天候の変化によって生じる天気痛・・・その原因と効果的な対策方法は?

天候の変化によって生じる天気痛・・・その原因と効果的な対策方法は?

天気痛・気象病

雨が降りそうになったら、体が痛くなったり、季節の変わり目にめまいを感じたりすることはありませんか?

天候によって、頭痛、腰痛、肩こりなどが発生し、古傷が痛むことを天気痛といいます。

さらに、気圧、気温、湿度の変化が影響して生じる症状全般のことを気象病と呼びます。

喘息、めまい、抑うつ、関節炎、吐き気、心臓発作、脳出血などが代表的な症状です。

天候の変化によって生じる天気痛…その原因と対策は?

天気痛の原因は気圧センサー細胞

天気痛には、耳の中のセンサーが関係しているといわれています。

耳の奥の内耳という場所には、気圧センサー細胞というものがあります。

通常、内耳にはリンパ液がたまっていて、体が傾いたときにリンパ液に流れが生じるようになっています。

しかし、気圧が変化すると、気圧センサー細胞が反応し、リンパ液に流れが生じます。

このとき、体は傾いていないので、目からは「バランスは崩れていない」という情報が届きますが、気圧センサー細胞からは「バランスが崩れた」という情報が届きます。

すると、脳が混乱してしまい、交感神経が興奮してしまいます。

交感神経が興奮すると、めまいが起こったり、古傷が痛んだりします。

このようにして、天気痛が生じると考えられていますが、詳細なメカニズムはいまだ解明されていません。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

天気痛の症状

天気痛には様々な症状があり、個人差もあります。

代表的な症状は、頭痛やめまいです。

頭痛には、片頭痛と緊張型頭痛がありますが、天気痛で生じやすいのは片頭痛です。

片頭痛は、こめかみの部分がズキズキと痛むことが特徴です。

めまいは、気圧の変化によって自律神経が乱れることで生じます。

乗り物酔いをしたときのような感覚です。

頭痛やめまいの他には、吐き気や倦怠感が生じることもあります。

気圧の変化で、体が重く感じたり、イライラしたりすることもあります。

また、腰痛や関節痛、神経痛など、天気痛は痛みを生じることも特徴です。

気圧の変化により、自律神経が乱れることで、古傷が刺激され痛みが生じることもあります。

ひざの痛みは、低気圧に気温の低下が重なることで悪化しやすいともいわれています。

天候の変化によって生じる天気痛…その原因と対策は?

日記とツボ押しで天気痛対策

天気痛には様々な対策があります。

ひとつには日記をつけるという方法があります。

たとえば、天候の変化によって頭痛が起きるという場合、頭痛が起きる日と、その日の天気を記録します。

そうすることで、自分の体調と天気との関連性を把握することができます。

また、天気痛にはツボをおさえるのがよいといわれています。

手首の横シワから指三本分下の場所に、内関と呼ばれるツボがあります。

このツボは、乗り物酔いに効果があるとされており、自律神経の働きを整えるので、天気痛にもよいといわれています。

内関を見つけたら、親指の腹を使って指圧します。

その他、乗り物酔いの薬を使うことも、天気痛に効果があるとされています。

この内関のツボを刺激する、天気痛ブレスというものもあります。

内側にある突起が、内関をやさしく刺激することで、天気痛や乗り物酔いを緩和することができるとされています。

携帯できていつでも装着できるので、天気痛に悩まされている方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

ページの先頭へ