【医師監修の注目アイテム】天気痛対策に耳栓を使うと頭痛が軽減?

【医師監修の注目アイテム】天気痛対策に耳栓を使うと頭痛が軽減?

天気痛・気象病

頭痛薬は飲みすぎると症状が悪化する?

あと1ヶ月ちょっとすると、誰もが憂うつになる梅雨シーズンを迎えます。

ただでさえ、ジメジメしてうっとうしい気分になるのに、頭痛などの持病がある方は症状が悪化しやすいので、さらにツラくなりますよね。

【医師監修の注目アイテム】天気痛対策に耳栓を使うと頭痛が軽減?

こうした気象の変化によって発生する痛みやめまい、気分の落ち込みは、耳の中にある内耳という器官が気圧の変化を感知して、自律神経を興奮させることで起こります。

症状はさまざまですが、痛みに特化した症状を「天気痛」と呼んでいるんです。

天気痛の中でも、もっとも症状が多いのが頭痛で、自律神経の興奮で痛みを感じさせる神経「痛覚神経」も活発になるため、頭を締め付けるような痛みが数時間から数日程度続きます。

天気痛の頭痛対策で効果的なのは、痛みをブロックしてくれる成分が含まれた鎮痛剤を飲むことですね。

しかし、薬の服用頻度が高くなると、これまではガマンできていた軽い痛みにも反応するようになりますし、鎮痛剤の効き目も薄れてゆくんですね。

さらに、鎮痛剤に含まれている成分には、胃腸障害の副作用が伴いますから、これからもずっと頭痛対策として飲み続けるワケには行かないんです。

しんどい天気痛を抱えている人は、全国に1,000万人以上いると推測されていますが、最近発売された、患者さんにとって“救世主的存在”と言えるアイテムに、注目が集まっています。

それは「天気痛耳せん」という、お医者さんが監修に加わった耳栓。

天気予報などでこれから気圧が下がると分かった段階で、この耳栓を両耳に着用すれば、内耳が気圧の変化に反応することを防げますので、やっかいな頭痛を緩和できるんですよ。

天気痛耳せん

付けているだけで快眠対策にもなる!

天気痛耳せんの最大の特長は、耳栓内部に気圧を調整するフィルターが取り付けられていること。

通常の耳栓でも、耳を密閉して気圧の変化が加わることは、ある程度防止できますが、密閉度が低いうえに、耳の内部に圧迫感を与えるという問題があり、天気痛の頭痛対策としては不向きと言えるんですね。

その点、魔法の耳せんでしたら、フィルターの機能で耳の内と外の気圧を一定に保てますし、装着感も心地よいことから、長時間の使用にもおススメなんです。

さらに、特筆なのは、寝る前に装着することで心地よい静寂感が生まれ、安眠に誘われること。

寝る時に音の刺激を感じなければ、寝つきがよくなりますし、深い眠りも得られるようになります。

【医師監修の注目アイテム】天気痛対策に耳栓を使うと頭痛が軽減?

このように睡眠の質が高まれば、日中の活動でたまった疲労やストレスをしっかり解消でき、自律神経のはたらきも正常になって、天気痛による頭痛などが抑えられるというワケなんです。

わたしたちは起きている間、さまざまな音の刺激を受けていて、それがストレスとして積み重なり、天気痛を引き起こす原因となっています。

ですから、寝る前と寝ている間は、この天気痛耳せんを装着して、自律神経を徹底ケアする習慣を身につけてみて下さい。

眠りが深くなれば、頭痛だけでなく他の症状が発生することを抑えられますし、何よりも、心身の健康度がアップして、生活の充実度がどんどん向上してゆきますよ!

天気痛耳せん

ページの先頭へ