天気痛に強くなるための体質改善!ストレスとの向き合い方は?

天気痛に強くなるための体質改善!ストレスとの向き合い方は?

天気痛・気象病

自律神経の乱れは天気痛を引き起こす

最近テレビや雑誌などで、「天気痛」という言葉を耳にする機会が増えました

これまでは、急に天気が悪くなって体調不良に陥っても原因が分からず、病院に行ってもこれといった病気が見つからないというケースがほとんどだったんですね。

しかし、愛知医科大学の医師である佐藤純先生が、気象の変化と体調悪化の因果関係を突き止めました。

まずは。そのメカニズムについて、解説してゆきます。

低気圧が接近してきたり、ゲリラ豪雨の時に急激に気圧が下がったりすると、わたしたちの耳の中にある「内耳」という部分が気圧の変化を感知します。

そして、内耳のリンパ液に動きが生じて、カラダが傾いているという情報を脳に送るんです。

しかし、目や筋肉・関節から得た情報では、カラダに傾きは生じていないため、脳は混乱状態に陥って自律神経のバランスが崩れ、交感神経を興奮させます。

そして、交感神経の動きによって痛覚神経が刺激され、痛みを発生しますし、乗り物酔いと同じ状態になることで、めまいや吐き気まで発生するんです。

天気痛に強くなるための体質改善!ストレスとの向き合い方は?

天気痛は、内耳が敏感な方や、普段から自律神経が乱れがちの方に多く発生します。

ということは、天気痛によって引き起こされるさまざまな不快症状は、内耳に気圧の変化が伝わらないようにしつつ、自律神経が整うように体質改善すれば、かなりラクになるということです。

今回は、自律神経の乱れにつながる要因の中でも、ストレスにフォーカスしてお話を進めてゆきます。

ストレスを避けすぎる生活の弊害とは?

ストレスと聞くと、心身にダメージを与えて、健康リスクを高めるだけのものと考えがちですが、実は悪者ではないんです。

ストレスがない世界で生活すると、人間の環境適応能力はどんどん低下してゆきます。

たとえば、暑い夏の日にエアコンが効いた部屋にずっといると、汗をかきにくい体質になりますよね?

汗というのは、上昇した体温を調整するために出るもので、皮膚から水分が蒸発する時に体温を奪ってカラダを冷却しているんです。

しかし、エアコンの涼しい風にばかり当たっていると、こうした体温調整機能がはたらかなくなって、汗をかけなくなってしまいます。

天気痛に強くなるための体質改善!ストレスとの向き合い方は?

また、寒い時は、わたしたちのカラダは体温を上げて体へのダメージを防ぎますが、体温調整機能が鈍くなっていると、血のめぐりが悪くなって、とくに手足の先が冷たいままになってしまいますね。

こうした症状も、ストレスを避けるあまりに、環境に合わせて生命を維持しようとする、自律神経のはたらきが低下していることに起因しています。

ですから、心身のバランスを崩すようなストレスは軽減しなくてはなりませんが、気温や気圧の変化などには、ある程度対応してゆくという心構えと行動が重要なんですね。

この点を最初に抑えた上で、ストレスの種類を確認してゆきましょう。

天気痛耳せん

ストレスの要因は5つに分類されます

ストレスを感じる原因は、人それぞれですが、その要因となるものは「ストレッサー」と呼ばれ、5つに分類されます。

1物理的ストレッサー

天気痛の原因となる気圧の変化、高温や低温などは、物理的ストレッサーと呼ばれています。

気象変化によるものだけでなく、騒音などの音の刺激や、満員電車の混雑状態なども、このストレッサーに分類されます。

2.生物的ストレッサー

感染、痛み、アレルギーなど、さまざまな病気でカラダが受けるストレスの原因を生物的ストレッサーと呼びます。

もともと、自律神経が乱れている人が、この生物的ストレッサーを受けると、さらに天気痛の症状が悪化するという悪循環に陥ることがあります。

天気痛に強くなるための体質改善!ストレスとの向き合い方は?

3.心理的ストレッサー

親しい人との別れや、仕事や家事でうまくいかないことなどが、不安や怒り、悲しみ、焦りといったマイナス感情につながると、心理的ストレッサーとしてストレスにつながります。

天気痛とは話がそれますが、肌トラブルに関係しているのも、この心理的ストレッサーです。

交感神経が優位になることで、アンドロゲンやアドレナリンといったホルモンの分泌量が高まり、顔の皮脂を増やします。

そして、これが毛穴に詰まってアクネ菌が増殖して、ニキビができてしまうんです。

4.化学的ストレッサー

空気の悪い場所に長時間いると、知らず知らずのうちに交感神経が興奮状態になります。

これは、化学物質の刺激が「化学的ストレッサー」になっているからです。

5.社会的ストレッサー

人間関係や家族関係でギクシャクしたり、心身が疲れた状態で、多忙な毎日を送ったりしていると、社会的ストレッサーが自律神経を乱してゆきます。

わたしたちが普段、ストレスと感じている要因の多くは、このストレッサーに分類されますね。

天気痛に強くなるための体質改善!ストレスとの向き合い方は?

こうしたストレッサーに対応するために、自律神経ははたらいているのですが、ストレス過多の状態になるとそのはたらきが弱まって、今まではガマンできていたストレッサーに対応できなくなることも。

そして、頭痛や肩こり、気分の落ち込みなどの心身症状があらわれるんです。

天気痛耳せん

生活習慣を改善すれば天気痛に強くなる!

天気痛に強いカラダになるためには、こうしたストレッサーの影響を避けるか、ストレッサーに強い体質に改善することが必要です。

しかし、ストレッサーの多くは、自分ではコントロールできないものなので、常に回避するのは困難ですよね。

そこで、みなさんに心がけて頂きたいのが、生活習慣の見直しです。

わたしたちの日々の生活には、交感神経を興奮させる要因がたくさんありますし、間違った行動がそれに拍車をかけます。

ここからは、天気痛の悪化につながる、自律神経を乱す習慣を挙げてゆきますから、ご自身の生活と照らし合わせてみて、当てはまっていないか確認してくださいね。

該当する項目があったら、天気痛に強いカラダ作りのために、即、改善です!

天気痛に強くなるための体質改善!ストレスとの向き合い方は?

朝食は抜かず、乳製品や大豆製品をメニューに加える

朝は食欲がないから、食事をしないという方が非常に多いですよね。

インターネットで朝食の必要性を調べてみると、朝食は抜いても構わないという見解を示しているお医者さんもいます。

でも、自律神経の乱れを整えて、天気痛に強いカラダを目指すためには、朝食は絶対に摂るべきです。

その最大の理由は、体温をしっかり上げるためです。

寝ている間は、臓器や脳をクールダウンさせるために、わたしたちのカラダは体温を下げています。

しかし、起床と共に心身が目覚めてゆき、1日を活動的に過ごすためにも体温を上げる必要があるんです。

その源となるのが、食事から摂取するエネルギーなんです。

体温がしっかり上がらないと、全身の血行が悪くなって冷え性を招き、自律神経の乱れがさらに進んでしまいますから、体調不良で食欲がない朝でも、果物など食べられるものを摂るようにしてください。

天気痛に強くなるための体質改善!ストレスとの向き合い方は?

また、夜に快適な睡眠を得て、自律神経を整えるためにも、睡眠に誘うホルモン「メラトニン」の原料となる、トリプトファンを積極的に摂るといいですよ。

トリプトファンは、牛乳などの乳製品や大豆製品、バナナなどに多く含まれています。

さらに、貧血の方は低気圧の影響を受けやすいですから、症状改善につながるビタミンB1が含まれた食材を積極的にメニューに加えましょう。

ビタミンB1は、豚肉や魚卵(たらこ、すじこ)、海草に多く含まれていますよ。

お風呂はぬるま湯で、寝る2時間前までに!

1日の活動でたまったストレスを、熱いお風呂に入って解消。

お気に入りの入浴剤を入れたり、お風呂用のアロマを焚いたりしたら、リラックス気分になれますよね。

でも、あまりにも熱いお湯は、熱の刺激で交感神経が興奮しますから、注意が必要ですよ。

日本人は熱いお湯を好む傾向にありますが、実は、自律神経を整えるのに最適なお風呂の温度は、人によってはぬるま湯と感じる38〜40度程度。

これぐらいのお湯に15分位入っていると、カラダが芯からポカポカになって血行改善につながりますし、副交感神経が優位な状態になって、自律神経が整いやすくなりますよ。

もう1つ、お風呂の入り方で覚えておいていただきたいのは、

「入浴は、できれば布団に入る2時間前までに済ませる」

ということです。

人間のカラダは、寝る前に臓器付近の温度(深部体温)をしっかり下げて、睡眠中のクールダウンに備えるのですが、寝る直前に風呂に入ってしまうと、この温度が上昇したままになって、なかなか寝付けなくなります。

天気痛に強くなるための体質改善!ストレスとの向き合い方は?

寝つきが悪いと、睡眠が浅くなって、疲労を翌日に持ち越すことになってしまいますし、自律神経の乱れもひどくなるんです。

天気痛対策としても、このような入浴法を今日から実践してくださいね。

布団に入る時は、スマホは離れた位置に置く

寝る前のスマートフォンの操作が、快眠を妨げることは有名ですが、その理由をご存知ですか?

スマートフォンなどの電子機器は、画面から脳を覚醒させる「ブルーライト」が照射されます。

これを目で受けると、脳が刺激されて交感神経が興奮するというワケです。

さらに、知りたい情報を探す、動画を楽しむ、SNSをチェックするといった行為そのものも、脳を覚醒状態に導きます。

スマートフォンが手元にあると、ついつい、操作してしまいますから、布団に入る時に離れた場所に置く習慣を身につけるといいでしょう。

天気痛に強くなるための体質改善!ストレスとの向き合い方は?

音の刺激がある時は、耳栓着用で寝る

最後のポイントは、音の刺激です。

物理的ストレッサーの1つである騒音は、寝る時に聞こえるとストレスが増幅されることが多いですね。

外から聞こえてくる車のクラクション、ご近所さんの生活音、一緒に寝ている家族のいびきなどなど。

ガマンすればするほど、交感神経が興奮してきて、眠れなくなりますよね。

こうした環境を改善して、質の高い睡眠を得るためにも、耳栓を使ってみてください。

いろんな雑音を耳にしながら寝ていた方が、耳栓をつけて寝ると、最初のうちはその静けさに慣れないこともありますが、次第に静寂環境で心が鎮まり、自律神経も落ち着いてゆきます。

とくに、ご家族のいびきに悩まされている方は、夜中に目が覚めることで交感神経が活発になり、その後、再び眠りについても深い睡眠が得られないことが多いですから、耳栓は自律神経を整えるための必須アイテムと言えるかもしれません。

おすすめなのは、佐藤純先生が開発した「天気痛耳せん」。

通常の耳栓とは違い、本体内部に気圧を調整するフィルターが取り付けられているので、睡眠中に気圧が低下して天気痛を引き起こすことも防げるんです。

音を遮断する機能も秀逸で、雑音はしっかりシャットアウトしながら、部屋の音や会話音はしっかり聞き取れるように設計されています。

付け心地の良さも、見逃せないポイントです。

天気痛耳せんは、柔らかくて丈夫なシリコンでできていますし、強い力で押し込まなくても、優しく耳にフィットして快眠に誘い、天気痛からガードしてくれます。

実際に、この天気痛耳せんを使った81%の人が、天気痛で悪化しやすい片頭痛が軽減されたと実感していますから、試してみる価値大ですよ!
(米国プリンストン研究所調べ)

天気痛に強くなるための体質改善!ストレスとの向き合い方は?

今回のまとめ

いかがでしたか?

普段、何気なく使っているストレスにもいろいろな種類があるだけでなく、必要性があることも意外に感じたのではないでしょうか?

そして、当たり前のように繰り返している習慣の中に、天気痛を悪化させる原因があることも。

天気痛によって痛みが発生すると、頭痛薬などに頼りがちですが、薬には作用がある一方で、必ず副作用が発生します。

また、自律神経を整えることは、薬ではなかなか実現しませんから、今回お話ししたポイントを参考に、生活改善にしっかり取り組んでみてくださいね!

天気痛耳せん

この記事を監修したドクター

ドクターイメージ

佐藤 純 医師

医学博士 愛知医科大学医学部客員教授

経歴

医師・医学博士。名古屋大学教授を経て、愛知医科大学・学際的痛みセンターで、日本唯一の「天気痛外来」を開設。
天気痛研究・診療の第一人者としてNHK「ためしてガッテン」、日本テレビ「世界一受けたい授業」など「気象病」「天気痛」の専門医としてメディア出演多数。
著書に、『天気痛を治せば、頭痛、めまい、ストレスがなくなる!』(扶桑社)などがある。

経歴

医師・医学博士。名古屋大学教授を経て、愛知医科大学・学際的痛みセンターで、日本唯一の「天気痛外来」を開設。
天気痛研究・診療の第一人者としてNHK「ためしてガッテン」、日本テレビ「世界一受けたい授業」など「気象病」「天気痛」の専門医としてメディア出演多数。
著書に、『天気痛を治せば、頭痛、めまい、ストレスがなくなる!』(扶桑社)などがある。

ページの先頭へ