天気痛に悩む人の救世主!快眠もサポートする“天気痛耳せん”が登場!

天気痛に悩む人の救世主!快眠もサポートする“天気痛耳せん”が登場!

睡眠・不眠対策グッズ

耳栓が天気痛防止に役立つワケ

急に雨が降ったり、台風が近づいてきたりすると、めまいが発生したり、片頭痛がひどくなったりしませんか?

これは、気圧の変化を耳(内耳)が感知して、乗り物酔いのような症状を引き起こし、さらに、痛みを感じさせる物質を分泌させることで、さまざまな痛みを発生させる「天気痛」という病気です。

あまり知名度がない病気であるがゆえに、自分が天気痛であることに気が付いていない方が非常に多いのですが、日本人の3人に1人は、この病気を発症していると推測されているんです。

天気痛の研究は進んでいますが、今のところ、完治させる治療法はありません。

これまでは、酔い止めの薬や鎮痛剤を飲むとか、マッサージをするといった方法で、ツラい症状を緩和するしかできませんでした。

しかし、天気痛研究の第一人者である佐藤純医師が、カラダにやさしい天気痛グッズを2つ開発してくれたんです!

1つ目は、天気痛ブレスというブレスレットで、腕にある「内関」というツボを刺激して、血行やコリを改善し、すっきりした気分にしてくれるんです。

ツボの刺激で、自律神経の乱れが整いやすくなりますから、痛みなども和らいでゆくんですね。

内関は、自分で刺激することも可能ですが、常に移動するという特徴があるため、捉えにくいんですね。

しかし、天気痛ブレスには20数個もの突起が取り付けられているので、このツボをしっかり刺激することができるんです。

天気痛ブレスの設計には、著名な鍼灸師も協力しているので、利用者の満足度は非常に高いんです。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

1日中付けていられる魔法の耳せん

もう1つの天気痛防止グッズは、「天気痛耳せん」というシリコンタイプの耳せんです。

耳栓を装着すれば、耳が気圧の変化を感知することを防げますので、さまざまな不快症状の緩和につながります。

しかし、一般的な耳栓は、耐久性が悪いとか、耳に大きな圧迫感があるなど、さまざまなデメリットが・・・。

その点、天気痛耳せんは、快適な装着感を実現するシリコン素材を採用していますので、付けているのを忘れてしまうぐらいフィット感が素晴らしいんです!

また、本体には「傘」を取り付けていますので、気圧の変動を防いで耳の穴を閉鎖空間にできるんです。

耳栓本体は小さいですが、内部には圧力をコントロールするフィルターを取り付けるなど、機能性は非常に高く、耐久性もしっかりしているのが特徴と言えます。

天気予報をチェックしてこれから天気が悪くなると分ったら、天気痛耳せんをすぐに装着することで、スッキリした気分で生活できるようになるでしょう。

さらに、寝る前にこの耳せんを使うと、非常に静かな環境で眠ることができますし、睡眠中も外部の音で目が覚めることも減りますから、睡眠の質がアップすることも期待できるんです。

天気痛の症状が和らぐだけでなく、快適な睡眠に誘ってくれる天気痛耳せん。

天気痛に悩む人にとっては、救世主的な存在です。

自分は天気痛を発症していないという方も、試しに使ってみてください。

寝る前の耳栓として使うだけでも、驚くほどグッスリ眠れるようになりますよ。

ページの先頭へ