疲労回復につながる深い睡眠のコツ!寝る前の行動で睡眠の質が上がる

疲労回復につながる深い睡眠のコツ!寝る前の行動で睡眠の質が上がる

安眠・快眠方法

眠気の発生は疲労回復のサイン

わたしたちはいつも、ほぼ決まった時間に眠気を感じていますよね?

これは、朝起きたて太陽の光を浴びることで、分泌がストップするメラトニンという睡眠ホルモンの作用です。

メラトニンには、分泌が止まってから14~16時間後に再分泌が始まるという性質があるため、起床時間がいつも同じであれば、眠くなる時間も同じになるというワケなんです。

睡眠は、1日の活動で疲れ切ったカラダやココロの疲労を回復させるという、生命活動の維持に重要な活動ですから、メラトニンのリズムに合わせて生活することがとても大切なんですね。

とは言っても、仕事や育児に追われる日々を送っていて、寝る時間を削らざるを得ないという方も多いのも事実。

そんな方は、できるだけ適正な睡眠時間をとることを目標にしながらも、寝る前に脳が休まる行動を積極的に行なって、深い眠りを確保するようにしてみてください。

たとえば、情報検索という行動。

パソコンやスマートフォンを夜になっても使っていると、脳は覚醒した状態になり、そのまま眠っても深い睡眠が得られなくなり、疲労回復がかなわなくなるんです。

「情報を探す」

という行為そのものが、脳の活性化につながりますから、布団に入る2時間ぐらい前になったら、心地よいヒーリング音楽を聞くとか、読書をするなどして、脳をリラックス状態に導きましょう。

疲労回復につながる深い睡眠のコツ!寝る前の行動で睡眠の質が上がる

Sleepion

忙しい人にこそ実践してほしい快眠入浴術

もう1つ、疲労回復のために、みなさんの生活に取り入れて頂きたいのが、快眠につながる入浴。

わたしたちのカラダは、寝ている間に臓器の疲労回復を進めるために、カラダの深部の体温を下げるんですね。

しかし、風呂に入るのが寝る直前になると、体温が一気に上がった状態になり、布団に入ってもなかなか寝付けなくなるんです。

こうしたカラダの特徴を利用して、寝つきをよくする方法があるんです。

それは、寝る2時間前に、少しぬるめのお湯(38度ぐらい)に肩まで浸かり、15分ほどリラックスするという入浴。

カラダは芯からポカポカになり、1日の活動でたまった疲労やストレスも、しっかり抜けてゆきます。

入浴に寄って深部体温は一気に上昇するのですが、布団に入るまで2時間あるので、この間に急激に体温が降下するんです。

この体温の急降下が激しければ激しいほど、寝つきはよくなり、深い睡眠も得られて疲労回復が促されます。

疲労回復につながる深い睡眠のコツ!寝る前の行動で睡眠の質が上がる

最後に、心地よい眠りに誘う、おススメの睡眠家電「Sleepion」を紹介します。

心身のリラックスには、五感を心地よく刺激するのが効果的。

このSleepionは、音(聴覚)と光(視覚)、そして香(嗅覚)で、脳を休息モードに導いて、非常に深い睡眠を得られるように設計された、医学博士監修のガジェットなんです。

自然の中で揺られているような快適さを感じる音と、夜の明るさとして理想とされる「月明かり」を再現。

さらに、アロマの香りで寝つきをよくし、疲労回復が進む睡眠も促してくれるんです。

3つの機能が1つにまとまったスグレモノで、睡眠に悩みを抱える方にも安眠を提供してくれると、口コミでも大評判なんですよ。

今回紹介した、寝る前の行動のひと工夫で、眠りの質は上がってゆき、昼間の脳の活性化や、健康状態のアップも実感できます。

毎日忙しく暮らしている人こそ、こうした習慣の改善や、快眠をサポートするグッズで、心地よい眠りを手に入れてくださいね。

Sleepion

ページの先頭へ