耳かきと睡眠の意外な関係性!寝る前に耳を刺激すると眠くなるのはナゼ?

耳かきと睡眠の意外な関係性!寝る前に耳を刺激すると眠くなるのはナゼ?

耳かき

副交感神経の影響で、耳への刺激が眠気に

毎日、仕事や家事が忙しいと、夜になっても神経が高ぶってしまい、なかなか寝付けない日々が続いてしまいますよね。

睡眠は、カラダだけでなくココロの疲労も回復させるための生命活動ですから、眠りの質が低下してゆくと、朝からぐったりした状態になり、日中の活動にも影響が出てきます。

その最たるものが、集中力の低下。

会議中にボーっとしてしまったり、居眠りしてしまったりなんてこと、ありませんか?

こうしたパフォーマンスの低下を防ぐため、布団に入ったらすぐに眠りにつき、朝までグッスリ眠るには、生活習慣の改善が不可欠です。

寝る時間が不規則でも、朝はいつも同じ時間に起きて日光を浴び、体内時計をリセットさせなくてはいけません。

また、朝食はしっかり食べて、毎日適度な運動をすることで日中の体温を上げ、夜は体温をしっかり低下させることも、快眠には不可欠です。

ほかにも、寝る前のカフェイン(緑茶、コーヒー)やアルコールの摂取、パソコンやスマートフォンの使用などは、脳を興奮させて交感神経を活性化させることにつながりますから、なるべく避ける必要があります。

とはいっても、睡眠のために生活に制約が増えたのでは、ストレスがたまってさらなる不眠になってしまう恐れが。

耳かきと睡眠の意外な関係性!寝る前に耳を刺激すると眠くなるのはナゼ?

そこで注目したいのは、「耳かきと睡眠の関係性」です。

耳を適度に刺激すると、気分がリラックスして眠気が発生しやすくなるんです!

耳かき用たわし

カンタンにできる、耳のマッサージ法とは

まずは、この記事を読みながら、下記の手順で耳のマッサージを行なってみてください。

・耳を縦横に5回ずつ引っ張る

・耳を軽くつかみながら、5回ぐらい回す

・耳の裏側にある小さな骨の周辺を、やさしい力で押す

こうしたマッサージを3セット繰り返すと、次第にリラックスした気分になれます。

これは、心身の疲労を回復させるのに欠かせない、副交感神経のはたらきを優位にさせるため運動で、興奮した脳のはたらきを抑え、眠気を発生させてくれるんです。

耳を動かすだけでなく、ホットタオルで温めた状態で運動すると、さらに効果が上がりますよ。

もう1つ、おススメなのは、耳かきです。

耳かきと睡眠の意外な関係性!寝る前に耳を刺激すると眠くなるのはナゼ?

「耳かきと睡眠の関係性って?」

と不思議に思う方もいると思いますが、耳の中は副交感神経の刺激スポットが非常に多いので、耳かきをするだけで眠気が発生するんです。

ただし、綿棒で耳かきをするのは、非常に危険です!

この方法だと、耳垢が耳の奥に押されてしまい、耳垢閉塞などの病気を引き起こす可能性があります。

安心して使えるのは、からだにやさしい刺激を与えるたわしを作るメーカー、株式会社コーゾーが協力して開発した「耳かき用たわし」です。

最高級たわしの素材感に近いナイロンを原料に使い、先端のやさしいチクチク感で、心身をリラックスさせてくれます。

自分で耳かきをするのもいいですが、恋人や奥様がいる方は、ぜひ、膝枕の上でタワシの刺激を受けてみてください。

今までの寝つきの悪さがウソみたいに、ストンと、落ちるように寝てしまうかも!?

耳かき用たわし

ページの先頭へ