花粉の影響で睡眠の質が低下?今日から使いたい快眠対策の枕とは?

花粉の影響で睡眠の質が低下?今日から使いたい快眠対策の枕とは?

睡眠・不眠対策グッズ

春は不眠の悩みが出る季節?

日に日に、暖かさが増してきて、春本番を迎えようとしています。

「春眠暁を覚えず」

という言葉が昔からあるように、この時期は深い睡眠が得られやすく、体内時計のリズムも整えやすいんです。

その一方で、日中と夜の寒暖差が一番激しくなる季節でもあるので、不眠を訴える人も多くなります。

その原因は、自律神経の乱れ。

気温差が大きくなると、生命活動をコントロールしている自律神経が乱れやすくなり、快適な眠りに誘って睡眠の質をアップさせる、副交感神経がはたらきにくくなるんです。

さらに、こうした気候変動に追い打ちをかけるのは、花粉によるアレルギーです。

花粉の影響で睡眠の質が低下?今日から使いたい快眠対策の枕とは?

スギやヒノキの花粉は、今の季節に飛散量のピークを迎え、鼻炎やかゆみを引き起こして深い睡眠を妨げます。

寝ている時に、カラダがムズムズして目が何度も覚めるという方は、年々、増えているようですね。

また、わたしたちは普段、鼻から呼吸をしていますが、寝ている間に鼻がつまってしまうと、どうしても口呼吸に移ってしまいがちに。

これによって、空気の通り道である気道が狭まって、いびきを発生させます。

さらに、毎日のようにいびきをかくようになると、気道がさらに狭くなって無呼吸の状態になり、息苦しさで何度も目が覚めてしまいます。

こうなると、深い睡眠の時間が少なくなってしまうので、睡眠の質はさらに低下してゆくんです。

ちなみに、無呼吸で目が覚めなくても、カラダが酸素不足の状態になることで脳が覚醒し、快眠は妨げられてしまいます。

花粉の影響で睡眠の質が低下?今日から使いたい快眠対策の枕とは?

丸洗いできる枕の魅力とは?

花粉の影響を受けずに、毎晩グッスリ眠って睡眠の質を守るには、寝室の衛生管理が何よりも重要です。

外出先から戻ったら、玄関先で衣服についた花粉を落とす、寝室には外出着を持ち込まないといった行動を、まずは徹底すべきでしょう。

見落としがちなのは、寝具の花粉です。

天日干しすると、布団の中にまで花粉が入ってしまいますから、花粉の飛散がひどい春シーズンは、布団乾燥機を使って湿気を飛ばすようにしましょう。

また、枕の見直しも、快眠には不可欠です。

一般的な枕は洗えませんから、丸洗いできるタイプのものと交換するのも、睡眠の質を上げる有効手段です。

そこで、みなさんに使っていただきたいのは、表面にたわしを使った「睡眠用たわし」という枕。

花粉の影響で睡眠の質が低下?今日から使いたい快眠対策の枕とは?

たわしの硬い繊維が頭皮を刺激して、バツグンの寝心地を実現しており、快眠グッズとして昨年からテレビでも頻繁に紹介されているんです。

最大の特長は、強力な撥水性と通気性があること。

水をたっぷり含ませて洗った後に干しておくと、普通の枕でしたら水分によって重さが4.2倍になりますが、睡眠用たわしだったら1.02倍という、ほとんど変わらない状態になるんです!

(ポリエステル製の枕との比較、洗浄して室外干しし、30分経過時に比較)

こうした高い機能を持っているため、睡眠用たわしは毎日洗ってもOK!

花粉はもちろんのこと、ダニやその死骸、フケやほこりなど、快眠をジャマする汚れやごみは、しっかり落とせるんです。

睡眠用たわしは、たわしを使っていることで、その表面が驚くほどチクチクしています。

ほとんとの方が、最初のうちは違和感をおぼえると思いますが、それはすぐに快感に変わることでしょう。

そして、今まで味わったことがない寝つきの良さを感じ、睡眠の質がグングン上がるのを実感できるハズ!

春の季節は、花粉から快眠を守り、夏は暑苦しさから解放してくれる睡眠用たわし。

寝心地のよさは、1年中続きますから、快眠を求めている人の必需品と言えますね

ページの先頭へ