応期」に入りショック状態に陥りますが、その後、心身の抵抗力が高まる「抵抗期」に移ると、ストレスにうまく適応してカラダとココロへのダメージを軽減できるのです。

しかし、自律神経が乱れている状態だと、この適合がうまくできず、ストレスがたまり続けて病気を引き起こすことも。

この状態で低気圧が近づいてくると、脳が痛みに対して過敏に反応するので、天気痛の症状もひどくなります。

こうした自律神経の特徴を踏まえて、天気痛を予防するためにも、普段から自律神経が乱れる行動は慎むようにしてくださいね。

下記に、その例をいくつか挙げてみます。

・運動不足

・寝る前のパソコン、スマートフォンの操作

・寝る前の飲酒、喫煙

・夜間も明るい照明のもとで生活する

・不規則な食事

・ストレス過多の状態

・睡眠不足

・エアコンが効きすぎた部屋で長時間過ごす

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

天候の悪化もストレスになる?

自律神経のはたらきを乱す要因の1つはストレスですが、この点についても少し補足しておきましょう。

人間関係のいざこざや、仕事や育児で発生する焦りや不安といった感情そのものが、ストレスと捉えられているようですが、これらはストレスの要因=ストレッサーであり、ストレッサーに対応しようとして起こる反応がストレスなのです。

【すぐできる天気痛対策】雨が降るたびに頭痛がする人は耳を刺激する!

ストレッサーには、いくつかの種類があるのですが、気象条件の変化は「物理的ストレッサー」に分類されます。

汗だくになる夏の暑い日は、イライラすることが多いですよね。

これと同じように、気圧が低下することもストレッサーとなり、脳の痛みに対する反応を過敏にして、天気痛を引き起こします。

このように説明すると、ストレスは人間にとって不要なものと捉えられてしまいますが、逆に、ストレスがないと、先ほどお話しした心身の“適応力”が生まれません。

ストレッサーがどんどん増えてゆく一方で、心身はそれに対応できなくなりますから、自律神経もどんどん疲弊していくんですね。

ですから、

「適度なストレスは生命活動に必要なもので、生活の工夫や思考のコントロールで、うまく対応してゆくもの」

と認識して、みなさんの生活習慣に役立ててください。

暑い日に外を歩いて、汗だくになって帰ってきても、すぐにエアコンは付けず、汗の気化熱で体温が下がるようにするのも、1つのストレス対策ですよ。

ただし、熱中症には、くれぐれも注意してくださいね。

【すぐできる天気痛対策】雨が降るたびに頭痛がする人は耳を刺激する!

気圧対策で天気痛を軽減!その具体策は?

自律神経とストレスへの適切な対処法が分かったところで、具体的な天気痛対策を覚えてゆきましょう。

まずは、気圧対策です。

テレビやネットの天気予報では、低気圧の接近は分かっても、現在、気圧がどれぐらいなのか、そして、この先どれぐらい下がるのかということは分かりませんよね。

そこで利用してみて欲しいのが、「頭痛―る」というスマートフォンアプリです。

自分が現在いる場所を登録すれば、リアルタイムで気圧を表示してくれますし、数日先の気圧変化も、1時間単位でグラフやアイコンで教えてくれます。

また、天気予報のように毎日「気圧予報」を同じ時間に通知してくれるので、天気痛対策を講じやすくなるのです。

【すぐできる天気痛対策】雨が降るたびに頭痛がする人は耳を刺激する!

さらに、頭痛―るの「痛みノート」機能を使って、天気痛が発生した日の状況(痛みの度合い、飲んだ薬の量、その日の行動)などをメモしておけば、症状の傾向や前兆などが分かります。

たとえば、頭痛がひどくなる前日に、生あくびが出る回数が多いことに気が付いたら、天気痛の発生に備えることができますよね?

これで、天気痛対策の第一段階は完了。

次に用意したいのが、耳せんです。

外の気圧と、内耳付近の気圧に差がでると、脳の混乱が発生しますから、気圧を調整する機能がついた耳栓を使うと、圧力を一定に保つことができます。

このような気圧コントロールができる耳せんが、天気痛の名づけ親である医師、佐藤純先生が監修した「天気痛耳せん」。

通常の耳せんと違い、本体の中心部に気圧調製フィルターが取り付けられていて、耳の外と内の気圧を同じくすることで、低気圧が近づいてきても、その変化が内耳に伝わらないようにできます。

頭痛―るをチェックして、これから気圧が下がると分ったら、ここの天気痛耳せんを装着。

たったこれだけで、頭痛や関節痛、めまいなどのツラい症状を緩和できちゃうのです!

【すぐできる天気痛対策】雨が降るたびに頭痛がする人は耳を刺激する!

天気痛耳せんは、装着感のよさも特筆です。

スポンジタイプの耳栓のような圧迫感はほとんどありませんし、耳にやさしく、しっかりフィットするので、睡眠前に装着しても、朝になったら外れているなんてことも、ほとんどありません。

気圧の変化は無防備になる睡眠中にも発生しますから、天気痛にお悩みの方にとっては、まさに救世主のようなグッズと言えるでしょう。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

ツボ療法で症状をさらに軽減!

続いて紹介するのは、ツボ療法です。

みなさんもご存知の通り、わたしたちのカラダには、体調をコントロールする無数のツボがあります。

ツボ療法の魅力は、自分でもすぐにできるということと、薬のような副作用の心配が少ないということです。

ここでは、内耳と自律神経を整えて、天気痛の症状緩和につながるツボをいくつか紹介しますので、記事を読みながら、みなさんもツボを刺激してみてください。

自律神経が整い、めまいを防ぐ「内関」

手首の内側に、指を3本当てて、腕の真ん中を通る腱と交わる場所に、自律神経を整える「内関」というツボがあります。

【すぐできる天気痛対策】雨が降るたびに頭痛がする人は耳を刺激する!
【すぐできる天気痛対策】雨が降るたびに頭痛がする人は耳を刺激する!

上記の部分を親指で押して、響く感じがしたら、内関を捉えた証です。

この内関を、息を吐き出しながら押し、そして、今度は息を吸い込みながら力を緩めてみてください。

このツボ押しを、左右の手首で6~8回ぐらい繰り返し行なってみましょう。

自律神経の乱れが次第に整ってゆき、めまいなどの症状も緩和されますよ。

このツボ療法の、唯一のデメリットと言えるのが、内関の位置は日々変わるので、自分の手では的確に捉えにくいということです。

これを解消してくれるのが、佐藤先生が監修した「天気痛ブレス」というブレスレット。

20個以上の突起が的確に内関を刺激してくれますので、腕に巻いているだけで天気痛対策ができちゃうんです。

突起のある部分を上からこまめに押せば、さらにリラックスした気分になって、快適な生活が送れるようになりますよ。

耳のまわりは天気痛に効くツボが集中!

手首の次は、耳周辺のツボの刺激です。

耳の後ろ側には、丸くて突起状になった部分「乳様突起」があります。

このまわりは自律神経を正常にしたり、めまいを改善したりするツボがたくさん存在するのです。

【すぐできる天気痛対策】雨が降るたびに頭痛がする人は耳を刺激する!

ここで、代表的なツボを3つ紹介しますね。

頭きょう陰(あたまきょういん)

1つ目は、乳様突起上部のくぼみにある「頭きょう陰(あたまきょういん)」。

【すぐできる天気痛対策】雨が降るたびに頭痛がする人は耳を刺激する!

ここは、頭痛とめまいを緩和させるツボです。

左右のツボを、気持ちいと感じるぐらいの強さで、最初は10~20回程度、慣れたら50回ぐらい押してみましょう。

翳風(えいふう)

耳たぶの後ろにもくぼみがあるんですが、ここは「翳風(えいふう)」といって、耳の痛み、めまいなどの改善につながるツボです。

【すぐできる天気痛対策】雨が降るたびに頭痛がする人は耳を刺激する!

こちらも頭きょう陰と同じように、気持ちいい力加減で50回程度押してみてください。

完骨(かんこつ)

最後のツボは、乳様突起の下側に指をずらし、さらに後ろ側に移動した部分にある「完骨」。

頭痛、めまい、首のコリ、顔のむくみなどの症状緩和につながります。

【すぐできる天気痛対策】雨が降るたびに頭痛がする人は耳を刺激する!

ツボ療法以外にも、耳を折りたたんで刺激したり、くるくる耳を回したりするマッサージも、天気痛対策として実践していただきたい習慣です。

さらに、耳を温めれば、血のめぐりがよくなりますから、内耳周辺の血行も改善されて、気圧の変化に強い体質づくりができますよ。

今回のまとめ

内耳と自律神経のケアを中心にお話ししてきましたが、意外と簡単な方法で実践できると感じたと思います。

薬に頼るのは、ガマンできないぐらいの痛みが発生した時だけにして、普段からツボ療法や気圧対策を習慣にしておけば、天気痛の症状は驚くほど軽くなりますよ。

また、記事中で紹介した「天気痛耳せん」や「天気痛ブレス」は、天気痛を知りつくした佐藤先生が監修したグッズですから、試さない手はありません!

今回、紹介した気圧対策やツボ療法と合わせて、2つの天気痛対策グッズを、ぜひ、使ってみてくださいね。

普段からストレスに適応して、自律神経が整うような習慣を身につければ、雨の日でも爽快な気分で過ごすことができるでしょう。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

この記事を監修したドクター

ドクターイメージ

佐藤 純 医師

医学博士 愛知医科大学医学部客員教授

経歴

医師・医学博士。名古屋大学教授を経て、愛知医科大学・学際的痛みセンターで、日本唯一の「天気痛外来」を開設。
天気痛研究・診療の第一人者としてNHK「ためしてガッテン」、日本テレビ「世界一受けたい授業」など「気象病」「天気痛」の専門医としてメディア出演多数。
著書に、『天気痛を治せば、頭痛、めまい、ストレスがなくなる!』(扶桑社)などがある。

経歴

医師・医学博士。名古屋大学教授を経て、愛知医科大学・学際的痛みセンターで、日本唯一の「天気痛外来」を開設。
天気痛研究・診療の第一人者としてNHK「ためしてガッテン」、日本テレビ「世界一受けたい授業」など「気象病」「天気痛」の専門医としてメディア出演多数。
著書に、『天気痛を治せば、頭痛、めまい、ストレスがなくなる!』(扶桑社)などがある。

ページの先頭へ