いびきにつながる口呼吸の健康被害が拡大!快適な睡眠も妨げられる?

いびきにつながる口呼吸の健康被害が拡大!快適な睡眠も妨げられる?

睡眠・不眠対策グッズ

鼻呼吸に隠された素晴らしい空気浄化機能

わたしたちは、鼻から取り込んだ空気を肺に送り、全身に酸素を届けて生命活動を維持しています。

これが口呼吸に変わると、さまざまな健康トラブルが発生するんです。

まず、多くの人に当てはまるのが、いびきです。

寝る姿勢で口から空気を取り入れると、舌の根っこ下がってしまい、空気の通り道がふさがっていびきをかくようになります。

これによって、体内は酸欠の状態になりますから、息苦しさを感じて夜中に何度も目が覚めてしまうのです。

また、脳が酸素不足の状態になると、心身の疲労回復も妨げられますから、快適な睡眠が得られなくなります。

しっかり睡眠をとったはずなのに、朝起きた時にスッキリしないと感じる人は、口呼吸になっていびきをかいている可能性があります。

いびきにつながる口呼吸の健康被害が拡大!快適な睡眠も妨げられる?

また、口から空気を取り込むと、外部からホコリや殺菌を吸い込むことに。

鼻の固有の場合は、鼻毛や鼻腔内の粘膜がフィルターになるので、体内に侵入する不純物は最低限になります。

さらに、冷たい空気は体温ほどの温度に温められますし、湿度も加わるので、カラダへの刺激は軽減されます。

しかし、口呼吸にはこのような機能がないため、気管や粘膜に大きなダメージを与えるのです。

スージーマウステープ

口呼吸は口臭の原因にもなります

口呼吸の弊害は、まだまだあります!

口を開けている時間が長くなると唾液の分泌が減りますから、口腔内が乾いて雑菌が繁殖しやすくなります。

これによって引き起こされるのは、口臭です。

悪臭を放つ雑菌がどんどん増えますから、マウスウォッシュなどのオーラルケアをしても、衛生状態は悪化する一方になります。

また、舌を鏡で見ると白い物質「舌苔」が付着していることに気付くと思いますが、口呼吸の頻度が高くなっていびきをかくと、この汚れが取れにくくなるんです。

これもまた、臭いの原因に。

いびきにつながる口呼吸の健康被害が拡大!快適な睡眠も妨げられる?

自分が寝ている間に口呼吸になっていて、いびきをかいているかは、一人暮らしの方でしたら気付きにくいことでしょう。

そこで、下記に口呼吸のチェックポイントを挙げてみました。

・朝起きた時に、口の中が乾いている

・風邪をひいているわけでもないのに、喉の痛みが継続する

・日中も、気が付いたら口をポカンと開けている

・快適な睡眠が得られていない(熟睡感がない、起床時に疲労感をおぼえるなど)

1つでも当てはまる項目があったら、口呼吸をしている可能性大と認識して、すぐに対策を講じましょう!

一番手軽な方法としておススメしたいのは、寝る時に口をふさぐことです。

睡眠用のテープを貼れば、自然と鼻呼吸に戻ります。

本サイトでも販売されている「スージーマウステープ」を使えば、テープ特有の違和感をおぼえることもないですし、唇に当たる部分が荒れるということも起こりにくいです。

それに、1枚約30円という価格も、特筆もの。

自宅ではもちろんのこと、出張や旅行の時も携帯できるので、常に正しい呼吸で快適な睡眠をサポートしてくれます。

今現在、鼻呼吸で寝ている人も、ストレスなどが溜まると口呼吸になる可能性があります。

口呼吸の予防アイテムとして、このスージーマウステープを使う習慣を、今日から取り入れてみませんか?

スージーマウステープ

ページの先頭へ