寝る前にお茶を飲んで深い睡眠を得る!飲んではいけないドリンクは?

寝る前にお茶を飲んで深い睡眠を得る!飲んではいけないドリンクは?

睡眠の豆知識

寝る前に水分補給をしないのは危険!

私たちは年を重ねるにつれて、尿の排出をコントロールする膀胱の機能が低下しますし、男性でしたら前立腺が肥大することによって、尿の出方が悪くなります。

これによって引き起こされるのが、「夜間頻尿」です。

医学的には、

「就寝してから一度でもトイレに行きたくなって目が覚めること」

と定義されていて、眠りの質を低下させて、睡眠障害を引き起こすこともあります。

こうしたトラブルを避けるために、寝る前にお茶などの水分を摂らない人も多いのですが、そのことが逆に、新たな睡眠障害の原因になっていることもあるんです。

睡眠中は、発汗によってカラダの水分が失われますし、それによって血液濃度が上がって、脳梗塞や心筋梗塞など、命に関わる病気につながる可能性ありますから、

「睡眠のさまたげにならず、眠りの質をアップさせるお茶」

を飲むようにしましょう。

寝る前にお茶を飲んで深い睡眠を得る!飲んではいけないドリンクは?

快適な睡眠につながる飲料の3つの条件

寝る前の水分補給に最適な飲料は、下記の3点を満たしている必要があります。

1.体を冷やさない

2.カフェインが入っていない

3.睡眠をサポートする成分が含まれている

ただし、飲み方によっては成分が変わるものもありますので、下記に挙げるポイントをしっかり抑えておきましょう!

寝る前は避けるべきお茶

(あったかい緑茶)

日本人の心とも言えるあったかいお茶は、飲むとカラダがポカポカしてきますし、香りにもいやされるので、寝る前に飲んでいる方も多いことでしょう。

しかし、緑茶には交感神経を刺激する成分が含まれていますので、布団に入ってもなかなか寝付けなくなるという反作用もあるんです。

さらに、利尿効果もあることから、夜中に目が覚めてトイレに行きたくなることも。

(ウーロン茶)

ホットにしてもおいしいウーロン茶にも、脳の覚醒効果があるカフェインが含まれています。

その量は、コーヒーなどと比べると少ないほうですが、人によっては入眠の妨げになりますから、注意が必要ですよ。

寝る前にお茶を飲んで深い睡眠を得る!飲んではいけないドリンクは?

寝る前に飲みたいお茶

(水出しした常温の緑茶)

お茶には面白い特性があって、お湯で作るとカフェインが出てくるのですが、水出しするとこの快眠を妨げる物質が出なくなるんです。

それどころか、深い睡眠をサポートする「テアニン」が生成されるため、快眠ドリンクにもってこいなんですよ!

冷たい緑茶だと、カラダを冷やしてしまいますから、寝る前に飲むなら常温にするのがベストです。

(ホット麦茶)

「麦茶をホットで?」

首をかしげる人もいるかもしれませんが、これがいけるんです!

少し手間はかかりますが、大麦を炒って麦茶を作ると、香ばしさがかなりアップ。

寝る前にお茶を飲んで深い睡眠を得る!飲んではいけないドリンクは?

また、「ピラジン」という成分の作用により、血流がアップしますから、自律神経の乱れが正常になって、睡眠の質が向上する効果も期待できるんですよ。

(ルイボスティー)

最後は、ほのかな甘みが人気のルイボスティー。

心の緊張を解きほぐして、リラックス状態に導く「ビテキシン」という成分が豊富です。

カフェインフリーですから、若い方からシニアの方まで、安心して飲めます。

もちろん、こちらも冷たい状態ではなく、ホットでいただきましょう!

いかがでしたか?

しっかりと飲むものを選べば問題がないことが分かったと思います。

それでも、眠りに関する問題が解消されない…とお悩みのあなたはNeltureの睡眠診断を試してみて下さい。

読者様だけの、お悩みを軽減するものが見つかるかも♪

ページの先頭へ