【睡眠に関わる3つのホルモン】眠りが浅いと分泌されないことも?

【睡眠に関わる3つのホルモン】眠りが浅いと分泌されないことも?

睡眠の悩み

眠りに誘うホルモンの分泌は、朝日の影響を受ける

外的な環境が変わっても、カラダのはたらきを維持してくれるのがホルモンの役割です。

カラダが休息モードに入っている睡眠中にも、何種類のホルモンが分泌されていて、わたしたちの健康生活を支えていますが、逆に、睡眠が浅くなるとその量が減ってしまうものもあるんです。

今回は、快眠生活のために覚えておきたい、3つのホルモンについてのお話しです。

まずは、睡眠に不可欠なメラトニンから。

わたしたちは夜になると、いつも同じ時間に眠気をもよおして、布団に入ったら眠れるようなリズムを持っています。

これは、「メラトニン」というホルモンのはたらきによるもので、就寝の1~2時間前から分泌され、朝日を浴びると分泌がストップします。

そして、それから14~16時間後に再分泌が始まるというサイクルがあるのが特徴です。

【睡眠に関わる3つのホルモン】眠りが浅いと分泌されないことも?

メラトニンは、明るい光のもとで生活していると分泌量が減り、寝つきを悪くなるだけでなく、睡眠を浅くすることにもつながります。

夜も昼間と同じような空間で過ごしている方は、照明を落としたり、間接照明に替えたりしてみてください。

これによって、睡眠のリズムが整って、日々の生活が活動的になりますよ。

美容と健康を守る成長ホルモンの分泌は熟睡が条件?

眠ってから3時間の間に、1日の分泌量が最大になるのが「成長ホルモン」です。

文字通り、カラダの成長に関わるホルモンで、疲労回復や新しい肌細胞への生まれ変わり、傷ついた細胞の修復など、健康と美容を維持するために欠かせない存在となっています。

この成長ホルモンは、睡眠が浅い状態だと分泌量が激減するという特徴があるんです。

布団に入ってもなかなか寝付けない方や、一度眠りについても、夜中に何度も起きてしまうという方は、成長ホルモンの分泌量が少なくなって、疲労が翌日まで持ち越されて、肌トラブルも増えやすくなります。

「睡眠が浅いと太る」は本当だった

睡眠と関わりが深い3つ目のホルモンは、ストレスによって分泌量が増える「コルチゾール」です。

人間は外部からストレスを受けると、このコルチゾールを分泌してカラダをダメージから守ろうとはたらきます。

たとえば、血圧や血糖値の低下を防いだり、体内の炎症を抑えたりといった作用です。

その一方で、分泌量が多くなると、記憶を司る脳の「海馬」を傷つけるとか、食欲を抑えるホルモンのはたらきを鈍くするといった負のはたらきも持ちます。

「ストレス太り」

という語源は、こうした作用にあるんですね。

【睡眠に関わる3つのホルモン】眠りが浅いと分泌されないことも?

コルチゾールは、浅い睡眠が続くと増加し、逆に、睡眠が深くなると抑制されるという特徴がありますから、やっぱり睡眠の質をキープすることが大切と言えます。

ホルモンの分泌量を適量にする快眠グッズとは?

このように、浅い睡眠はホルモンの分泌にも悪影響を及ぼしますから、毎日ぐっすり眠れていないと実感している方は、快眠グッズの使用を検討してみましょう。

当サイトでも、さまざまなグッズを販売していますが、浅い睡眠の対策に使っていただきたいのは、「睡眠用たわし」という枕です。

【睡眠に関わる3つのホルモン】眠りが浅いと分泌されないことも?

たわし素材の上に頭を乗せると、今まで感じたことがないチクチクした刺激を感じますが、それがすぐに快感に変わるのが最大の特徴。

硬いたわしは、頭皮をマッサージするように刺激するので、眠りに誘う副交感神経が活発になりやすいんです。

また、通常の枕に比べて、頭部の温度が5度ぐらい低くなるほか、たわし繊維の間に水分を放出するための広い空間が確保されていることから、発汗による寝苦しさで夜中に目が覚めることも少ないんです。

自分に合った枕に、まだ出会えていないという方は、この睡眠用たわしを絶対に使ってみるべきです。

今までにない心地よい感触と、寝心地の良さ、そして、眠りにつくまでの時間の短さに、きっとビックリすると思いますよ。

ページの先頭へ