入眠障害は“寝る前の耳かき”で解消?毎晩の寝つきがよくなる?

入眠障害は“寝る前の耳かき”で解消?毎晩の寝つきがよくなる?

睡眠・不眠対策グッズ

熟睡感の欠乏は自律神経の乱れが原因

わたしたちは日中、仕事や家事などでカラダを動かし続けているので、夜になるとヘトヘトになりますね。

そして、人間関係のストレスや、悩み事によってココロも疲れ果てた状態に。

こうした心身の疲労を回復させるのが、「睡眠」という生命活動なのですが、自律神経のはたらきが乱れると、疲れているのに眠れないという状態が続きます。

わたしたちの自律神経には、日中の活動を活発にする交感神経と、これにブレーキをかけて休息モードのスイッチを入れる副交感神経が、対の関係になって作用しています。

通常は、夕方過ぎると副交感神経が優位になり始め、交感神経のはたらきは抑えられてゆき、就寝時間近くになると眠気が発生するんです。

ところが、ストレスや生活習慣の乱れ、交感神経を刺激する行動によって、副交感神経がうまくはたらかず、いつまでも交感神経が優位になって脳が活性状態に。

これによって、布団に入ってもなかなか寝付けない「入眠障害」が発生し、やっと眠りについてもすぐに目が覚めてしまったり、深い眠りが得られなかったりするんです。

入眠障害は“寝る前の耳かき”で解消?毎晩の寝つきがよくなる?

朝起きた時、グッスリ寝た気がしないとか、頭痛や肩こりを毎日のように感じている方は、睡眠の質がどんどん低下しているので、すぐに改善を進めましょう。

副交感神経をしっかりはたらかせるには、リラックスできる環境を作り、毎日ストレスを解消するための時間をしっかりとることが重要です。

夜になったら部屋にアロマを焚き、ヒーリングミュージックで聴覚から心地よい刺激を受ける。

部屋の灯りには間接照明を使って、優しい光で脳の働きを抑え、ハーブティーなどのドリンクを飲みながら、のんびりした気分で読書する。

こうしたゆったりとした時間を過ごすことで、夜は副交感神経がはたらくようになります。

そしてもう1つ、リラックスタイムに実践して頂きたい習慣があります。

それは

「寝る前の耳かき」

です。

耳かき用たわし

耳かき用たわし

耳かきの刺激が楽しみになる寝る前の耳かき

耳かきって、耳垢がたまっていなくても、なんとなく耳の中を刺激したくなり、頻繁にやってしまいますよね?

こうした行動をとってしまうのには、理由があります。

それは、耳の中には副交感神経のツボがたくさんあるからで、ここを耳かきの先端で刺激すると、何とも言えない心地よい気分になるんです。

寝る前に耳かきをすれば、1日の活動で疲れ切った心身が癒され、心地よい眠りに誘われることでしょう。

ただし、リラックスのために使う耳かきには、注意が必要です。

たとえば、綿棒は耳垢を奥に押し込めてしまいますので、内耳や外耳に炎症が起こりやすくなります。

また、先端が鉄製のタイプでしたら、薄い皮膚を傷つけてしまうことも。

そこで、寝る前の耳かき習慣用におススメしたいのが、“耳かき用たわし”です。

最高級たわしの感触を実現していて、耳の皮膚に「得も言われぬ快感」を与えてくれるんですよ!

入眠障害は“寝る前の耳かき”で解消?毎晩の寝つきがよくなる?

初めて、耳かき用たわしを使う時は、少し抵抗感を覚えるかもしれませんが、耳の中に入ってしまえば

「痛くない!気持ちいい!!」

と感じるハズです。

今年のトレンドになりそうな耳かき用たわしの発売は、8月上旬を予定していますが、おそらく注文が殺到して品切れ状態が続くと考えられます。

発売と同時に手に入れて、今まで感じたことがない刺激と、快適な睡眠を手に入れるために、今から先行予約をしておくことをおススメします!

耳かき用たわし

ページの先頭へ