《医師監修》枕の高さや鼻腔テープ・・・睡眠時無呼吸症候群かもしれない時の対処法

《医師監修》枕の高さや鼻腔テープ・・・睡眠時無呼吸症候群かもしれない時の対処法

睡眠・不眠対策グッズ

(監修:精神科・心療内科 豊田早苗)

(※本ページで掲載している商品は、医師がおススメするものではありません。みなさんの快適な睡眠を実現するために、ネルチャーがご紹介している快眠グッズです。)

寝ている間に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群は、放置すると慢性的な疲労だけではなく、成人病など重篤な病気の原因にもなります。なかなか自分では自覚しにくい病気のため、気が付かない間に症状が悪化するケースも珍しくはありません。

「寝ている間に呼吸が止まっている」と指摘されたら、どのような対処を取ればよいのでしょうか?

睡眠時無呼吸症候群の原因は肥満が関係していることが多い

睡眠時無呼吸症候群のイメージは酷いいびきで、毎晩「ゴォ~ゴォ~」と大きな音を立てているものだと思います。これは肥満が原因であることが多く、気道が脂肪や組織の肥大によって狭くなっていることが原因です。

そこで大切なのは肥満解消。食事制限や運動によって、体重を適正水準まで落とすように管理します。直ぐにはできないと思いますが、10%でも体重が減っただけで症状が大幅に緩和されることもあります。肥満解消はまず行いたい対策ですね。

《医師監修》枕の高さや鼻腔テープ・・・睡眠時無呼吸症候群かもしれない時の対処法

枕を低くすることで呼吸を楽にする

本来、枕はその人の頭の形や大きさ、首の太さ、胸の厚みなどを測定して、選ぶことが重要ですが、多くの人はそこまでしないで、何となく枕を選んでいます。

そのためサイズが合わない枕を使用しているケースが多く、特に頭を持ち上げてしまう高枕を使用している人が多いようです。しかし枕が高いと頭を持ち上げて、首を圧迫して気道を狭くする状況を作り出します。

特に肥満傾向にある人が、高枕を使用すると首の脂肪で気道が塞がれてしまい、空気がスムーズに流れなくなってしまいます。睡眠時無呼吸症候群の疑いがある人は、枕をチェックして適正な高さのものに交換しましょう。低めの枕が対策としてオススメです。

AS快眠枕

鼻腔拡張テープで鼻呼吸を楽にする

睡眠時無呼吸症候群患者の多くが、普段から口呼吸を行っています。これは鼻腔が何らかの原因で塞がっているのが原因ですが、軽度の症状では鼻孔拡張テープで対応することが可能です。

一般的には「ブリーズライト」が有名な鼻孔拡張テープですが、それを鼻の上に貼ることで鼻腔を広げて空気の通りを良くします。寝る前に鼻孔拡張テープを装着することで、鼻呼吸が楽になることから、口呼吸の対策効果が期待できるのです。

《医師監修》枕の高さや鼻腔テープ・・・睡眠時無呼吸症候群かもしれない時の対処法

鼻腔拡張ストレッチャー

マウスピースで気道を確保する

寝る前にマウスピースを装着して睡眠時無呼吸症候群に対応する方法があります。これは専門の歯科医が作製する特別なマウスピース(スリープスプリント)で、下顎を上顎よりも前に出すことで気道を確保させる歯科装具です。

下顎を前に出ることで舌が前方へ引っ張られ、喉が開くことになります。これにより気道が確保され、いびきの軽減や無呼吸に対応することが出来ます。

マウスピースは全ての歯科医で作れるものではなく専門知識が必要なので、呼吸器内科の医師に歯科医を紹介してもらうことをオススメします。

歯ぎしりマウスピース

ナステントで気道を確保する

ナステントとは柔らかい素材で作られているチューブ状の装着具で、鼻から入れて軟口蓋(のどちんこ)までをつなぎます。つまりストローを鼻から入れて、喉まで入れると想像して下さい。そうすることで空気はチューブの中を通り、鼻の通りがよくなることで鼻呼吸ができるようになります。

口呼吸も軽減させることから、いびきや無呼吸などの症状が出なくなるのです。ナステントは保険適用になっていませんが、睡眠時無呼吸症候群を治療する多くの病院で採用されており、その効果は医師にも認められています。

しかし、適正に使用しないと誤飲の可能性もあり、実際にトラブルが生じ現在は取扱いが停止されています。ナステントを使用するには必ず医師の指導を受けることが大切です。

《医師監修》枕の高さや鼻腔テープ・・・睡眠時無呼吸症候群かもしれない時の対処法

睡眠時無呼吸症候群は放置しても治る病気ではなく、対処しなくては悪化する一方です。肥満傾向にある人はダイエットして、それでも無理なら専門医と相談した方がよいでしょう。

寝ている間に呼吸が止まるなんて…考えただけでも恐ろしいですから。


(※本ページで掲載している商品は、医師がおススメするものではありません。みなさんの快適な睡眠を実現するために、ネルチャーがご紹介している快眠グッズです。)

ページの先頭へ