気象病アプリ“頭痛―る”と連携した痛み緩和法!耳栓のサポート力は?

気象病アプリ“頭痛―る”と連携した痛み緩和法!耳栓のサポート力は?

耳栓

気象病の名付け親が推奨している対処法とは?

わたしたちの耳には、音を感じ取るということ以外に、平衡感覚を保ってカラダのバランスを保つ機能があります。

しかし、気候の変化で誤動作が起こることもあり、そこから気象病による天気痛が発生することがあるんです。

低気圧が近づいてくると、わたしたちの耳の奥にある内耳は、

「カラダがバランスを崩して、傾いている」

と判断します。

一方、目から得た情報では、カラダはまっすぐになっていますので、違う情報の間で脳は混乱を引き起こし、自律神経の1つである交感神経を刺激するんです。

そして、交感神経は痛みを発生させる物質を分泌させて、頭痛や関節痛、歯痛などを引き起こします。

さらに、内耳の誤動作でめまいや吐き気などを感じ、症状がひどくなると布団から出られなくなることもあるのです。

こうした気候と不快な症状との因果関係は、長年の間、医学的に解明されていませんでしたが、今から20年ほど前に愛知医科大学の佐藤医師が、「気象病」という病であることを突き止めました。

その後も、佐藤先生による気象病の研究が進み、薬に頼らない症状の緩和方法も解明されて、テレビや書籍などを通じて世間に知られるようになったのです。

その1つが、「頭痛―る」というスマートフォン用アプリと連携した、耳栓の活用。

気象病アプリ“頭痛―る”と連携した痛み緩和法!耳栓のサポート力は?

頭痛―るは、気象予報士が開発したソフトで、天気予報では分からない「気圧情報」が、市町村単位でチェックできるんです。

しかも、気圧の変動情報から判断した「天気痛の警戒度」も、分かりやすいアイコンで表示されていて、1時間帯単位でその変動が確認できますので、警戒情報が出ていたらすぐに耳栓を装着すればOK!

これで、気象病による天気痛の症状が、かなり緩和されます。

こうした頭痛―るとの連携と一緒に、気象病を抑えてリラックスする方法として覚えておきたいのは、睡眠中にも耳栓を装着することです。

これによって、眠りに入る時はもちろんのこと、睡眠中も生活音やいびきに悩まされることなく、朝までグッスリ眠れるようになります。

スージーイヤーグミ
 

耳栓の装着は、睡眠時にもおススメ!

痛みを発生させる交感神経は、睡眠不足による自律神経の乱れによって興奮しやすくなります。

これを正常化するためにも、ストレスを極力感じない環境ですばやく寝つき、夜中に目を覚ますことなくグッスリ眠ることが必要なんですね。

耳栓をすれば、驚くぐらい静かな環境で眠りにつくことができますから、天気痛対策として、ぜひ、実践してみてください。

気象病アプリ“頭痛―る”と連携した痛み緩和法!耳栓のサポート力は?

気象病による天気痛は、全国に1,000万人以上の患者さんがいて、「予備軍」もかなり多いんだとか。

とくに、普段から痛みをガマンする傾向にある女性は、気象病を発症していても気付かないことも。

今は、ハッキリ気象病と自覚していなくても、生活のリズムが乱れると症状が悪化する可能性がありますから、このページを読んだことをきっかけにして、頭痛―るの登録と、耳栓の活用を始めてみませんか?

頭痛―るは、利用料が無料となっていますし、パソコン用サイトも用意されていますから、さっそく、アクセスしてみましょう!

スージーイヤーグミ
 

ページの先頭へ