知らないと数千円も損する?古くなったマットレスの賢い捨て方とは

知らないと数千円も損する?古くなったマットレスの賢い捨て方とは

睡眠・不眠対策グッズ

スプリングの入ったマットレスは捨てる費用が高い?

どんな商品にも、耐用年数というものがありますが、寝具は実に分かりにくいものです。

寝具は毎日使う物であり、しかも人生の3分の1もの長い時間をともにしていますから、体圧などをきちんと分散できなくなっていたり、吸水性が低下していたりしても、見た目では判断が難しいですね。

でも、機能が低下した寝具を使っていると、睡眠が次第に浅くなって不眠症を招き、さまざまな病気リスクが高まります。

ネットなどで、今使っている寝具の耐用年数を調べてみて、あきらかに使い過ぎだと分ったら、快眠と健康生活のために買い替えることをおススメします。

寝具を買い替えるとなると、これまで使っていた寝具は捨てることになりますが、これが意外と大変なんです。

とくに、問題になるのがマットレス。

小型で折りたためば小さくなるマットレスでしたら、行政の指定する捨て方に従って粗大ごみとして出せて、費用は300~2,000円ぐらいで済みます。

知らないと数千円も損する?古くなったマットレスの賢い捨て方とは

ところが、大型のサイズで、マットレスの中に金属製のコイル(スプリング)が入っているタイプになると、役所では対応していないことが多く、「処理困難物」として扱われるんです。

専門の業者を紹介してくれる行政機関もありますが、通常は、自分で捨て方を探さなくてはなりません。

究極の腰痛対策セット

まずは新品のマットレス購入店に依頼してみる

手間を極力かけず、処分費用も抑えるという捨て方でおススメなのは、新しい寝具を買うお店で引き取ってもらうという方法です。

店舗によって条件は異なりますが、だいたい3,000円ぐらいで引き取ってくれますから、効率的なマットレスの捨て方と言えるのではないでしょうか?

新しく購入するマットレスの代金が高い場合は、この引き取り費用が無料というケースもあるようですよ。

知らないと数千円も損する?古くなったマットレスの賢い捨て方とは

次におススメなのが、マットレス引き取り専用業者に頼むという捨て方。

こちらは、マットレスの大きさや、引き取り先にエレベーターがあるか、自宅は何階かといった条件によって費用が変わってきますが、相場ではシングルで5,000円、ダブルだと10,000~15,000円となっています。

忙しくて、なるべく早く処分したいという方は、このマットレスの捨て方が一番かもしれません。

ただし、業者にはピンからキリまであり、同じ捨て方でも料金が大幅に変わってくることもありますので、時間がなくても数社に問い合わせて見積もりを取り、費用の比較をするべきですね。

数千円以上の差が出ることがありますよ!

最後に、少々手間はかかっても、一番安い方法でマットレスを処分したいという方に、耳寄りな捨て方をご紹介します。

それは、「マットレスを解体する」という方法。

マットレスは、外の布地とクッション材、スプリング、ファイバー、鉄製のフレームなどで構成されていますから、これらをペンチやカッターで解体してゆくのです。

(詳しい手順は、検索サイトで「マットレス 解体」と入力してみてください)

こうすれば、部品ごとに粗大ごみで出したり、専用処分場で引き取ってもらったりすることができ、最安の費用で処分できちゃいます。

知らないと数千円も損する?古くなったマットレスの賢い捨て方とは

以上のポイントを参考に、自分に最適なマットレスの捨て方を選んでみてくださいね。

究極の腰痛対策セット

ページの先頭へ