夜の快眠につながる昼以降の過ごし方!熟睡を得るコツとグッズ5選

夜の快眠につながる昼以降の過ごし方!熟睡を得るコツとグッズ5選

安眠・快眠方法

睡眠不足は深い眠りでカバー

毎日適正な睡眠時間を確保して、朝までグッスリ眠る毎日を繰り返していれば、日中は脳がスッキリして仕事や家事がはかどりますし、睡眠不足が起因となる健康リスクも下がります。

朝の目覚めがよければ、気持ちも前向きになりますし、ストレスにも強くなれるんです。

しかし、夜型で多忙な社会における生活で、満足な睡眠をとれている方はほんの一部で、ほとんどの方が寝不足のツラさを感じ、日時上生活にも支障が出ていると感じているのが実状。

心身の健康を末永く維持するには、適正な睡眠時間を確保して、深い眠りを得ることが重要ですが、忙しい毎日を送っているとなかなか難しいものですよね。

何か用事が増えたら、それに費やす時間は睡眠時間を削って作ることになります。

そこでみなさんにおススメしたいのが、快眠につながる生活習慣を取り入れて、熟睡をサポートするグッズの利用です。

ちょっとした生活の工夫で、日中の充実度はグンとアップしますし、睡眠不足を補えるぐらいの深い睡眠が得られるようになりますよ。

夜の快眠につながる昼以降の過ごし方!熟睡を得るコツとグッズ5選

カラダの仕組みを利用して熟睡を得る方法

みなさんもご存知の通り、わたしたちのカラダには体内時計が備わっていて、そのリズムに沿って活動を続けています。

朝になれば目が覚めて、夕方過から次第に心身が弛緩してゆき、夜になったら眠くなりますよね

こうした1日のリズムは、間違った生活習慣で乱れやすく、快眠の妨げになってしまいますから、下記に挙げる5つの行動や快眠グッズで、熟睡できるコツをマスターしてください!

今回は、昼以降の行動にフォーカスします。

快眠のコツ①:昼の2時までに15分程度の昼寝をする

昼間の眠気がひどくて、仕事や家事の効率が下がって困っている方は、

「午後2時まで、15分程度」

という条件で、昼寝をする習慣を身につけましょう。

タイミングとしては、眠気をもよおす副交感神経がはたらく昼食後がベストです。

ただし、横になって寝るのではなく、椅子の上に座ったまま寝るとか、突っ伏した状態にすることが夜の快眠につながるコツです。

これによって、疲労回復につながる浅い睡眠がとれますから、起きた後カラダも心もスッキリしますよ。

快眠のコツ②:帰りの電車では居眠りしない

お昼過ぎの昼寝は、夜の睡眠に影響しませんが、帰宅時に電車の中で寝る習慣は、寝つきの悪さと浅い眠りを招きます。

長距離通勤の方には、ちょっと酷かもしれませんが、電車に乗ったら座席に座らず、立った状態で自宅に向かいましょう。

夜の快眠につながる昼以降の過ごし方!熟睡を得るコツとグッズ5選

快眠のコツ③:コンビニには長居しない

ひとり暮らしの方でしたら、夕飯や雑貨を買うために、コンビニに寄ることも多いでしょう。

ここでの注意点は、買い物が終わったらすぐに家に向かうということです。

雑誌や漫画の立ち読みは、快眠の妨げになるんですよ!

コンビニの照明は非常に明るく、脳を強烈に覚醒させるんですね。

これによって、夜にはたらく副交感神経が優位にならず、交感神経が活発になって寝つきの悪さをもたらすのです。

コンビニに限らず、自宅でもなるべく照明は暗くして、脳にやさしい間接照明を使うといいですよ。

耳かき用たわし

快眠のコツ④:寝る前に耳の中を“耳かき用たわし“で刺激する

耳かきをすると、すごい気持ちがいいですよね~。

これは、耳の内部に副交感神経が刺激されるツボが集中しているからで、ここを寝る前に刺激することで心地よい寝つきが実現するんです。

快眠につながる耳かきのコツは、「耳かき用たわし」を使うこと。

耳かき用たわし

心地よい刺激を与えてくれるナイロン素材を使ったこの耳かきは、優しく耳の中を刺激して、心身をリラックス状態に導いてくれます。

一度使うと、今まで味わったことがない快感が得られて、間違いなくクセになるでしょう。

今まで味わったことがない快感が得られますよ!

快眠のコツ⑤:マウステープを貼って寝る

わたしたちは日中、鼻から空気を取り込んで呼吸をしていますが、これが睡眠中は口呼吸に変わりやすく、いびきをかく原因に。

いびきをかくと、寝ている間でも交感神経が刺激されて、眠りが浅くなってしまいますから、寝る前にマウステープを貼って正しい呼吸を維持しましょう。

夜の快眠につながる昼以降の過ごし方!熟睡を得るコツとグッズ5選

「スージーマウステープ」は、貼心地のよさにこだわった快眠グッズで、既存の商品にありがちな

「粘着部分が気になって、かえって眠れない」

といった問題点を解決。

テープを貼っていることを忘れてしまうほど、自然な一体感をおぼえ、朝までしっかり口の開閉を防いでくれるんです。

今回は、いずれも手軽で今日からできる快眠のコツとグッズを紹介しました。

私たちの脳は、非常にデリケートにできていて、ちょっとした刺激で興奮しやすく、規則正しいリズムを刻んでいるということを認識して、さっそく、できることから実践してみてください。

スージーマウステープ

ページの先頭へ