《医師監修》ヘッドスパ店監修の睡眠用たわしで快適な睡眠は得られる?

《医師監修》ヘッドスパ店監修の睡眠用たわしで快適な睡眠は得られる?

睡眠・不眠対策グッズ

(※本ページで掲載している商品は、医師がおススメするものではありません。みなさんの快適な睡眠を実現するために、ネルチャーがご紹介している快眠グッズ(ヘッドスパ店監修)です。)

夜型社会の浸透と、生活習慣の乱れが拡大していることもあって、睡眠障害を発症する人が急増しています。

こうした状況に合わせて、さまざまなタイプの快眠グッズが販売されていますが、寝具を替えても解決しないと悩んでいる方が多いのが実状。

原因としては、寝具が自分にフィットしていないことや、そもそも、睡眠に必要な環境が整っていないことが考えられます。

そこで今回は、精神科・心療内科の医師である豊田早苗先生に、快適な睡眠を得るために必要な条件について、お話を伺ってみました。

寝る時のカラダは、冷えている必要があります

人間には2つの体温が存在します。

1つは、内臓付近、体の内部の温度である「深部体温」で、生命活動を維持するために、いつも37.5度ぐらいに保たれる必要があります。

しかし、外的温度や飲食物の影響で深部体温は変動するので、もう一つの体温である体表面の「皮膚温度」を変化させて、深部体温を37.5度程度に保つよう調整するのです。

つまり、体温を下げる時は、手足の先などから汗を出して気化熱で冷やす。

逆に、体温をキープする時は血管を収縮させて体温の放出を防ぐ、といった感じです。

この深部体温は、起床時から次第に上がって日中の活動をサポートし、夕方ぐらいにピークを迎えます。

そして、布団に入るころにはピーク時より1度ぐらい下がり、臓器をクールダウンさせて心身の疲労を回復させるのです。

しかし、生活習慣が乱れていると、こうした体温のリズムが崩れてしまうので、布団に入ってもなかなか寝付けないとか、夜中に何度も目が覚めてしまうといった症状が出て、快適な睡眠が得られなくなります。

では、代表的な習慣を、いくつか挙げてみましょう。

起床後に太陽光を浴びない

太陽の光には、睡眠ホルモンの分泌を止めることと、その15時間後ぐらいに再分泌を促すはたらきがあります。

日の光を浴びないままでいると、心身が活動モードに切り替わらず、体温が上昇するスピードが鈍くなってしまうのです。

これに、熱エネルギーの源となる朝食を食べないという習慣が加わると、体温の上昇はさらに起こりにくくなります。

 

就寝直前に入浴をしている

お風呂はカラダを温めるのに欠かせない習慣ですが、寝る直前にお湯に浸かると、下がりかけた体温が一気に上昇します。

この状態で布団に入ると、カラダに熱がこもってしまい、深部体温がなかなか下がらずに、寝つきが悪くなってしまうのです。

入浴は、就寝の1~2時間前に行うのがベスト。

この時間帯に入浴することで、上昇した深部体温が手足からの熱放出によって、急激に低下するため寝付きやすくなります。

通気性の悪い寝具を使っている

寝具に汗などがこもっていると、寝ている間に湿度が急上昇します。

湿度が高いと体感温度が高くなり、寝苦しさで目が覚めたり、深部体温の低下が妨げられたりして深い睡眠が得られなくなります。

これは、掛布団だけでなく、敷布団や枕にも当てはまることです。

寝ている時は、頭部も汗をかきますから、布地などに湿気がこもらず、空気中に放散される環境を作ることが、快適な睡眠につながりますよ。

監修:とよだクリニック院長 豊田早苗先生

ネルチャーおすすめの枕は“たわし”製?

テレビの健康番組などでも話題になっている「睡眠用たわし」には、寝具の常識を覆す素材が使われています。

それは、たわしです。

初めてこの枕に頭を乗せると、多くの人が

「チクチクする」

と声をあげます。

 

しかし、時間の経過とともに、マッサージを受けている時に感じるような“極上の癒し”に変わり、眠りに落ちてしまうんです。

本体表面のたわし素材に加えて、枕の内部には、独自に開発した「エア透過素材」が使われているので、驚くほど優れた通気性を実現。

丸洗いすると、どれだけその機能が優れているか、すぐに分かります。

通常の枕でしたら、水洗い後30分経過で、1.6キロぐらいの水分を含んで重くなりますが、睡眠用たわしの重量増加は、たった57グラムなんです。

しかも、頭部が汗をかいても、たわしとエア透過素材が水分をすぐに放出するので、ポリエステル素材の枕を使った時で比較すると、頭部付近の温度が5度も低くなるんです。

睡眠用たわしは、ヘッドスパ店が監修。

“眠りに落とすプロ“が考えたこの快眠枕を、みなさんも使ってみてはいかがでしょうか?

(※本ページで掲載している商品は、医師がおススメするものではありません。みなさんの快適な睡眠を実現するために、ネルチャーがご紹介している快眠グッズです。)

ページの先頭へ