口呼吸になって睡眠障害が増える季節に使いたい!お手軽快眠グッズ3つ!

口呼吸になって睡眠障害が増える季節に使いたい!お手軽快眠グッズ3つ!

睡眠・不眠対策グッズ

花粉症じゃない人も鼻ズマリに?

今年の冬は“最強寒波”が何度も日本列島に襲来して、各地で大雪の被害が続出しています。

その一方で、日中の最高気温が次第に上がり始め、春の足音が聞こえ始めている今日この頃。

みなさんは、毎日快適な睡眠がとれていますか?

間もなく、花粉の飛散が始まりますし、朝晩の気温差が激しくなるため、鼻づまりに苦しむ人が増えてきます

花粉症じゃない人でも、寝ている間に鼻の通りが悪くなってしまっていることも。

口呼吸になって睡眠障害が増える季節に使いたい!お手軽快眠グッズ3つ!

この季節に気を付けたいのは、寝ている間の口呼吸です。

鼻がつまると呼吸が苦しくなりますから、自然と口から空気を取り入れるようになり、睡眠にさまざまな悪影響が及びます。

その代表格として挙げられるが、いびきです。

口呼吸が続くと、舌の根っこが下がりやすくなるため、空気の通り道である気道が狭くなるんです。

すると、空気が通過する時に気道が振動するので、一緒に寝ている家族の睡眠まで阻害する轟音が発生します。

さらに、口呼吸が続くと無呼吸の状態になり、カラダは酸欠になってしまいます。

これによって息苦しさを感じ、夜中に何度も目が覚めることが増えてしまいますし、交感神経が活性化して睡眠中も脳が活動を続け、深い睡眠が得られなくなるのです。

口呼吸になって睡眠障害が増える季節に使いたい!お手軽快眠グッズ3つ!

睡眠が浅くなると、朝起きた時に疲労を強く感じ、日中は集中力が低下して、仕事や家事に悪影響がでます。

さらに、生命活動をコントロールする自律神経が乱れ、夜になっても交感神経が活性化したままになるので、布団に入ってもなかなか寝付けなくなり、しまいには不眠症を引き起こしてしまうことも。

「たかが鼻づまり」

などと軽視せず、お手軽グッズを使って、快適な睡眠と快活な毎日を取り戻しましょう。

お手軽グッズ①:鼻腔拡張ストレッチャー

鼻づまりを防ぐのに効果的なのは、鼻炎薬ですが、副作用が強いのがネックですね。

そこで、おススメしたのが、鼻の穴に装着する「鼻腔拡張ストレッチャー」。

軽量なシリコンで作られていて、デリケートな鼻を傷つけることなく、内側からしっかり広げてくれるんです。

鼻腔を拡張するテープだと、切れやすいという欠点がありますが、耐久性バツグンのストレッチャーだったら、そんな心配は無用。

付け心地もいいので、初めてこのタイプの快眠グッズを使う方でも、違和感をおぼえることは少ないんですよ。

鼻腔拡張ストレッチャー

お手軽グッズ②:スージーマウステープ

鼻づまりはないけど、朝起きたらいつもノドが痛いと感じている方には、「スージーマウステープ」がおススメ。

唇に当たる部分に粘着剤を使っていないので、ベタベタすることなく、こちらも使い心地には定評があります。

口がしっかり塞がれることで、健康リスクを高める鼻呼吸がしっかり抑えられますよ。

口呼吸になって睡眠障害が増える季節に使いたい!お手軽快眠グッズ3つ!

スージーマウステープ

お手軽グッズ③:AS快眠枕

最後は、いびきを効率的に防いでくれる「AS快眠枕」です。

どんな格好(仰向け、横向き)で寝ても、気道をしっかり確保するための立体形状を採用しているのが最大の特長で、頭を乗せるとフワフワと気持ちよく浮いた感じが得られます。

しかも、汗をかきやすい後頭部と枕との間に空間ができるので、暑苦しさで目が覚めることも少ないんですよ。

以上、3つの快眠グッズを紹介しましたが、少しでも上質な睡眠を得たい方は、一層のこと、全部買ってみてはいかがでしょう?

正しい呼吸をキープしてグッスリ眠れるようになれば、頭のキレがよくなりますし、体も思った以上に動くようになりますよ!

AS快眠枕

ページの先頭へ