朝起きて肩こりや頭痛を感じる方は要注意!枕が誘う快眠の秘密とは?

朝起きて肩こりや頭痛を感じる方は要注意!枕が誘う快眠の秘密とは?

安眠・快眠方法

寝ている間にも肩の筋肉が緊張する?

厚生労働省の調べによりますと、肩こりの症状が気になる方は、国民の9割にも達しているんだそうです。

みなさんも、朝起きた時から肩だけでなく、首のあたりまでコリが広がっていて、頭痛を伴うツラい症状に悩まされているのではないでしょうか?

そもそも肩こりとは、周辺の筋肉が緊張状態になって血のめぐりが悪くなって、圧迫感や鈍い痛みなどが発生している状態を指します。

原因はさまざまですが、パソコンやスマートフォンの普及率が高まり、仕事が終わってからもこれらの機器を使う時間が長くなっていることや、ストレスが激化している社会での生活も、国民のほとんどが肩こりに苦しんでいる要因として挙げられます。

朝起きて肩こりや頭痛を感じる方は要注意!枕が誘う快眠の秘密とは?

また、朝起きた時の肩こりや頭痛に悩まされている方に多くみられるのは、頭に合わない枕を使っているケース。

頭の圧力をしっかり分散させて、肩や首に余計な圧力をかけずに睡眠をとらないと、寝ている間にも筋肉の緊張は発生します。

さらに、いびきや歯ぎしりといった、寝ている間に発生する“悪癖”も、肩こりや頭痛を増長させる原因になるんです。

このように、肩こりは複数の要因が重なって発生していることが多く、パソコンなどを使う時間が減ったからといって、すぐに改善されないことが多いのが厄介なんですね。

でも、朝起きた時の不快感が強い方は、まずは、枕を見直すことが急務です!

とくにチェックしたいのが、枕の寿命。

寿命がとっくに過ぎている枕は、頭をしっかり支えることができませんし、吸湿性・撥水性なども低下して、汗をかいた時に蒸れて寝つきを悪くしています。

枕の寿命は、製品の仕様によっても異なりますが、およそ3~5年です。

それ以前に、寝心地が悪いと常に感じているようでしたら、それは枕を買い替えるサインだと認識しましょう。

朝起きて肩こりや頭痛を感じる方は要注意!枕が誘う快眠の秘密とは?

RAKUNA

寝ながら整体の施術を受けられる枕

当サイトでも、眠りやカラダの不快症状を解決するための、さまざまな枕を扱っていますが、肩こりや頭痛を和らげて、快適な1日を過ごしたいと考えている方に使っていただきたいのが、「RAKUNA整体枕」です。

この枕は、整体師が開発に加わっていて、

「正常なカーブを失い、まっすぐになった首を戻すように筋肉をほぐす」

という施術を寝ている間に実現します。

仰向けや横向きでも、頭が枕からズレない設計が施されていますので、理想的な首のカーブを実現して、肩付近の緊張を軽減させるのが最大の特徴。

実際にRAKUNA整体枕を使った肩の感想をチェックしてみると、ほとんどの方が寝起きの肩こりが緩和されていて、夜中に目が覚めることが少なくなり、朝までグッスリ眠れるようになったと実感しているようです。

通気性がバツグンであるのも見逃せないポイントで、汗をかいてもすぐに空気中に放出して、頭部の蒸れを防いでくれますから、これまで浅い睡眠に悩んでいた方も、深い深い快眠に誘われることでしょう。

朝起きて肩こりや頭痛を感じる方は要注意!枕が誘う快眠の秘密とは?

しっかり頭部にフィットして、肩こり改善と快眠をサポートしてくれるこのRAKUNA整体枕を使って、極上の眠りと爽やかな朝を体感してみてください。

きっと、朝から意欲的な1日を過ごそうという気分になって、充実した毎日が送れますよ!

RAKUNA

ページの先頭へ