【歯ぎしりの治療に行く時間がない】今すぐ使うべき快眠グッズとは?

【歯ぎしりの治療に行く時間がない】今すぐ使うべき快眠グッズとは?

睡眠・不眠対策グッズ

マウスピースで緩和される歯や歯茎のダメージ

寝ている間に歯を食いしばったり、カチカチ鳴らしたりする歯ぎしり。

自覚症状が少ないだけに、自分が歯ぎしりをしていることに気が付かず、知らず知らずのうちに歯がボロボロになり、他の部位にまでダメージを与えていることが非常に多いんです。

まずは、下記のような症状が頻発するようになったら、自分も歯ぎしりをしている可能性が非常に高いと認識してくださいね。

・朝起きたら、顎の周辺に痛みがある

・歯の先がギザギザに削れている

・歯茎に炎症が起きていて、歯がグラグラしている

・肩こりや頭痛がひどい

・冷たいものを口に入れると、歯にしみる

【歯ぎしりの治療に行く時間がない】今すぐ使うべき快眠グッズとは?

歯ぎしりをしている可能性があると分ったら、歯科か口腔外科に行きましょう。

現在のところ、歯ぎしりを根本的に治療する方法は確立されていませんが、食いしばりなどによって発生する強烈な圧力を緩和してくれるのが「マウスピース」です。

寝る前に歯に装着すれば、歯ぎしりをしても力を分散して、ツラい症状を緩和してくれます。

ただし、マウスピースは、診察してもらったその日にすぐ作ってもらえるのではなく、レントゲン撮影や型取り、成型後の調整など、完成するまでかなりの時間がかかるのがネック。

しかも、歯医者で定期的に診察を受け、マウスピースを微調整することもあるため、忙しい方にとってはお手軽な手段とは言えません。

ドラッグストアなどで、すでに成型されたマウスピースを使うという手もあるのですが、こちらは自分の歯型に合わないと眠りが妨げられてしまって、かえってストレスがたまってしまうというデメリットが。

【歯ぎしりの治療に行く時間がない】今すぐ使うべき快眠グッズとは?

歯ぎしりマウスピース

自宅でも“マイマウスピース”が作れるスグレモノ

マウスピースは、歯医者に行って作るのがベストですが、実は治療を受けなくても、自宅で自分の歯型に合ったタイプのものを作ることができるんです。

それが、「歯ぎしりマウスピース」という、アメリカの腕利き歯科医が監修に携わったマウスピースで、プラスチック状の本体をお湯に浸けると、なんと柔らかい素材に変化するんです。

その状態で歯型をとってしばらくすると、今度は固くなって、あっという間にオリジナルのマウスピースができちゃいます。

自分に合ったマウスピースですので、装着感がバツグンなのはもちろんこと、本体に唾液が通り抜ける穴が配置されていますから、従来のマウスピースにありがちの

「歯茎との間に唾液がたまって、気になって眠れなくなる」

という問題点も解消しています。

プラスチック製のこのマウスピースは、厚さはわずか1.6ミリ、重さは4gと、小型&軽量の設計になっていますから、口が小さい女性にもおススメなんですよ。

歯ぎしりというのは、単に歯や歯茎にダメージを与えるだけではありません。

歯ぎしりによるダメージで歯周病が悪化すると、歯周病菌が全身にまわり、死につながる病気を引き起こすリスクも高めるんです。

また、歯が抜け落ちてゆくと物がしっかり噛めなくなり、生活の質まで低下してゆきますから、歯がしっかり生えているうちに、歯ぎしりの対処を進めてゆくようにしてくださいね。

歯や歯茎の症状で気になった箇所があったら、すぐに治療を受けることもお忘れなく!

【歯ぎしりの治療に行く時間がない】今すぐ使うべき快眠グッズとは?

歯ぎしりマウスピース

ページの先頭へ