たわしピローで睡眠が変わる!睡眠不足をカバーする深い眠りとは?

たわしピローで睡眠が変わる!睡眠不足をカバーする深い眠りとは?

安眠・快眠方法

睡眠で一番重視したいポイントは?

忙しい毎日を送っていると、どうしても睡眠時間を削ることが多くなり、その結果、慢性的な睡眠不足に陥ってしまいます。

睡眠は、一日の活動で疲れたカラダやココロ、そして神経を休ませるための大切な活動です。

その時間が短くなってしまうと、疲労が翌日まで持ち越されて蓄積してゆき、日中のパフォーマンスが低下してゆきます。

昼間に眠気が強くなって、集中力や判断力などが低下するといった経験は、みなさんにもあると思いますが、これは脳が疲労回復を求めているサインなんですよ。

しかし、睡眠が大切なことは分かっていても、睡眠不足を解消するのは難しいものですよね。

そんな方に、ぜひ、実践していただきたいのが、深い睡眠をサポートする「たわしピロー」の活用です。

たわしピローで睡眠が変わる!睡眠不足をカバーする深い眠りとは?

わたしたちは、深い睡眠と浅い睡眠を交互に繰り返していますが、1晩でもっとも眠りが深くなるのが、就寝後3時間の間なんですね。

この時間帯に深い睡眠が得られれば、心身の疲労回復が進みますから、睡眠不足が続いていても、生活のパフォーマンス低下を最低限で抑えられます。

睡眠を深くするには、

・.寝つきをよくすること

・夜中に目が覚めず、朝までグッスリ眠ること

この2点を継続する必要があるのですが、そのサポート役として活躍するのが「たわしピロー」こと、睡眠用たわしなんです。

頭を乗せたら分かる既存の枕との違い

たわしピローの特徴は、なんといっても枕の素材に“たわし”を使っていること。

「たわしで作られた枕で寝るなんて、かえって、深い睡眠の妨げになるのでは?」

たわしピローを使う前は、ほとんどの方が疑心暗鬼になるのですが、頭を枕の上に乗せてしばらくすると、今まで感じたことがない快感を覚え始めるんです!

たわしピローで睡眠が変わる!睡眠不足をカバーする深い眠りとは?

たわしピローに頭を乗せた瞬間は、その硬い素材のせいで頭皮がチクチクしますが、これが頭皮への心地よい刺激となり、深い睡眠に誘います。

さらに、一般的な枕と比べて、頭部の温度が5度ぐらい低くなることから、寝つきのよさはもちろんのこと、熟睡に必要な環境までサポートしてくれるんです。

寝苦しい夏の夜でも、たわしピローだったら頭部を快適な温度の保ってくれますし、汗をかいても湿気と体温をすばやく空気中に放出します。

ですから、朝の目覚めが非常に爽やかになり、昼間に活動力が低下することも少なくなりますよ。

たわしピローで睡眠が変わる!睡眠不足をカバーする深い眠りとは?

たわしピローでグッスリ眠る習慣が身につけば、睡眠の質がアップしてゆくだけでなく、心身の疲労回復がしっかりサポートされます。

そして、睡眠不足の解消と健康リスクの低下もかない、生き生きとした日々が送れるようになるでしょう。

「睡眠は時間より質が重要」

とよく言われますが、実際にどのような対策をとるべきなのか、わからない方が多いと思います。

そんな時は、このたわしピローを使って、“頭皮をたわしで、少しいじめる”睡眠を試してみてください。

「布団に入っても眠りにつくまで時間がかかる」

「夜中に寝苦しさを感じて、何度も目が覚める」

「朝起きた時に、寝た気がしない」

こうした悩みが、気が付いたらなくなってゆきますよ。

ページの先頭へ