昼間の強い眠気は無呼吸のサイン?今すぐチェックしたい6つのポイント

昼間の強い眠気は無呼吸のサイン?今すぐチェックしたい6つのポイント

睡眠・不眠対策グッズ

睡眠時無呼吸症候群が交通事故につながる?

睡眠中にのどにある気道が狭くなると、ここを通過する空気の影響でいびきが発生し、継続的に呼吸が止まることがあります。

この呼吸停止が10秒以上継続し、1晩に30回以上(もしくは1時間に5回以上)発生すると、「睡眠時無呼吸症候群」と診断されるのです。

睡眠時無呼吸症候群は、重症化したいびきが引き起こす病気ですが、呼吸が止まっている間は体内が酸素不足の状態になるため、さまざまなダメージを与えます。

まず、体内に取り込まれる酸素が少なくなりますから、寝ている間でも息苦しさを感じ、夜中に何度も目が覚めてしまいまいます。

また、交感神経が刺激されることで眠りが浅くなり、心身の疲労が回復せず、朝起きた時に「寝足りない」と感じることも増えるんです。

睡眠障害が続くと、昼間に強い眠気が発生して、家事や仕事に集中できなくなり、車の運転中に居眠りをしてしまうなんてこともあります。

昼間の強い眠気は無呼吸のサイン?今すぐチェックしたい6つのポイント

こうした状態が一時的なものであれば、さほど心配する必要はありませんが、何日も続く場合は、睡眠時無呼吸症候群を発症しているリスクがあると認識しましょう。

チェックポイントは、下記の6つです。

(1)毎晩のようにいびきをかいている

(2)肥満体型で、とくに、首周りに脂肪がついている

(3)家族から、寝ている間に呼吸が止まっていると指摘されたことがある

(4)夜中に寝苦しくて目が覚めたり、朝起きた時に、頭痛や肩こりを感じたりする

(5)高血圧症の持病がある

(6)睡眠薬や、睡眠対策薬を飲んでいる

昼間の強い眠気は無呼吸のサイン?今すぐチェックしたい6つのポイント

2つ以上当てはまる項目があったら、念のため、耳鼻咽喉科を受診してみましょう。

AS快眠枕

枕を変えるだけで症状が軽減されることも!

睡眠時無呼吸症候群と診断されたら、症状などに合わせて専門的な治療が必要ですが、まだ“予備軍”でとどまっている場合は、枕の買い替えでいびきを対策出来る可能性があります。

先ほどもお話ししたように、いびきは気道が狭くなることで発生しますから、この空気の通り道を確保してくれる枕の使用が有効なのです。

おススメなのは、当サイトでも販売している「スージーAS快眠枕」です。

楽天の安眠グッズランキングでも、長らく1位を獲得しているこの枕は、快適な寝心地を確保しながら気道の開きをしっかり確保する、独自の3D形状を採用しているのが最大の特長。

仰向け、横向けなど、どんな格好で寝ても、呼吸に必要な空気をしっかり取り込めますので、睡眠時無呼吸症候群の原因となるいびきをかきにくい姿勢を、朝までサポートします。

しかも、枕が頭部からずれないように設計されていますし、低反発枕にありがちな、汗をかいたときの“蒸れ”も防ぐ機能がありますから、今までの寝苦しさがウソのように、朝までグッスリ眠れるようになるんです。

さらに、枕にかかる頭圧を理想的に分散させて、

「柔らかすぎず、かつ、固すぎず」

といった理想的な感触を実現しているので、今まで寝つきが悪かった人も、心地よい快眠に誘われていると大評判!

睡眠が改善されれば、睡眠時無呼吸症候群のような深刻な病を防げるだけでなく、昼間の活動力が数段アップします。

枕は、機会がないとなかなか買い替えようと思わない方が圧倒的に多いですが、快適な睡眠と充実した生活を得るために、このスージーAS快眠枕を、ぜひ、使ってみてください。

毎朝感じる

「寝ても寝ても、寝足りない」

という憂うつな気分も、きっと解消されますよ!

AS快眠枕

ページの先頭へ