朝起きて歯を磨いても口臭が消えない!原因は寝ている間の口呼吸かも?

朝起きて歯を磨いても口臭が消えない!原因は寝ている間の口呼吸かも?

睡眠・不眠対策グッズ

唾液が減ることで口臭が発生

朝起きた直後というのは、誰でも少なからず口臭が発生しています。

ニオイの原因はさまざまですが、寝ている間は唾液の分泌量が減少しますので、口の中が乾いた状態になり、微生物が大量に発生するんです。

微生物の中には悪臭を放つものもあり、肺から上がってくる、前日の食事やお酒のニオイのガスと混ざって、何とも言えない強烈な口臭が発生します。

布団から出て歯磨きをすれば、雑菌の一部は殺菌されますので、口臭はかなりおさまります。

さらに、朝食を摂れば、噛むことで唾液がしっかり分泌されますので、ニオイはどんどん消え去ってゆくんですね。

 

朝起きて歯を磨いても口臭が消えない!原因は寝ている間の口呼吸かも?

しかし、このような朝の当たり前の活動を終えても、口臭がなくならないことがあります。

そんな時は、寝ている間の呼吸が、鼻からではなく口経由になっていることを疑ってください。

睡眠中は、ただでさえ唾液の分泌量が少ないのに、これに口呼吸が加わると口腔内の渇きが進み、口臭がひどくなります。

さらに、鼻呼吸でしたら、空気中の雑菌や細菌が鼻の中で食い止められますが、口呼吸の場合はそれらが体内に入り込んでしまいますから、喉付近で炎症が発生して「膿栓」という物質をつくり出すのです。

この膿栓は、ウイルスを死滅させた白血球などの残骸で、白い球状になって喉に付着し、口腔部とは別の、強烈な臭いを発生させます。

くしゃみや咳ばらいをした時などに、喉から白い玉が出てくることがありますが、これが膿栓の正体なんですよ。

膿栓をつぶした経験がある方は、よくご存じかと思いますが、とにかくニオイがキツイです!

スージーマウステープ

口呼吸を簡単に防げる快眠グッズ

口呼吸は、鼻呼吸に比べるとラクと感じる人もいるようですが、口から空気を取り込むといびきをかきやすくなるという問題もあるんです。

寝ている間の呼吸は、自分ではどのようになっているか確認できないのがネックですが、下記のような症状がある方は、早急に快眠グッズで対策しましょう。

・朝起きた時、ノドに違和感がある

・ノドだけでなく、口の中もかなり乾いている

・日中も、気が付くと口で呼吸していることが多い

・常に、鼻づまりが発生している

鼻呼吸が習慣になって、カラダにキレイな空気を取り込めるようになれば、免疫力もアップして、風邪を引きにくい体質になれますよ!

 

朝起きて歯を磨いても口臭が消えない!原因は寝ている間の口呼吸かも?

みなさんにおススメしたい快眠グッズは、「スージーマウステープ」です。

軽量な不織布を採用した軽量のマウステープで、唇に貼れば朝まで口が開くことを防いでくれますので、健康的な鼻呼吸をサポートしてくれるんです。

気になるのは、テープの貼り心地ですよね。

マウステープは皮膚の薄い唇に貼りますから、違和感をおぼえる人が多いですし、敏感な方でしたらかぶれてしまうこともあります。

その点、スージーマウステープは、唇に接触する部分には粘着剤を使っていませんので、今までのマウステープとは比べ物にならないほど、付け心地がいいと評判なんですよ。

商品は1か月分(30枚)入って、900円(税抜き)。

持ち歩きも便利なので、出張が多いビジネスマンにとっては必需品ですよ!

スージーマウステープ

ページの先頭へ