本屋の匂いを嗅ぐとトイレに行きたくなる?青木まり子現象とは

本屋の匂いを嗅ぐとトイレに行きたくなる?青木まり子現象とは

おすすめ

本屋に行くと便意を催すのは何故なのか

本屋に行くと必ずと言っていいほどトイレに行きたくなってしまいますよね?
それが分かっていても、事前にトイレに行っていても起こってしまうのが、本屋の魔法・・・かもしれません。
ということで、今回はこの「本屋の魔法」についてまとめてみました。

本棚の本

【魔法=青木まりこ現象?】

実は、この現象には「青木まりこ現象」という名前がついています。
1985年に発刊されたある雑誌で、
「長時間本屋さんにいると便意を催す」
という投稿をしたのが青木まりこさんだったのが由来です。
投稿に対する反響は大きく、それ以前からこの現象を経験している人がいたのは想像に難くありません。
もちろん私も、名前を知るより前からこの現象を経験しています。
私の身近な人も多く経験していることから、本屋を訪れると必ず起きる現象といっても過言ではないかもしれません。
兎にも角にも、この投稿が発端となり、青木まりこ現象について様々な説が唱えられてきました。

【魔法は科学で説明できるか】

1. 心的後遺症説
トイレに行きたい衝動を一度体験してしまうと、次からも条件反射的に、トイレに行きたくなってしまうというもの。
しかし、初めて本屋さんに訪れた幼児でも便意を催すことから、説得力に欠ける説ともいわれています。

2. 揮発性化学物質説
印刷に使われるインクや紙の匂いに含まれる揮発性化学物質に反応して腹部に症状が出るというもの。
化学物質過敏症の人はインクの匂いに反応するようですが、その症状にはめまいや吐き気が多く、腹部に症状が出ることは稀のため、この説も説得力に欠けます。

3. リラックス説
人は本を読むときはたいてい副交感神経が優位、つまりリラックスしていると考えられています。したがって本屋を訪れるとリラックス状態になり安らぎを感じることから、腸が動いて便意を催すのではないかというもの。
ドリルや参考書などを探しに入った場合には当てはまらないことから、肯定し難い説といえます。

4. プレッシャー説
本屋にはトイレがない、そもそもトイレを借りる場所ではないという考えで起こるプレッシャーから、便意を催してしまうというもの。
納得できそうな説ではありますが、高速道路の渋滞中や会議中、電車の中や面接中など、トイレに行けない状況は多々あることから、本屋の中だけでの症状には当てはまらないといえます。

5. 条件反射説
梅干を見ただけで唾液が分泌されるように、本の匂いがトイレットペーパーを連想させて、条件反射的に便意を催すというもの。
若干、無理やりな説ではありますが、脳でイメージされたものに対する条件反射と考えれば納得できる説ではないかと思われます。

【魔法はいまだ解けず】

しかし上記の説はどれもこれも憶測にすぎず、誰もが納得できるようなものとはいえません。
1998年頃にはテレビやラジオで活発に取り上げられていたこの現象ですが、最近では取り上げられることもなくなってしまいました・・・。
そのため青木まりこ現象はいまだに解明されていない、謎多き現象なのです。

結局、分からなくても無害ならそのままでよい、というところでしょうか。
やはり「本屋の魔法(いたずら)」かもしれませんね。

本屋の香り

ページの先頭へ