天気の崩れと体調不良に因果関係あり!気象病におススメなのは耳栓?

天気の崩れと体調不良に因果関係あり!気象病におススメなのは耳栓?

天気痛・気象病

気温や気圧の変化が内耳に与える影響とは?

昔から、雨降りが近づくと古傷が痛むと訴える人は多く、体調不良は天気の崩れに影響されると考えられてきました。

その症状は、古傷の痛みだけでなく、頭痛や肩こり、吐き気、めまいなど多岐にわたり、日常生活がまともに送れなくなるほどひどくなる方もいるくらいです。

その一方で、医学的には因果関係が分かっていなかったため、長らく適切な対処方法も分からない状況でした。

ところが、今からさかのぼること20年。

愛知医科大学の佐藤純医師が、気圧が急激に低下すると、耳の奥にある内耳という器官が反応して、自律神経のはたらきを乱すことを突き止めたのです。

これが「気象病」という疾患で、さまざまな不快な症状(天気痛)を引き起こすことが解明されました。

刺激を受けた自律神経は、痛みを発生させる物質を分泌させますし、内耳から脳に

「カラダが傾いている」

という間違った情報が脳に伝わるため、乗り物酔いと同じような混乱が発生し、めまいも引き起こされるんです。

痛みは鎮痛剤、めまいは酔い止め薬を飲むことで、ある程度症状は抑えられます。

天気の崩れと体調不良に因果関係あり!気象病におススメなのは耳栓?

しかし、薬には必ず副作用が伴いますから、気象病が発生するたびに薬に頼っているのでは、カラダに大きな負担がかかってしまいますね。

また、薬は服用期間が長くなればなるほど、効き目が薄くなるという特徴がありますし、人によっては、今までは感じなかったレベルでの痛みにも反応することも。

ですから、薬のような副作用の心配がない気象病対策も、日々の生活に取り入れてゆきましょう。

カラダにやさしい気象病対策のなかでも、みなさんにすぐ実践して頂きたいのは、耳栓の利用です。

スージーイヤーグミ

気圧の伝達は耳栓で抑えられる!

気象病は、内耳に気圧の変化が伝わることで発生するのですから、耳の穴をふさいでしまえば、その影響を最低限に抑えることができます。

そこで役立つのが、耳栓というワケです。

天気をチェックして、これから気圧が下がると分ったら、すかさず耳栓を装着!

たったこれだけで、内耳の反応が最低限になりますから、交感神経の刺激や脳の誤動作も抑えられるんです。

ただし、耳にフィットしない耳栓であったり、耐久性が低い商品だったりすると、今度は耳自体にダメージが加わります。

スポンジタイプの耳栓であれば、耳を内側から圧迫することがありますし、使用中に切れてしまって、耳の中に耳栓が詰まってしまうなんてことあるんですよ。

天気の崩れと体調不良に因果関係あり!気象病におススメなのは耳栓?

耳への負担が少なく、安全性が高い耳栓は、シリコーンタイプの耳栓「スージーイヤーグミ」です。

圧力を加えれば、自分の耳の形状に合わせて形が変化しますから、スポンジタイプのような使い心地の悪さはなく、長時間の使用でも耳が痛くなることは、ほとんどありません。

遮音性も非常に高く、音がうるさい環境下でも、美術館にいるような静寂が得られるので、心のリラックスにもつながるんですよ。

気象病は、梅雨時だけでなく、寒暖差が激しい時期にも発生しますし、今までは天気痛の症状がない方でも、ある日突然、痛みなどが発生することもあります。

こうした事態に備えて、今から安全に使えるスージーイヤーグミを手に入れて、体調不良に備えておきましょう!

スージーイヤーグミ

ページの先頭へ