寝ても寝足りない症状を改善!頻繁に起こる中途覚醒は口呼吸が原因?

寝ても寝足りない症状を改善!頻繁に起こる中途覚醒は口呼吸が原因?

睡眠・不眠対策グッズ

睡眠の質を下げる口呼吸の特徴

社会全体が夜型になり、ストレスを抜く暇もないほど忙しい毎日を送っている現代人の多くが、睡眠に対して何らかの不満を抱えています。

しかし、ほとんどの方は、適切な生活改善を行わないまま日々を送っているので、睡眠の質はどんどん低下してゆき、気が付いたら深刻な睡眠障害を引き起こしていることも。

不眠の症状は、いくつかの要因が重なって発生していることが多いので、すぐに深い眠りを確保して、心身の疲れを翌日に持ち越さないようにするのは難しいのが実状です。

でも、健康リスクが高まり、命に関わる重篤な症状を引き起こすケースも増えているので、できることは今日からでも行動に移して、質の高い睡眠を得ることを目指しましょう!

睡眠の質を高めるのに欠かせないのは、深い眠りを得ることです。

私たちの眠りの深さは、常に一定ではなく、深い眠りと浅い眠りを繰り返しています。

しかし、何らかの刺激を受けたり、自律神経が乱れたりすると、夜中に何度も目が覚める「中途覚醒」が発生し、深い眠りがえられなくなるために、朝起きた時に「寝足りない」と感じてしまうんです。

中途覚醒を起こす原因で、多くの人に見られるのが、“口呼吸によるいびき“です。

通常、わたしたちは鼻から空気を取り入れていますが、喉の周辺に脂肪がついたり、寝る時の姿勢が悪かったりすると、鼻の通りが悪くなって自然と口呼吸になってしまいます。

これによって、気道が狭くなっていびきが発生し、カラダが酸欠状態になることで息苦しさを感じ、夜中に何度も目が覚めてしまうんです。

また、酸欠状態が続くと、交感神経が活性化するので、心身の疲労回復が進まず、余計に眠りが浅くなってしまいます。

スージーマウステープ

免疫力の低下も招く危険な口呼吸

口呼吸の悪影響は、睡眠だけでなく、カラダの免疫力にも及びます。

鼻から空気を取り入れる時は、鼻毛や粘膜が雑菌や細菌、ホコリなどを食い止めますが、これが口呼吸になると、それらが体内に侵入してしまうんですね。

これによって、扁桃部分が炎症を起こしやすくなり、免疫力が一気に低下。

風邪を引きやすくなる、ケガが治りにくくなるといった症状が増えてくるのです。

こうした危険な口呼吸しなくなるようにするために効果的なのは、当サイトでも販売している「スージーマウステープ」です。

唇が触れる部分に「粘着剤」を使っていないため、一般のマウステープにありがちな“不快な粘着感”をおぼえることが少ないので、初めてマウステープを使う方でも、すぐに慣れると大好評なんです。

素材には、丈夫で通気性バツグンの不織布が使われており、肌への刺激も少ないため、テープなどに敏感な方でも安心して使用できます。

(※すべての方に、アレルギー反応が発生しないというワケではありません)

口呼吸は自覚症状が少なく、重症化すると呼吸が停止する「睡眠時無呼吸症候群」を発症しますので、深い睡眠を得るためだけでなく、病気の予防のためにも、マウステープを使ってみてください。

朝起きた時に、「グッスリ眠れた」と爽快な気分になれたら、1日の活動がとても快活になり、夜も布団に入ったらすぐに眠れるようになることでしょう。

スージーマウステープ

ページの先頭へ