快眠のキモは耳にあり!寝る前の耳かきと耳栓の着用で睡眠の質向上?

快眠のキモは耳にあり!寝る前の耳かきと耳栓の着用で睡眠の質向上?

睡眠・不眠対策グッズ

耳は自律神経を整えるツボの宝庫

みなさんは毎日、満足のゆく睡眠がとれていますか?

睡眠時間の長さや、眠りにつく時間は人によって変わってきますが、7~8時間程度の睡眠を毎日確保して、平日も休日もほぼ同じ時間に起きていたら、良質な睡眠が得やすくなります。

しかし、多忙な毎日を送っていると生活習慣が乱れて、さまざまな睡眠障害を起こしやすくなります。

・布団に入っても、眠りにつくまで時間がかかる(入眠障害)

・夜中に何度も目が覚めてしまう(中途覚醒)

・朝早く目が覚めて、再び寝付くことができなくなる(早朝覚醒)

こうした不眠が継続すると、朝起きたら「寝た気がしない」と感じ、心身の疲労を強く感じるようになります。

そして、日中は判断力や注意力、集中力が低下して、強い眠気に襲われてしまい、日常生活に影響が出ることも。

快眠のキモは耳にあり!寝る前の耳かきと耳栓の着用で睡眠の質向上?

不眠が進むと、重篤な病気を引き起こしやすくなりますし、精神面にも大きなダメージが加わって、自律神経失調症やうつ病を引き起こしやすくなります。

正しい睡眠の基本は、適正な睡眠時間の確保ですが、忙しいとなかなか実行できないものです。

それでしたら、せめて布団に入ったらすぐに眠って、朝まで深い眠りが得られるように、心身のリラックスに努めましょう。

今回、紹介するリラックス法は、「耳の刺激」と「音の遮断」です。

自律神経の1つである副交感神経が集中しているに耳は、快適な睡眠のツボがたくさんある一方で、寝ている間の音を脳に伝えて、危険を知らせるはたらきがあります。

寝る前に耳かきを行なうと、驚くほど気持ちがほぐれて寝つき安くなりますし、耳栓を使うと音を遮断できるので、夜中に目が覚めることが少なくなるんですよ!

耳かき用たわし

耳かき用たわしの刺激と美術館の静寂で快適睡眠を!

寝る前の耳かきにおススメなのは、たわし素材に近い素材で使って作られた「耳かき用たわし」です。

一見、耳に入れたら痛そうで、快眠とは程遠い形状をしているのですが、通常のタワシより柔らかくて弾力性に富んだ素材を使っているので、使い心地はバツグン!

デリケートな耳の皮膚をやさしく“チクチク”刺激して、気分をリラックスさせる副交感神経のはたらきを活発にします。

これによって、自然と眠気が強くなってきて、布団に入ったらコロッと眠って深い睡眠が得られるというワケです。

耳かき用たわし

そして、眠りつく前に装着したいのが「スージーイヤーグミ」。

一般的な耳栓のように、強い圧迫感のないシリコンタイプの耳栓で、自分の耳の形状に合わせることができます。

最大の特長は、その遮音性。

睡眠中は、周辺の生活音や外の騒音、そして、一緒に寝ている家族のいびきや歯ぎしりなど、熟睡を妨げる音の刺激を受けて目が覚めてしまいます。

でも、この耳栓を装着して寝れば、まわりの音をしっかり遮断して、美術館レベルの静かな環境を保つことができるんです。

寝る前に耳かき、そして耳栓の装着で、入眠障害や中途覚醒、そして早朝覚醒といった不眠症状は、次第にラクになってゆくでしょう。

いずれも、耳に負担がかからない快眠習慣ですから、みなさんもぜひ、お試しを!

スージーイヤーグミ

ページの先頭へ