天気の変化で起きる天気痛や気象病!その原因と5つの対処方法

天気の変化で起きる天気痛や気象病!その原因と5つの対処方法

天気痛・気象病

昔から天気と体の不調を結びつけた言葉は多く存在します。

そうした天気が原因で起こる痛みを「天気痛(てんきつう)」と呼びます。

また、気圧や気温や湿度などの変化が原因となる症状全般を「気象病」と呼びます。

今回はこうした症状が何故起こるのかを検証し、そうした症状が出たときの対処法などをまとめてみました。

天気痛や気象病の原因と対処方法は!?

気象病や天気痛の原因は何?

気象病や天気痛は、血管の拡張や縮小が原因である事が多いです。

山の高いところに登ると同じ様な症状を覚える事があります。

それは体の細胞や血管が気圧の影響を受けて体調の変化を感じる事があげられます。

また気温や湿度の変化は同じように細胞や血管に影響して体調の変化を感じさせます。

これはとても分かりやすい例ですが、人の体は水で出来ていると言っても過言ではない位、水の変化の影響を受けています。

この例で言うと月の満ち欠けなどの影響も受けています。

海が月の満ち欠けの影響で満潮や干潮があるように人間の体もそうした影響を受けています。

また、こうした細胞や血管の変化による血液循環のバランスの乱れは、自律神経にも影響し、自律神経の乱れは体調の変化に大きく影響します。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

気象病や天気痛の症状には以下の様なものがあげられます。

気象病や天気痛の症状とはどんなもの?

1.頭痛
2.めまいやふらつき
3.吐き気
4.倦怠感
5.イライラやモヤモヤ
6.腰痛や肩こり
7.関節痛や神経痛
8.蕁麻疹(じんましん)
9.メニエール病
10.古傷の痛み

など以上10項目が有名な症状です。

また、気象病がきっかけになり新しい病気を発病することもありますし、持病の症状が悪化することもありますので注意が必要です。

また原因は気象病にあるのに、理解不足で鬱病と勘違いする場合もあります。

気象病や天気痛の対処法は?

それでは気象病や天気痛の対処法をまとめてみます。

1.耳のマッサージ
敏感耳の為に、気圧の変化で内耳が脳に体の収縮や緊張の命令を出すため、血管の収縮や拡大が起こり、頭痛や肩こりや体の不調に繋がります。

2.耳を温める
耳の冷えが原因の方が多いことも確認されています。
耳を温めることで症状が緩和される場合があります。耳当てなどは効果的です。

3.自律神経を整える
手首の「内関」というツボは自律神経の働きを整えるとされています。
「ツボ押しリストバンド」の活用が有効です。「シーバンド」というものが有名です。

4.ストレスの軽減
ストレスや疲れは自律神経の乱れに繋がります。
日頃からストレスや疲れをため込まないような生活習慣が大切です。

5.冷房を使いすぎない
人間の体は、外気温の変化に対応する適応能力があります。
冷房の使いすぎは、そうした本来の適応能力を退化させ、外気温の変化や湿度の変化に適応できずに自律神経の乱れとなって症状が出てくる場合が多々あります。
日頃から、あまり冷房を使いすぎない生活を心がける必要があります。

天気痛や気象病の原因と対処方法は!?

まとめますと、以上の5点に日々気を付ける事で気象病や天気痛の予防にもなりますし、原因を掴んでそれに対処すれば、慌てることもなくなりますよね!

是非参考になさって下さい。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

ページの先頭へ