快適な睡眠のためのコツ!食事の時間や部屋の温度に注意!

快適な睡眠のためのコツ!食事の時間や部屋の温度に注意!

安眠・快眠方法

今よりも快眠することができるようになることで、体の疲労を改善し、毎日を健やかに生きる事が出来るようになります。
食生活から健やかな睡眠導入も可能です。
特に栄養素で、トリプトファンが豊富に含まれる食材を積極的に摂る事で、メラトニン不足を改善して深い睡眠が可能になります。
特にダイエット中の女性におすすめできます。
無理な食事制限などによって、トリプトファンが不足していると不眠の原因にもなります。
毎日の食生活もバランスよく食事をする様に心がけましょう。
ドラッグストアでは栄養素のサプリメントとしても購入することが可能です。

快眠のためのコツ!食事の時間や部屋の温度に注意!

快眠アロマスプレー【極】

食事は就寝2~3時間前までに終わらせましょう

サービス残業や夜間のお仕事をしている方には、不規則な生活を送っているために不眠になる方も少なくありません。
特に夜中心の生活をしている方は、そうした生活を続けることで体内時計が乱れることになり、そのために寝付きが悪くなり、眠りが浅くなることがあります。
寝る前にはできるだけ部屋を薄暗くし、電子機器の使用は控えましょう。
交感神経系を刺激しないように寝室の環境整備は大切です。

また快眠が出来るように、食事をしてからはそのまま横になって寝ないようにしましょう。
食後の2~3時間は、胃や腸などの消化器官が食物を消化するため、ゆっくり座ったりしながら時間を置くようにしましょう。
食後は体を休めるようにするだけで、寝ている間に胃への負担をかけずに寝ることが出来ます。

快眠のためのコツ!食事の時間や部屋の温度に注意!

寝る時の寝室の適温は?

まず快眠のためには体温・室温・湿度の調整がマストです。
基本的に人間の体温は36度~37度程度が平均です。
夜眠る際には徐々に下り、朝目覚める前には体温は低い状態になります。
その為、冬には眠る前に入浴する事で体の血行を良くし、寝付きを良くすることができます。
お風呂に入る場合は、出来るだけぬるめのお湯に入り、徐々に温めるようにしましょう。
熱いお湯に入り過ぎると、逆に交感神経が刺激されて寝つきが悪くなるので注意が必要です。
理想な睡眠中の布団の中の温度は、30度以上、また部屋が乾燥しないように湿度は50~60%を保つようにしましょう。
冬場は電気毛布などを使用し、睡眠中にも快適に過ごせるようにこころがけましょう。

エアコンの利用には冷暖房のタイマーを入れておきましょう。
またインバーターエアコンは自動で室温を調節してくれるので、省エネ性にも優れおすすめのエアコンです。
快適な睡眠には一役買います。適温の保つことができて便利です。

快眠グッズは多いに利用したい

布団から、枕、マスク、寝間着やパジャマに関しては、アイデア商品など快眠グッズなどがおすすめできます。
特に多いのが、枕の高さが自分に合っていない方。
ピューロ枕に切り替えたり自分で試行錯誤したりするのも改善への一歩になります。
様々な解消方法を実践して不眠を解消していきましょう。

快眠アロマスプレー【極】

ページの先頭へ