《医師監修》気象病による頭痛は“冷え”の対策で克服!カラダを温める生活習慣とは?

《医師監修》気象病による頭痛は“冷え”の対策で克服!カラダを温める生活習慣とは?

睡眠・不眠対策グッズ

気象病が引き起こす症状は、現代病?

気温や気圧が低下すると、わたしたちの耳にある内耳は敏感に反応して、脳を混乱状態にします。

そして、生命活動をコントロールする自律神経を刺激して、痛覚神経を刺激。

これによって、頭痛や関節の痛み、リュウマチや肩こりなどがひどくなるのです。

もともと自律神経には、外部環境の変化にカラダを適合させるという機能が備わっています。

たとえば、気温が高くなれば汗をかいて体温を下げますし、ストレスがたまったらアドレナリンやノルアドレナリンを分泌し、血圧を上げて防御態勢をつくります。

しかし、現代の日本はどこに行っても空調が効いているため、夏でも汗をかくことが少なくなりました。

また、夜型の生活が当たり前になり、暗くなっても昼間と同じような状況で暮らすようになっています。

こうした環境の変化にともなって、わたしたちの自律神経は乱れがちになっていて、気象病による天気痛の症状を発症しやすくなっているんですね。

自律神経の乱れによって起こる症状はさまざまですが、今回は女性に多い“カラダの冷え”をテーマに進めてゆきます。

手足の先がいつも氷のように冷たい方が、気象病を発症しやすい理由や、日常生活における冷えを助長する習慣などを分かりやすく解説しますので、みなさんの体質改善にお役立てください!

そもそも冷えは、なぜ発生するの?

人間の体温というのは、内臓周辺が一番高くなっていて、細胞の活動を活発にするために、常に37度前後をキープするように調整しています。

この体温を、深部体温と呼びます。

寒くなると、血のめぐりが悪くなって手足が冷えますが、これは深部体温が下がらないように血管が収縮するために起こる症状です。

気温が高いところに移れば、血管は拡張して血流が戻りますので、手足の温度も上昇するのですが、体に問題があると冷えた状態が続き、「冷え症」となってしまうんです。

気象病による頭痛は“冷え”の改善で克服!カラダを温める生活習慣とは?

冷え症は、さまざまな要因が重なって症状が悪化してゆくので、原因を特定するのは難しいですが、下記に挙げる5つのタイプのうち、まずは自分がどれに当てはまっているかチェックしてみてください。

タイプ①:四肢末端型

冷え症の中で一番多いタイプの「四肢末端型」は、手や足の先端が冷えるのが特徴。

カラダの熱を発生させる筋肉が少ないうえに、栄養バランスが悪い食生活を送っていると、夏でも手足が冷たい状態になります。

また、体温を上げるために必要な朝食を抜いていることも、四肢末端型冷え性を招くんです。

タイプ②:内臓冷え型

手足は温かくても、お腹の周辺が冷えているタイプです。

自律神経の働きが低下して、内臓が冷えている可能性があります。

臓器の機能低下を起こしやすいので、さまざまな疾患を引き起こしやすい状態になっています。

タイプ③:全身冷え型

平熱が35度台の人に多いのが、手足の先からカラダ全体まで、全身が冷えている「全身冷え型」の症状です。

四肢末端型の冷えと同じく、体内で熱エネルギーを作れず、お風呂に入ってカラダを温めても、すぐに冷えてしまうのが特徴。

症状が進むと、低体温症を招くことも・・・。

タイプ④:下半身冷え型

事務の仕事をしていたり、1日中立ちっぱなしでいたりする人に見られるのが、腰から下が冷えるタイプの冷え性「下半身冷え型」です。

運動不足によって血のめぐりが悪くなっていますので、こまめにストレッチなどをすると、改善につながります。

タイプ⑤:局所冷え型

腰や首のヘルニアなどの病気を患っていると、足のかかとや腕など、カラダの一部だけが冷えた状態になることがあります。

血管が常に圧迫されていて、慢性的な血行不良になっていますから、自分に当てはまると思ったらすぐに病院で診てもらうようにしましょう。

合わせて読みたい

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

間違った冷え症対策が、天気痛を悪化させている?

カラダの冷えを自覚している方は、さまざまな“温活”に取り組んでいると思います。

一番多いのは、靴下や手袋などを着用して、手足を温める方法ですね。

とくに、靴下は重ね履きが常識になっているようで。

しかし、カラダを外側から温めるというのは、一時的につらい症状から解放されても、根本的な解決にはつながりません。

靴下を脱いでしまえば、数時間で冷えの症状は再発してしまうんです。

それどころか、重ね履きの状態で汗をかいてしまうと足が蒸れた状態になり、水分が蒸発する時に気化熱が奪われて、さらなる温度低下につながるんです。

冷え症に悩んでいる方の中には、寝る時も靴下を履いている方が多いようですが、布団の中は冬でも湿度が高くなりますから、足から熱がどんどん奪われている可能性があります。

ですから、よほど重症な冷え性ではない限り、寝る時に靴下は履かないほうがよいと言えるのです。

また、食生活においても、間違った温活を続けている人が見受けられます。

代表的な例が、ポカポカ食材であるショウガの食べ方。

食べるだけでカラダがすぐに温まるので、毎日積極的に摂取している方が多いですね。

しかし、火を通していないショウガは、「ジンゲロール」という成分がカラダの表面を温める一方で、深部体温は奪っているんです。

血流は改善しても、深部温度はどんどん低下しますから、ショウガを食べれば食べるほど、冷え症がひどくなるというワケなんです。

ところが、ショウガを加熱すると、ジンゲロールが「ショウガオール」という成分に変質して、まったく逆の効果をもたらすのです。

つまり、深部体温を上昇させて、カラダを内側からポカポカに!

こうしたショウガの性質をふまえて、野菜炒めに加えるとか、100度以下で加熱して生姜茶などにして飲むと、冷え症の改善効果が高まります。

ちなみに、乾燥生姜にも加熱したショウガと同じ作用がありますから、時間がある方は市販の生姜を薄切りにして、天日干しで水分を飛ばしてみてください。

乾燥生姜をお湯に入れて毎日寝る前に飲めば、寝ている間に寒さで目が覚めることも少なくなりますし、天気痛対策にも、もってこいですよ!

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

日常生活にありがちな、カラダを冷やす習慣

続いて、みなさんが毎日、当たり前のように行なっている行動の中で、冷えを促進して、気象病による天気痛を悪化させているかもしれない習慣を挙げてゆきます。

改善するだけで、冷えの悪化は防げますから、ぜひ、実践してみてくださいね。

入浴の時、熱い湯に短時間入る

寒い季節は熱いお風呂に入りたくなりますが、短時間の入浴だと温まるのはカラダの表面だけで、お風呂から出た途端に熱が放出されて冷えてゆくんです。

冷えを改善するための入浴の基本は、

38度ぐらいのお風呂に15分ぐらい入り、カラダの芯をポカポカにすること」

と覚えておきましょう。

夏などは、半身浴を積極的に取り入れると、代謝がよくなって平熱も次第に上がってゆきます。

さらに、血行も促進されて、天気痛によるさまざまな症状も、緩和されることでしょう。

ドライヤーを使わず、髪を自然乾燥させる

ドライヤーを使うと髪が傷むので、いつも風呂上りは自然乾燥にしていませんか?

この状態だと、水分が自然蒸発するときに頭皮からどんどん熱が奪われてしまいますので、カラダの冷えも進んでしまいます。

髪が濡れているとキューティクルが開きっぱなしになり、そこから髪の栄養成分や水分が逃げてゆくんですね。

ですから、風呂から上がったら、まずはタオルで髪の水分をしっかり吸い取り、強風のドライヤーをあてて短時間で乾かすようにしましょう。

髪が長い方は、肩にタオルをかけておくと、髪の水分で首周辺が冷えることが防げますよ。

こうした入浴後の習慣を取り入れることで、肩や頭のコリがほぐれて、天気痛の対策にもつながるでしょう。

締めつけが強い靴下を履いている

靴下は重ね履きだけでなく、締めつけの強さにも注意してください。

ゴムがきついタイプだと足が圧迫されますので、血の流れがさらに悪くなりますよ。

とくに、自宅にいる時は、ゆるめの靴下を履くようにしましょう。

膝までくるレッグウォーマーや、5本指靴下などを利用すると、かなりポカポカになりますよ。

首を露出して冷やしている

首には太い血管(頸動脈)が通っています。

ここを冷やすと、全身をめぐる血液の温度が低下して、冷えが助長されてしまうのです。

これを防ぐのに効果的なのが、マフラーやストール。

とくに、お風呂から出た後は、首から熱が放出されやすくなっていますから、タオルで汗をしっかり拭きとった後に、ストールなどを巻いてポカポカの状態をキープしましょう。

気象病による頭痛は“冷え”の改善で克服!カラダを温める生活習慣とは?

冷たい空気を口から取り入れている

マスクは、風邪や花粉症がひどい時だけに使うアイテムではありません。

寒い季節は、外出しにマスクをして、冷たい空気を取り込まないようにしましょう。

口から取り込まれた外気は、毛細血管が集中した肺に取り込まれ、血液の温度を一気に低下させてしまうんです。

これによって、手足はもちろんのこと、内臓も冷えることに。

しかし、マスクをしておけば、空気がいったん温められてから体内に入りますし、適度な湿度も加わることで、カラダが受けるダメージは少なくなります。

また、睡眠中の呼吸にも注意が必要です。

通常、わたしたちは鼻で呼吸していますが、普段から口で呼吸するクセがあったり、いびきをかいたりすると、口から空気を取り込むようになり、寝ている間に全身が冷え冷えの状態になるんです。

朝起きた時、ノドの乾燥を感じる方は、寝ている間に口呼吸をしている可能性が高いです。

冷えと天気痛対策として、マスクを着用して布団に入るようにしてみましょう。

素足でスリッパを履いている

ルームシューズとして、自宅ではスリッパを履く時は、“素足厳禁“です。

素足でスリッパを履いて歩く時を、ここで思い浮かべてください。

歩くたびに足の裏に空間ができて、空気が入り込みますよね?

これが、冷えの原因になるんです。

足が冷えやすい方は、肌の露出を少なくするのが基本。

最近は、ふくらはぎまでカバーする、ブーツタイプのルームシューズも発売されていますので、天気痛対策として利用してみるのもいいですね。

冷えの解消と天気痛対策に、毎日実施したいツボ療法

冷え症は、西洋医学においては病気とみなされないので、病院に行って治療するのは困難なのが実状です。

(一部のクリニックなどでは、冷え性外来や漢方外来(東洋医学)を設けています)

ですから、ここまでお話しした生活習慣の改善に努めて、カラダを冷やさないことはもちろんのこと、熱をつくり出しやすい体質づくりを実践することが大切です。

また、冷えは女性だけの問題ではないということも、覚えておきましょう。

男性は女性より筋肉量が多いので、熱の生産能力が高いですが、自律神経が乱れると血流はすぐに悪くなります。

上記のポイントはすべて、男性にも当てはまりますから、天気痛対策として正しい温活を続けてみてください。

最後に、気象病研究の第一人者である、愛知医科大学の佐藤医師が開発した、お手軽なツボ療法をご紹介します。

私たちの手首には、自律神経のはたらきを整え、血液のめぐりを良くする「内関」というツボがあります。

このツボは自分でも刺激できるのですが、体調によって位置が移動しやすいという特徴があるんですね。

そこでおススメなのが、ツボの位置をあらゆる角度から捉える、立体形状の突起が付いた「天気痛ブレス」というブレスレット。

腕に巻いておくだけで、内関がしっかり刺激されますので、常に気分がリフレッシュした状態になるんです。

ツボが継続的に刺激されることで、コリがほぐれて血流を促進出来ることが期待できますから、天気痛対策には最適のグッズと言えます。

ブレスレットの素材には、医療現場でも使われているシリコーンゴムを採用していますので、安全性はバツグン!

しかも、軽量設計ですから、装着時間が長くなっても、違和感をおぼえる人は少ないんです。

天気痛の症状がツラくなると、どうしても鎮痛剤などの薬に頼りがちですが、服用頻度が高くなると副作用で他の健康リスクが高まりますよね。

その点、天気痛ブレスのような指圧器具でしたら、安全性は非常に高いですし、日常的に着用すれば、温活グッズとしても威力を発揮してくれます。

冷えが改善されて、天気痛の症状も緩和したら、毎日の生活がビックリするぐらい快適になって、充実した日々が送れることでしょう。

冬の天気痛対策に!天気痛ブレスの使用と頭痛を軽減する温活法

この記事を監修したドクター

ドクターイメージ

佐藤 純 医師

医学博士 愛知医科大学医学部客員教授

経歴

医師・医学博士。名古屋大学教授を経て、愛知医科大学・学際的痛みセンターで、日本唯一の「天気痛外来」を開設。
天気痛研究・診療の第一人者としてNHK「ためしてガッテン」、日本テレビ「世界一受けたい授業」など「気象病」「天気痛」の専門医としてメディア出演多数。
著書に、『天気痛を治せば、頭痛、めまい、ストレスがなくなる!』(扶桑社)などがある。

経歴

医師・医学博士。名古屋大学教授を経て、愛知医科大学・学際的痛みセンターで、日本唯一の「天気痛外来」を開設。
天気痛研究・診療の第一人者としてNHK「ためしてガッテン」、日本テレビ「世界一受けたい授業」など「気象病」「天気痛」の専門医としてメディア出演多数。
著書に、『天気痛を治せば、頭痛、めまい、ストレスがなくなる!』(扶桑社)などがある。

ページの先頭へ