睡眠時無呼吸症候群のサイン、見逃していませんか?その原因と治療法は

睡眠時無呼吸症候群のサイン、見逃していませんか?その原因と治療法は

睡眠の悩み

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まる病気です。

平均して1時間に5回以上、それぞれ10秒以上呼吸が止まる場合は、この症候群の可能性があります。

医学的には、睡眠中に無呼吸を繰り返し、日中に眠くなる、熟睡感がないなどの症状を呈する疾患と定義されています。

寝ている間の無呼吸に気づくことは少ないため、検査や治療を受けていない潜在的な患者がたくさんいるとされています。

この病気は、単に呼吸が止まるだけではなく、心臓や脳、血管に大きな負担をかけています。

また、高血圧、脳卒中、狭心症などを合併する危険が高まります。

しかし、適切な治療を受けることで、症状が緩和されますので、早期発見・早期治療が大切になります。

見逃していませんか?睡眠時無呼吸症候群のサイン…その原因と治療法は

睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるサイン

睡眠時無呼吸症候群の特徴的な症状としては、「大きないびき」が挙げられます。

睡眠時無呼吸症候群では、いびきを伴うことが多く、無呼吸から呼吸が再開するときに大きないびきが生じます。

また、眠っているときは、副交感神経が優位になっていますが、無呼吸状態を繰り返すことで、交感神経が優位になります。

交感神経が興奮すると尿が作られますので、「夜間にトイレに行く回数が増える」のも、睡眠時無呼吸症候群の症状とされています。

睡眠時無呼吸症候群の人は、深い眠りが得にくいため、「熟睡感が得られず、昼間の眠気」が生じます。

また、無呼吸状態が続くと、脳が十分に休息することができないため、「起床時に頭痛」が生じることがあります。

さらに、「記憶力や集中力の低下」がみられることもあります。

睡眠は脳と体を休める大切な時間ですが、その時間にしっかりとした休息がとれないからです。

これらの症状がある人は、睡眠時無呼吸症候群を疑ってみましょう。

閉塞性と中枢性、2つのタイプの原因

睡眠中に呼吸が止まってしまうタイプには2つあり、一つは「閉塞性睡眠時無呼吸タイプ」と呼ばれるものです。

空気の通り道である気道が塞がれてしまうタイプで、睡眠時無呼吸症候群のほとんどの人がこのタイプです。

原因としては、肥満による首周りの脂肪の増加、首が太くて短い人、顎が小さい、扁桃肥大などが挙げられています。

もう一つのタイプは、「中枢性睡眠時無呼吸タイプ」と呼ばれるもので、呼吸中枢の異常が原因とされています。

このタイプは、気道は開いたままなのに、脳から呼吸指令が出なくなります。

見逃していませんか?睡眠時無呼吸症候群のサイン…その原因と治療法は

口腔内装置とCPAP療法による治療

閉塞性タイプの場合、肥満が原因だと、生活習慣の改善でよくなることがあります。

生活習慣の改善では治らない場合、「口腔内装置」や「CPAP療法」など行われます。

口腔内装置は、下あごが前方に出るマウスピースを作成し、気道を広げるものです。

CPAP療法は、気道に空気の圧力を持続的にかけることで、気道が塞がるのを予防するものです。

中枢性タイプの場合は、原因と考えられる循環器病の治療が行われます。

睡眠時無呼吸症候群は、以前は病気だとは考えられていませんでした。

しかし、現在では、循環器病と関連する病気であると考えられています。

病状が進行すると、合併症を起こす危険性もありますので、症状に気づいたら、専門医を受診するようにしましょう。

ページの先頭へ