雨の日は体調が悪くなる…そんな天気痛を解消するブレスレットとは?

雨の日は体調が悪くなる…そんな天気痛を解消するブレスレットとは?

睡眠・不眠対策グッズ

雨の日や天気の変わり目に、頭が痛くなったり体がだるく感じたりすることはありませんか?

実は日本人は3人に1人がこの「天気痛」を持っているといわれています。

雨の日が辛い…天気痛解消ブレスレットが気になる!

天気痛は天気の変化で起こる

「天気痛」は「気象病」とも呼ばれる、気圧、気温、湿度など天気の変化が引き金になっておこる体の不調です。

特定の症状を指す言葉ではなく、その人がもともと持っていた症状が、天気の変化によって強く表れる状態のことを言います。

そのため症状は多種多様で、

・乗り物酔いのようなめまいや吐き気
・頭痛、腰痛、肩こり
・骨折・手術など古傷の痛み
・イライラ、憂鬱、気分の落ち込み

などの症状が多いといわれています。

雨の日が辛い…天気痛解消ブレスレットが気になる!

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

交感神経が活発になり、体調が悪くなる

天気痛の主な原因は自律神経の乱れです。

自律神経には体を積極的に動かす「交感神経」とリラックスさせる「副交感神経」があり、その両方で心と体のバランスをとっています。

ところが急な天気の変化、特に気圧が変化すると、自律神経がバランスを崩し「交感神経」ばかりが活発になってしまいます。

交感神経が過剰に活発になると血管の中で血流が急激に増えます。

これが脳の近くだと頭痛として、膝や腰では関節痛として現れます。

また、天気痛はすべての人に起こるわけではなく、体力のない人や、睡眠不足やストレスで疲れがたまっているときに発症しやすいといわれています。

普段は何でもない天気の変化も、体が弱っているときには大きなダメージになるのです。

比較的女性に多い症状ですが、中には体の不調を感じていても、天気との関連に気づいていない人もいると考えられています。

天気痛ブレスで内関を刺激

これまで人によって症状も重さも違う天気痛を治療するのは難しいと考えられていて、生活習慣の改善や、症状が出てから痛み止めの薬を飲むなどの治療法をとるしかありませんでした。

そんな天気痛を解消するために現在開発中なのが、「天気痛ブレス」です。

その名の通り天気痛対策に特化したバンドで、長年にわたって天気痛を研究する気圧医学の専門家や鍼灸医師が開発しました。

「天気痛ブレス」は医療機器ではありませんが、東洋医学のツボ押しを利用したコンディションマネジメントツールです。

シリコン製のバンドで、手首につけるとちょうど「内関」と呼ばれるストレス緩和のツボに突起が当たるようになっています。

「内関」の位置は人によって、また体調によっても変化するのですが、「天気痛ブレス」では腕に付けたときにちょうどツボの位置に当たるよう、設計されています。

天気痛が来そうになったら、ブレスでツボを押すだけ。

普段から付けて、場所や時間を選ばずに痛み対策ができるようになっています。

天気痛の大敵になるのはストレスですが、「いつ痛みが来るかわからない」「急に頭が痛くなったらどうしよう…」と思うこと自体がストレスになってしまいます。

天気痛ブレスはその問題も解決しています。

天気痛ブレスは2017年の夏から発売予定。すでに200本以上予約が入っているようです。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

ページの先頭へ