自分だけの快適な睡眠空間を♪安眠カバー「マイドーム」が活躍中

自分だけの快適な睡眠空間を♪安眠カバー「マイドーム」が活躍中

睡眠・不眠対策グッズ

夜寝るとき、自分だけの小部屋があったら素敵だと思いませんか?

今、進化した快眠グッズ・頭部保湿カバー「マイドーム」が話題です。

自分だけの安眠空間♪安眠カバー「マイドーム」が活躍中

見た目だけじゃない!マイドームの効果

マイドームは頭だけを覆う小さなテント。厚地の不織布でできていて、使わないときはコンパクトに折りたためます。

これを頭からすっぽりとかぶって眠ることで、自分の吐きだした息によって、ドームの中はぽかぽかに、温かく快適に眠れるようになっています。

たとえるなら、顔全体を覆うマスクをしている状態です。

見た目のインパクトが強く、一見面白グッズのようなマイドームですが、実はとても実用的。
自分の吐く息で湿度が保たれるので、冷房・暖房は乾燥して苦手…という方や、喉をいためたくないとき被って寝れば、翌朝のカラカラを予防できます。

さらに喉だけでなく「肌がしっとりになった!」との声も。

実際にマイドームを装着して1時間後のドーム内湿度・温度を計測したところ、湿度は65%から80%に、温度は26℃から30℃に上昇していました。

さらにサーモグラフィーでは、顔だけではなく手足まで温かくなっていることがわかりました。

また、マイドームに使われているのは「帯電防止素材」という静電気が起きにくい素材。

秋から冬にかけては睡眠中に静電気で紙が絡まり、抜け毛が多くなってしまうことも多いですよね。

ところが、特殊な素材を使ったマイドームの中は静電気が起きにくいため、髪の毛が痛まず、しっとりまとまりやすくなる、というメリットもあります。

Sleepion

花粉症やお出かけにも使えます

また、花粉やほこりを通さないのでアレルギーや喘息に苦しんでいる方にもおすすめです。

重度の花粉症の人は夜寝るとき、家の中にいてもくしゃみや涙が止まらなくなりますが、マイドームなら薬も空気清浄機も使わずに対処することができます。

鼻炎の薬は、副作用で頭がぼんやりしたり、口が渇いたりすることがあるので、使わなくて済むのはうれしいですね。

愛用者の中には30年近い花粉症の症状が軽減された、という人もいました。

もちろん丸洗いできるのでいつでも清潔。殺菌用にアイロンをかけることもできます。

他にも長距離バスや飛行機など、人目を気にせずに眠りたいときにもぴったりです。

また、窓際の席が冷えて辛い、という方にもおすすめです。

中にはアロマオイルを垂らして自分だけの香り空間を楽しんでいる人も。

さらにマイドームは被災地でも活躍しています。

2016年の熊本地震の際は、プライバシーの確保しにくい避難所で少しでも快適に休んでもらうため、マイドームが救援物資として送られました。

寒い空間にたくさんの人がいる避難所では風邪などが流行しやすいため、マイドームが大変効果的でした。

自分だけの安眠空間♪安眠カバー「マイドーム」が活躍中

最近では無地だけでなく花柄や迷彩柄、安眠できそうな羊柄、海外で注目されそうな着物の模様を使った商品も登場しました。

様々な柄のマイドームは通販で購入でき、3000円から作れる日本初の新しい睡眠スタイルとして世界中から注目を集めています。

Sleepion

ページの先頭へ